カテゴリー別アーカイブ: 日光北部(赤薙・女峰・丸山など)

女峰山、黒岩尾根ルート。10年ぶりだがこのルートの厳しさをあらためて実感する。

2017年5月19日(金) 晴れすぐ曇り

往路は行者堂から黒岩尾根ルートで女峰山へ
行者堂(5:40)~稚児ヶ墓(6:47/6:52)~水場(7:15/7:20)~八風(8:38)~黒岩(8:56/9:05)~唐沢小屋(10:48/11:05食事)~女峰山(11:46/12:26食事)~P2318(13:06)~一里ヶ曽根(13:35)~P2209(14:04)~奥社跡(14:09/14:15)~赤薙山(15:03/15:13食事)~焼石金剛(15:26)~小丸山(15:50)~キスゲ平(16:20/16:55発のバスで帰宅)
行者堂~女峰山:6時間06分、女峰山~キスゲ平:3時間54分(往復とも休憩多数)
車は行者堂近くの滝尾神社にデポ。下山後、バスで帰宅して引き取る予定。



今や女峰山登山のスタンダードとなったとはいえ霧降からのルートは決して楽とは言えない。
スタート地点の標高は1340メートルなのに対して山頂は2483メートルだから標高差は1140メートルもある。男体山は1200メートルなので女峰山の方が60メートル小さいと言えるが、女峰山はアップダウンが多いから標高差だけで単純に比較したのでは本当の厳しさが見えてこない。
そこで累積標高という概念を取り入れて比較すると、女峰山の方が厳しいことがわかってくる。
この辺のところはこちらで→「山の厳しさの指標として、累積標高について考えてみた

今日の行者堂から上り始める黒岩尾根ルートは、霧降ルートを上回ってさらに600メートル余計に登る。大盛りどころか特盛り、サービス満点のルートなのである。
とにかく標高740メートルから歩き始めて2483メートルの山頂まで、1740メートルも登らなくてはならない。累積標高も霧降ルートより大きい。
したがって敵は急登、露岩、ガレ場、雪と、手を変え品を変えて登山者を待ち構えている。たまったものではない。心してかからなければ負ける。

この日、管理人は前日のウォーキングの疲れがまだ残っていたのか、黒岩を過ぎて間もなく、足に来た。急登に次ぐ急登で管理人もこれが限界かと思うほどだった。
周りの景色を眺めたり植物などを観察しながら歩いたが、とにかく苦しかった。
元気になったのは雪が現れてからだ。
今日は雪が残っているうちに女峰山に登りたいという単純な動機なので、唐沢小屋の手前で雪が現れたときは嬉しくて救われた気持ちになった。管理人の前世は池の中に住む河童に似て雪がなくては生きていけない生物なのかもな(笑)
もっとも、雪が現れてからは急登が緩斜面に変わったのでそれで元気になったとも言えるのだが。

まっ、それはさておいて、登頂までに6時間もかかるこのルートは健脚向きと言えるが管理人は決して健脚ではない。なのにあえて挑戦し、歩ききれたのは自分の脚力を知り、ペース配分を心得ているからだと思う。
いい景色に出会えたら立ち止まって写真を撮ったり地図でその場所を確認したり、小腹が空いたら菓子パンをかじったり、電波が入る場所ではメールやフェイスブックをチェックしたりと、とにかく休みを多めにとる。無理はしない。
疲れたときは息を抜き、体力の回復に努める。それを繰り返しながら目的とする山に近づいていく。それが体力の落ちたハイカーがこれからも山に登り続けるためのベストな方法ではないかと思っている。
寝たきりや認知症にならないようにするためにも、一日でも長く山に登り続けたい。

今年は女峰山を極めることを目標に、最低でも5回(これは昨年の実績)、あわよくば10回は登りたい。日光市に属する山でなんど登ってもいいと思うのが名峰・女峰山なのである。
これほど厳しくも楽しい山は他にないというほど、惚れ込んでいる。その姿を腕や背中に刻んでもいいとさえ思う。
実は他に大真名子山や小真名子山といった展望に恵まれた山があるのだが、登山口への道が閉ざされてしまってからというもの、登る気力が失せてしまった。日光を象徴する山、男体山は二度も登っているから十分だ。
それらの要素が管理人を女峰山へと向かわせているのだと思う。あっ、それと福島県の会津駒ヶ岳ね。
今年はこのふたつの山に特化して、全身全霊をそそいで登るつもりだ(できればの話)。

そして今日がその第2登目だった。

※10年前の同じルートの記録→こちら
※最近の記録(ただし逆回り)→こちら

最近の記録というのは2015年5月20日なので今日と一日しか違わないが、比較すると花の咲き具合がまったく違っている。
今年は雪の降り始めが遅く、その分、遅くまで雪が残っていて花の咲き出しが遅いようだ。

黒岩尾根ルートの登山口となる輪王寺行者堂(んっ? ピンぼけだな)。
ここへ来るにはマイカーだと史跡探勝路になっている滝尾神社に車を置いて徒歩10分。電車の場合だと日光駅からバスで東照宮まで行き、参道から二荒山神社を抜けてここまで20分くらい。


お堂の裏に回り込むとようやく、ここが登山口であることがわかる。
登山届けのポストはこの右側にある。


直径2メートルはある巨大な檜(たぶん)。
御神木たるに相応しく堂々としている。


うっそうとした檜林の斜面を上がっていく。


登山道は一旦、管理道路と交わるが中央に見える赤いプレートからすぐまた檜林へ入る。


厳しい登りですぞ!


殺生禁断境石と刻まれた大きな石の柱がある。
徳川家光が出した殺生禁断令と関連があるらしいがあまり詳しいことは知らない。
ここまで来るのにかなり汗をかいたのでウインドブレーカーを脱ぎ身軽になった。檜の林の中なので日差しは遮られるがそれでも暑い。今は薄手の中間着とその下にfinetrackのスキンメッシュ。finetrackは汗を吸い取る機能に特化した透き通るほど薄い生地なので実質は中間着1枚と同じ。


殺生禁断境石まで急登を強いられたがここで一旦、傾斜が緩くなった。
息を整えるのにちょうどいい。


貧弱だがツクバキンモンソウかな?


檜林から脱出すると青空が広がっていた。
正面に今日のお目当てとなる女峰山が見える。


この辺りからヤマツツジの群落が始まる。
まだ蕾だが数が多く、咲くと見事だ。


稚児の墓。
いつの時代にか将軍に寵愛された稚児なのだろうか?


トウゴクミツバツツジ


広大な笹原の中の登山道。
こうしてあとから画像で見るとじつに気持ちよさそうだが、傾斜はかなり厳しい。


このルートにも水場があるのだが、、、、


急斜面を降りると水場。
ただし流れは弱く、というよりはほとんどなく、どちらかといえば水たまり。
手ですくって飲むにも水深が浅いし、流れが弱いせいか枯れ葉などの堆積物が溜まっていて飲むのは躊躇う。
どうしても水が必要なときは浄水するか煮沸した方が安全であろう。


振り返って関東平野を眺める。
ここに来ていつも思うのだが、この笹原が雪に埋もれたら広大なスノーシューフィールドになるはずだ。思いっきり駆け回ってみたい。
しかしその機会はいまだに訪れることがない。


タチツボスミレ


広大な笹原が終わると芽吹いたばかりのカラマツの林に代わる。


「水呑」と刻まれている石柱。修験道として使われていた頃の名残。
ただし、周りに水が湧いているわけではなく、先ほどの水場への道しるべとしての存在なのかもしれない。


修験者による夏の修験の場所だったそうだ。


アカヤシオの登場


ウヘッ、とんでもない急傾斜。


先ほどよりも男体山が大きく迫ってきた。女峰山よりも男体山に近づいているといった感じだ。


荒々しい露岩の上に立つ道標、八風。
ここも修験で使われた場所だそうだ。


このルートは修験の跡がいくつも残されている。
これは「落葉松金剛」。古い石の祠(金剛堂)がある。


リンドウ


標高1913メートルの黒岩に着いた。
谷底からごうごうというものすごい音が上ってくる。姿は見えないが雲竜瀑だ。
ここまで来るのに3時間以上かかっている。
しかもまだ標高は2千メートルに達していない。女峰山までまだ500メートル以上、登らなくてはならない。
道標の右に見えるピークは一里ヶ曽根(2295m)で、霧降から登る場合に通過するが女峰山まで2時間という位置だ。
対してここからだとあと3時間かかるからこのルートの厳しさがわかるというものだ。


ここからまた急な上りになる。
もう嫌になるな。ウンザリする。
なぜこんなに辛い思いをしてまで女峰山に登らなくてはならないのだ。その答は冒頭に(笑)


遠方に女峰山が見えた。
中央のピーク左に雪が載った小さなピークが見えるだろうか、あれが女峰山。
中央のピークは2359の前女峰山で、修験が盛んだった頃は錫杖嶽と呼ばれていたらしい。ただし、地図には標高が描かれているだけ。また、女峰山に登るのにあそこは通らない。


ズームで撮るとこんな感じ。ピーク2318へ向かって稜線が続いている。
雪はまだたっぷり残っている。


歩き始めて4時間、標高2030メートル辺りまで来て足が急に重たくなってきた。
空腹ではないし、この重たさはなんだ。
会津駒ヶ岳が終わってから数日、雨続きで外出もできなかったが、昨日は雨の降らない一日だったので今日のためにと近所を約8キロ歩いた。その疲れが今になって出たのだろうか。


厳しい上りは続く。
こんなときは周りを観察しながら、とにかくゆっくり歩く。


鮮やかな橙色。
地衣類のダイダイゴケ(?)が岩に付着しているのだと思う。


シャクナゲの花芽


ここも修験の場だったところ。


女峰山は隠れて見えなくなり、代わりに白根山が望めるようになった。


小石が堆積したザレ場を横切る。
歩くそばから小石が崩れて落ちていく。


標高2220メートル辺り。
雪を見るようになった。
雪はしっかり締まっている。危険はない場所なのでチェーンスパイクは装着せず、靴のまま歩くことにした。


唐沢小屋が見えてきた。
これで女峰山を手中に収めることができた。


中はきれいとは言えない。
以前に比べて利用者が置いていったものが目立つようになった。
疲れたのでベンチに腰かけて菓子パンをかじる。


小屋の裏手の急斜面を登ると大規模なガレ場が出現する。
石のほとんどは浮いているので不用意に足を載せるとぐらっとする。
それにしてもこの霧。予報は晴れだったので急遽、出かけてきたのだがこれでは山頂からの眺めは期待できそうにない。


長いガレ場をクリアして再び樹林帯の中へ。


着いた、着いたぞ!
5時40分に歩き始めて延々6時間、ようやく着いた。
管理人、足が遅いのは自覚しているし写真を多く撮る。その結果が6時間とはいえ、やはり長い。このルートの厳しさを物語る時間である。
2組3名の先着者あり。霧降ルートで来たようだ。


女峰の神さま、今日はご機嫌ななめ。
山頂は祠のすぐ先なのだが霧のためずいぶん遠くにあるように見える。


谷底から上昇気流が湧き上がり、稜線を境にして南は深い霧、北は晴れだ。
正面に見えるピークは帝釈山。
天気がよければ帝釈山の奥に太郎山、左に小真名子山、大真名子山、男体山が見えるのだが今はすべて霧の中。


北西に燧ヶ岳から始まる会津の山並みが見える。その向こうは越後の山並みである。


8日は強風で三脚を立てることさえできなかった。
今日は濃い霧とはいえ記念に自撮りができた。


最終バスが出る17時前までに下山すればいいから、気持ちに余裕があった。
久しぶりに40分という長い休憩をとった。コーヒーも飲めた。
足の疲れもだいぶ軽減した。
これから霧降へ向かって降りるとしよう。
山頂から始まる雪の尾根を安全に降りるためにここでチェーンスパイクを着けた。


まずは目の前のピークへ。
三角点のある2469メートルのピークだ(ただし、地図に三角点記号はない)。


燧ヶ岳をズームで撮ってみた。
燧ヶ岳は福島県の山なのでその左右に見える山も同じかと思ったのだが、地図で調べると新潟の山であることがわかった。


振り返って女峰山を見上げる。


密生したハイマツの間を下っていく。
今月8日は風速20メートルを超える風にあおられて、このハイマツの中に倒れ込んでしまった。


ロープがかかる岩場を下る。


ピーク2318を通過


これから一里ヶ曽根の手前まで、しばらくはこんな歩きが楽しめる。


このルートはイワカガミが多い。
このくすんだ茶色の葉っぱがやがて緑色に変わり、6月半ばから花を咲かせる。


一里ヶ曽根を前に鞍部にある水場を通過する。
8日はまだ厚い雪に埋もれて水場が確認できなかった。
きょうもまだ雪に覆われていた。


これから一里ヶ曽根に向かって50メートルほど登る。


ここで女峰山山頂で出合った年配男性に追いついたので先に行かせてもらった。


次はピーク2209に向かって快適な稜線歩きとなる。


ルートはピーク2209のすぐ手前でピークを巻くようにして奥社跡(P2203)に向かって下る。


奥社跡との鞍部。
夏道が雪に埋もれていると迷いやすい場所だが今はもう大丈夫だ。


奥社跡。
8日はまだ雪が残っていたが今はご覧の通り。
スポーツドリンク750ミリを飲み干したのでここで空になったボトルに粉末を入れて水から500ミリ作る。
ちなみに今日持参した飲料水はスポーツドリンク750ミリ、水道水1リットル、お湯450ミリの計2.2リットル。お湯はコーヒーを飲むのに使ったので残りは1.3リットルになった。下山まで十分すぎる量だ。
先ほどの水場が利用できればもう少し減らせるであろう。


奥社跡から赤薙山に向かってロープがかかっている岩場を降りる。


赤薙山
ここで今日3回目の食事。菓子パンをかじる。


関東平野が一望できる赤薙山直下のやせ尾根部分。
こんもりしたピークは丸山。


焼石金剛を通過。
この道標のすぐ脇に木の祠があってその風情が好きなのだが、ハイカーが置いていくのであろう、ここ数年で雰囲気を損なうような飾り物が増えた。


小丸山
正面に見える構造物はシカが中に侵入しないようにするネット。人は出入りできるように回転扉になっている。


さあ、降りるぞ。


10日前、大きな規模の群落を作っていたカタクリも終盤となり、代わりにニッコウキスゲの芽が出てきた。


オオカメノキ


階段で足がもつれることなく、無事に下山した。
バスの発車までまだ30分ある。
レストハウスの水道設備を借りて泥で汚れた靴とスパッツを洗い、バスに乗る備えとする。


16:55発の最終バス。
途中、霧降滝で降り、家内の車に便乗して車を回収しに滝尾神社へと向かうことに。


往きにこのルートを歩く場合の面白さというか苦しさというか、そのハイライト部分を地図上に追加した。
霧降ルートはアップダウンを繰り返しながら標高を上げていくがこのルートはアップまたアップの繰り返し。


こうしてグラフにしてみると霧降ルート(女峰山より右)との違いがよくわかる。
スタンダードは図右端にあるレストハウスを起点にして往復する標高差1140メートル、距離15キロのルートである。歩き甲斐があるし稜線からの眺めがいい。ただし、霧の日が多い。

今年1登目の女峰山は凄まじい風で11時間超え(画像多数につき閲覧注意・笑)

2017年5月8日(月) 快晴、強風

キスゲ平(5:40)~小丸山(6:12/6:20)~焼石金剛(6:46/7:00靴替)~赤薙山(7:30/7:35)~奥社跡(8:28/8:38)~P2209(8:47)~一里ヶ曽根(9:36)~(鞍部でスパ着)~P2318(10:23)~女峰山(11:30/12:00食事)~P2318(12:48)~一里ヶ曽根(13:28/13:35水場)~P2209(14:14)~奥社跡(14:36)~赤薙山(15:36/15:45食事)~焼石金剛(16:05/16:11靴替)~小丸山(16:27/16:36)~キスゲ平(17:00)

今日はイントロなしでいきなり書き始めるぞ(笑)
画像が多くその説明だけでも大変なので前口上を書いている余裕がない(公開してから追加するかもね)。

今年の初登だ。
無事に下山することだけを念じ、身を軽くして登ることにした。
天空回廊は疲れないようにランニングシューズで上る。登山靴はレジ袋に入れて階段を上がりきるまで手に持って歩くことにする。
アイゼンは不要とみて置いてきた。小物を入れるサコッシュも行動食も置いてきた。カメラは1台にした。着替え用の衣類として持ち歩いている中から下着は外した。いつも3枚持ち歩いている手ぬぐいは1枚だけにした。これで1キロ半は軽くなる。


5月特有の青空とカラッとした空気。実に気持ちがいい。
ゴールデンウイーク中の仕事の疲れを今日という日で癒したいと思う。
明日になると雲が多くなるとの予報だし、雪は日一日と融けて少なくなる。
残雪の女峰山を堪能しようと思うなら、今日を逃したら他にない。


早朝のカタクリはみな一様に花を閉じてうつむいている。
こちらを向いてごらんよ。
いやん、まだ寝起きで化粧もしていないんだもん、恥ずかしいわ。
そんなことないよ、素顔の君はとてもきれいだよ。
そお、そんなこと言ってくれるのあなただけね。

階段を上る苦しみから逃れるため、カタクリを仮想の女性として現実にはあり得ない会話で気を紛らわす管理人なのである。


天空回廊の中段、700段目に到着した。
園地は元スキー場を再利用して造られていて、ここからは30度もある上級者コースの上に階段が設置されている。厳しいっすよ、ここから先!
100段ごとに段数が書かれたプレートが貼ってあるので、100段上がったら息を整えさらに100段、そんな工夫をすることで疲れを最小限に抑える。
靴を入れたレジ袋を片手に持ち、空いているもう片方の手は手摺りを握り身体を引き上げるようにすると足の負担が軽減される。


階段が終わると標高1601メートルの小丸山に乗る。
正面に赤薙山が見える。
赤薙山は標高2010メートルだが冬でも備えさえしっかりしていれば安全に登れる山で、管理人は好んで登っている。
管理人が経営している宿の常連さんと同行することもあるが、山頂へ行くまでの稜線上に広がる展望にみなさん例外なく感動してくれる。
なお、女峰山は赤薙山を超えてさらに5つ目のピーク。遠いぞ~。


焼石金剛
名前の由来は過去のブログでどうぞ。


焼石金剛から振り返って北東の方角を見ると高原山(鶏頂山、釈迦ヶ岳、中岳、西平岳の総称)が望める。
遠くから見る形もいいし登って損のない山である→こちら


数百グラムとはいえ、靴を軽くすることの意味は大きい。ここまで軽快に歩くことができた。
できることならこのままランニングシューズで歩き通したいところだが、そうもいくまい。
防水ではないし甲の部分がヤワだ。小石や木の根にぶつかっただけでも痛い。
脱いだランニングシューズはレジ袋に入れて目印となる場所を選んでデポしておく。
チェーンスパイクの出番はまだない。


赤薙山直下のやせ尾根を通過。
ランニングシューズはこの樹林帯にデポして帰りに回収するつもり。


右に赤薙山を示す道標だがここは直進してもすぐに交わるからどちらへ行ってもいい。


次は女峰山へ導く道標が表れるが、赤薙山と指している方へ行く。
女峰山方面に行くと途中、斜面が崩落していて危険なのだ。
それに道は赤薙山の先で交わるから遠回りにはならない。


赤薙山直下の斜面。
この辺りから雪が表れる。
雪はしっかり締まっているので潜る心配はない。
つま先でカットしながら登れば滑る心配もない。


5時40分に階段を登り始めて1時間40分。
この間、写真をたくさん撮ったり靴を履き替えたりしたので実質1時間20分くらいだろうか。


山頂から見る女峰山


こちらは男体山


さあ、これから赤薙神社奥社跡(以後、奥社跡と書く)へ向かって進もう。
赤薙山から見る奥社跡への道は平坦でいかにも快適そうだが、、、


なんのなんの、歩き始めるとすぐ、こんな岩場を通過するスリルが味わえる。
岩場はここだけではなく、奥社跡に着くまで随所に現れて退屈はしない。
それに大きな段差があったりして息つかせぬくらい変化に富んでいる。
ちなみに正面に見える大きなピークのことを管理人は「偽赤薙山」と呼んでいる。理由は後ほど。
ピークの左に見える雪を被った山が女峰山。


岩場の他に木の根が露出した段差もたくさんある。
こういう場所こそ注意が必要で、不用意に木の根に足を置いたりするとツルッと滑ることがある。足の置き場を慎重に選んで身体を上へと移動する。


奥社跡(P2203)を正面にとらえた。
その右のピークは2209。
女峰山が奥社跡の左に見えるがそこへ行くには奥社跡からピーク2209に移動して、次に方向を西へ変えてアップダウンが続く長い稜線を辿る。だから女峰山は厄介なのだ。


この上が奥社跡。


長かった~
歩き始めて2時間50分。
赤薙山から1時間53分もかかっている。
そして女峰山へはここからまだ3時間はかかる。


雪はこれまでよりもずいぶん増えた。
ここから50メートル下るのでチェーンスパイクを着けるかどうか、ここで見極めることにしたが、傾斜が緩いので滑ったとしても尻餅をつくくらいだ。靴のままで行こう。

奥社跡と次のピーク2209とは標高でわずか6メートルしか違わない。
しかし、ピーク2209へ行くには奥社から一旦、2154メートルの鞍部に下り、そこから登り返すため、下りと上りの標高差を合計すると100メートルに達する。決して楽ではない。

広くて気持ちのいい鞍部。
ところがこれがくせ者なのだ。
深い樹林帯なので無雪期でもわかりにくいのに道が雪に埋もれてしまうとお手上げだ。この時期はコンパスをセットして歩く。
しかし悪いことに、地図に描かれている道は実際とはずれていて、地図にある道のようにピークには続いていない。ピークの少し西側を通るようになっているのだ。地図を使ってコンパスをセットするのではなく、コンパスが示す磁北線に向かって忠実に歩いて行く。少しでも外れると藪に入り込んでしまうから注意。


雪がたっぷりあるので無雪期だと登れないピーク2209の上に立ってみた。
山頂は狭くコメツガが目立つ。


ピークを西へ向かうと2・3分で正しい道と合流する。
快適な稜線歩きが楽しめるのもここから先。


ハクサンシャクナゲの花芽。
開花は7月。


「ヤハズ」


ヤハズまで来ると女峰山が大きく見える。
だがまだ遠い。


う~ん、いいですなぁ、この雪の稜線。
たまらんです(笑)


こんな場所もあるが見た目ほど危険はない。
チェーンスパイクはまだ着けていないが滑ることもなかった。


どこまでも続いてほしい雪の稜線(^^)
しっかり締まって潜ることもない。


会津の山並みが見える。
右端の平らな台地は会津駒ヶ岳から大戸沢岳へ向かっている稜線だと思う。


曲がりくねったダケカンバがまるでオブジェのように見える。
ここを通り過ぎると、、、、


ピーク2295の一里ヶ曽根。
これで赤薙山から数えて4つ目のピーク。この先2つ目が女峰山だ。
風は先ほどより強くなっている。


一里ヶ曽根はすぐに急でガレた下りに転じ、水場の横を通り次のピーク2318(稜線右のピーク)へと向かう。
画像中央に見えるのはピーク2469で三角点がある。ただし地図にその記載はなく、等高線が閉じられていることでピークであることを知る。
女峰山はその先、160メートルの場所にあって2469に隠れて見えない。


一里ヶ曽根とピーク2318との鞍部に降り立ったので地面が露出した場所にザックを下ろして、疲れを回復することにした。


これから先の急登を考えてここでチェーンスパイクを装着。


水場を示す道標。
この雪だと水場は埋まっているんじゃないだろうか。
帰りに見てみよう。


ピーク2318
立ち枯れした木が十数本ある特徴のある場所だ。
なぜ同じ場所にある木が立ち枯れたのか?
本で知ったのだが原因のひとつに強風説があるそうだ。この場所のように強い風にさられていると木は根っこごと激しく揺れ動くため根が痛み、やがて枯れてしまうらしい。
ここで道は南に転じて女峰山を目指す。


肉眼ではっきりと女峰山をとらえられるのもこの辺りから。
中央に見える大きなピークは稜線の少し下に30センチくらいしかない怖い道がある場所。その右のごつごつしたところにロープがあり、岩をよじ登る。ごつごつした右端は三角点のあるピーク2463(ただし地図にはない)、その右の小さいピークが女峰山。
と、地図を見ながらこの記事を書いているが、これらをすべて頭に入れるのは大変なんだよ。現場でスラスラと言えればいいのだが。


これまで北風をうけながら歩いてきたが、風はこの辺りからさらに強くなり、身をかがめないと歩けなくなった。
まずいぞ、これから先、危険箇所が待ち構えているというのに。


白根山
身の危険を感じながらも見るものはちゃんと見ている(笑)


燧ヶ岳


これが細くて怖い道。右は深く切れ込んでいる。
ダケカンバやコメツガが南側に傾いでいてここの風の強さを物語っている。
いま、風は北すなわち画像の右から激しく吹きつけている。
あおられて転倒しないように両手を斜面につけ、風が治まるのを待つ。


同じ場所から目を上げて前を見る。
中央に見える稜線の右、左の斜面が白い小さなピークが女峰山だ。
あの斜面がどうなっているかはこれからわかる。


ズームで見るとこんな感じ。
山名板がハッキリわかる。


雪は厚く堆積している。


これでもか、これでもかと続く厚い雪。


福島県そしてその向こうに越後の山並みが見える。


高みへ、高みへと歩を進めていく。


3メートルほどの岩場にロープがかかっている。
ふだんならロープを使わず登ってしまうところだが強風で体勢が不安定なため、今日はロープにすがって岩場をよじ登る。


次はハイマツ帯だ。
飽きることのない女峰山への道。


すでに遮るものはなく山頂が目の前に迫ってきた。
この雪の斜面を上りきれば山頂である。
遠くから左の斜面が白く見えたのはこの部分。


おぉ、女峰神社が見える。
強い風の抵抗にあったが女峰の神がここまで導いてくれた。


山頂は女峰神社のすぐ先。


天候は朝と変わらず快晴のまま。
我が母なる山、女峰山は管理人の初登を祝ってくれているかのように見える。が、それにしてもこの風には悩まされる。我が母なる女峰山は管理人の体力と精神力が試しているのだろうか。
いつもならここに三脚を立て、タイマーで自撮りするのだが強い風に三脚などなんの役にも立たず、諦めた。となればスマホを使っての自撮りだが、とてもではないがこのブログに載せることはできない。


山頂からの展望はほぼ360度。
日光市に属する山はもちろんのこと、群馬、福島、新潟の山が見える。


山頂からの展望
大真名子山の左に男体山がある。


祠を風よけにして昼メシを済ませ、帰路につくことにした。
道標が示す先は唐沢小屋。行者道、寂光神社に降りるルートだ。いずれも下り一方なので楽だが距離は2キロほど長い。


ハイマツの樹林帯までこの白い稜線が続く。
風がなければ雪の稜線歩きの醍醐味を味わえるところだが、そんな気持ちの余裕はない。


ハイマツの間を抜けるとき、強い風にあおられて身体が横倒しになった。女峰山に来てこんなこと初めて経験する。


振り返ると女峰山がもうあんなに遠くに見える。
この場所のように稜線からほんの1メートルでも下に身を置くと風はまったく感じない。
風は稜線の上を舐めるようにして通り過ぎるからだ。
実はここまで来る間に、往きに通過した細い道そして、ロープのある岩場ではあまりにも強い風に、停滞と移動を繰り返す羽目になった。


女峰山の下は深い谷になっている。
その谷底からモヤが湧き上がっている。
いや、モヤではない。茶色の煙だ。
まさか山火事?
違う、黄砂だ。
崩落により地肌がむき出した斜面の土が強風にさらわれて土埃が舞っているのだ。


ピーク2318を通過。
一時的なのか、風は止み、人心地がつく。
さて、道はここから東へと変わる。


一里ヶ曽根への下りは広い斜面なので前方に見えるピークをよく見ながら慎重に。


鞍部手前の水場を示す道標。
ここを左に折れるとすぐ水が流れている場所があるのだが、、、


水場はまだ厚い雪に埋もれている。
今日の飲み水はスポーツドリンク750ミリ、水道水1リットル、お湯450ミリを用意してきた。
この水場が使えれば半分の量でいいのだが、この時期は期待してはいけない。
水場の雪がなくなるのは早くて今月末、遅ければ来月半ばになるだろうか。


一里ヶ曽根へのガレ場を登っていく。


一里ヶ曽根を通過し次はピーク2209を目指して快適な尾根を歩いて行く。
気温は15度を超えているが雪はまだ締まっていて潜ることはない。しかしあと数日もすれば雪は緩み、膝まで潜るようになるのだろう。


ヤハズを通過


ピーク2209の下り斜面からピーク2203(奥社跡)を見あげる。


鞍部へ降り、これから奥社跡へ向かって上りに転じる。ルートはわかりにくい。


奥社跡では立ち止まらずにさっと通過。
予定の時間よりも90分ほど遅れている。
日没になる心配はないが疲れも出ていることから足が自然と急いでいる。


アップダウンの連続でだいぶ足に来ている。
赤薙山と女峰山を結んでいる尾根は標高差473メートルなので単純にいえば低山レベルだが、往きも帰りも激しいアップダウンがあるため数値では計り知れない厳しさがある。
これを累積標高という指標で表すと、女峰山の場合は上り2000メートル、下り2000メートルという言い方をする。厳しいのだ。
奥社跡から赤薙山へ向かって足を引きずるようにして歩いていると、画像の大きなピークが迫ってくる。
一刻も早く下山したい気持ちから、このピークがどうしても赤薙山に見えてくる。ところが違うのだ。
これを超えたのが本当の赤薙山なのだ。そこで管理人はこれを「偽赤薙山」と呼んでいる。


急な岩場を下る。


着いた~
ここまで来ればもうなにも心配することはない。
気持ちはすでに下山したつもりになっているが気を引き締めよう。


やせ尾根を下って小丸山へ。
デポしておいたランニングシューズを回収することは忘れなかった。


登山靴を脱ぐとムッとする匂い、じゃない臭いか、が立ちこめる。
汗で靴下が濡れている。ゴアテックスとはいえ10時間も履きっぱなしだと致し方ない。


足下のいい場所を選んで縫うようにして下っていく。


小丸山に着き、これから園地の中へ。


最後の難関は1445段の階段を下って駐車場に降りること。
今日の山行で足はくたびれているからステップを踏み外さないよう、慎重に降りたことはいうまでもない。


園地一面に咲くカタクリ。
20数万株といわれるニッコウキスゲに匹敵するほどの数ではないだろうか。


ふ~、なんとか無事に戻ることができたものの11時間をオーバー。
残雪に加えて強風の中を歩いたので時間がかかったのはやむを得なかったとはいえ、さすがに厳しかった。
それにしてもなんだな、こんな山行は先の短い命をさらに縮めるようなものだ。
まっでも、これができるうちが華だと思い、これからも苦しみを我が友として歩んでいこう。


所要時間は11時間24分と長いがこの中には多くの休憩時間他が含まれる。
管理人の場合、記録用に数百枚という写真を撮るし遠くに山が見えれば山座同定をおこなう。
したがって一般の登山者であれば、管理人の所要時間の7・8割が標準ではないかと思う。


本日の取得物。
半袖Tシャツに手袋、フェイスタオルなど。
落とし主には申し訳ありませんがゴミとして処理しました。



累積標高の多さがこのルートの厳しさを物語っている。

女峰山の下見で赤薙山へ。女峰山は雪が楽しめそう。

2017年4月28日(金)

今年の女峰山初登をいつにするか考えている。
昨年は極端な暖冬少雪であったため4月早々に登ることができたが、今年の積雪量は例年並み、というよりは3月になって大量の雪が降ったためにこの時期になってもなお、山々には雪がたくさん残っている。
膝まで潜ってしまうほどの雪だと女峰山を日帰りでやるには無理がある。といってスノーシューで登れるような安全な山ではない。
昨年4月の女峰山→こちら

6月になれば雪はほぼ消えてなくなるが、どうしても雪のあるうちに登っておきたい。雪のない地面の上を歩くなんてつまらない。
などと贅沢なことを言ってるがこのすき間を狙うタイミングを計るのがとてもむずかしい。毎年のように悩み、そして苦しむだよ。楽しくもあるんだが、、、、

判断の基準になるのは赤薙山あたりだ。
赤薙山山頂まで雪がまったくなければその先、赤薙奥社までの稜線で雪が登場する。この間がもっとも危険な箇所だ。赤薙奥社まで行っても雪がなければ、あとは女峰山までの稜線上の日陰と女峰山直下の雪とガレ場に気をつければいい。

明日からゴールデンウイークで本業が忙しくなる。
このところ毎日が山日和だったがゴールデンウイークはそうはいかない。
これを頑張らなくては家族3人路頭に迷うことになる。山歩きを犠牲にしてでも本業に精を出さなくてはならない(悲)

ということでゴールデンウイーク前の一日を有意義に過ごすためにも、気になる女峰山の状況を確認してみようと思う。


雪が消えたキスゲ平の斜面は高山植物の開花を待つのみとなった。
でわでわ、1445段の階段をば、、、


赤薙山と丸山への分岐となる小丸山へは25分で着いた。
今日は荷物の軽量化に努めるため食料は行動食のみ持参。飲み水も500ミリのペットボトル1本だけ。だから身が軽い。朝食も昼食も採らずに歩くつもりだ。
できることなら女峰山もこのペースで登れるといい。でもそうはいかないだろうな。


焼石金剛まで来ると赤薙山が目の前に迫ってくる。
手前の茂みはコメツツジ。ツツジの仲間では1センチにも満たない小さい花で開花は7月。


女峰山への分岐(別にここを右へ行く必要はない)まで来ると雪はだいぶ多くなってくる。


今日はローカットのトレッキングシューズ。トレッキングポールも使わない。汗の元になるスパッツは着けない。


赤薙山直下はまだ50センチほどあるがしっかり締まっているので潜ることはなかった。


歩き始めて1時間12分か、いいぞ。いや、早すぎだ。
こんなペースだと本番の女峰山ではバテてしまう。通常の装備ならここまで2時間はかけたいところだ。


赤薙山からの展望は鳥居の奥の一箇所しかない。
だがそこからは女峰山がよく見える。
ここから見ると雪はまだたっぷり残っている。
初登をゴールデンウイーク明けにするとした場合、ルート上で数十センチ、日陰や吹き溜まりは膝まで潜るかもわからない。
装備として必要なのはチェーンスパイクまたはアイゼンのどちらかにピッケルは必須、スノーシューもあった方がいいかもしれない。一里ヶ曽根の水場は雪に埋もれているはずだから、水の補給は無理だろう。う~ん、やはり重装備になりそうだ。
朝の6時に歩き始めて少なく見積もっても10時間、足がズブズブと潜るようだと11~12時間は見ておかなくてはならないから下山は毎度のことながら日没か。


山頂ではスポーツドリンクを一口飲んだだけで下山することにした。滞在時間は5分。
早く帰って明日からの仕事に備えよう。


小丸山。


階段トップから下を眺める。ここから700段目まで一直線に同じ傾斜が続いている。
幸いなことに上ってくる人はいない。
一気に駆け下ることにした。足がもつれて転げ落ちないよう手摺りを握って、、、
700段目まで下ったところで上ってくる年配のハイカーと出合い10分ほど立ち話となった。東照宮の先に住む地元の人で、今年はすでに50回も来ているとのことだった。


700段目から下には階段から分かれて園内を散策できる小径が数本ある。
そこで開いたばかりのカタクリと出合ったがまだ数株だ。今年は遅い。


赤薙山往復、2時間20分。
往きに比べて帰りに時間がかかったのは二度の立ち話と花を探して園内をゆっくり歩いたから。



荷物を少なく、軽くすると登山がこれまで快適になるということを身をもって体験した一日である。
限りなく古稀に近づき、重い荷物は身体に堪えるようになった。そればかりか時間ばかりくってしかたがない。下山で日没を迎えるなどしょっちゅう経験している。
ここらで山行のスタイルを変えてより身軽に歩ける方法を身につけなくては長続きしないのではないか、最近そんなことを考えるようになった。
今日の軽装備は極端だとしてもこれまでの装備は見直す必要に迫られている。なにが必要でなにが不要なのかを精査するとともに、携行品そのものを1グラムでも軽いものに変えていく。
同時に、これこそ根源的なことだが、ケガから復帰してそれまでの空白を取り戻すかのようにハードな山行を繰り返しているのが現状だが、そこで生じる苦しさを楽しんでいるような感がなきにしもあらずだ。それは危険でもある。この気持ちこそ転換しなくてはならない時期にきているようだ。

雪の山王帽子山と赤薙奥社へ。Tさんの要望はそれは過酷なものであった。

日光駅を起点にいくつものスノーシューのフィールドを有し、そればかりか冬でも安全に登ることのできる2千メートル峰もある、それが冬の日光を際立たせる魅力ではないかと思っている。

管理人が日光をスノーシューのフィールドとして利用を始めたのは1998年のこと。翌99年には商業ツアーとして確立し、現在に至っているわけだがその間、延べ2000名ほどの人が管理人が主催するスノーシューツアーに参加してくれた。
そのごく一部、ほんのひとにぎりではあるがリピート、そして常連に至ってくれているのがありがたい。

管理人も高齢者群に属するようになりこの先、あと何年ガイドを続けられるかわからない。今の体力、脚力が維持できるならばあと2シーズンは務まるだろうが、以後はわからない。
そこで以後は参加者を常連客に限定して、管理人も楽しめる有意義な時間を過ごしたい。いわば冥土の土産になるような楽しく、充実したツアーにしたいのだ(お客さんを冥土に連れて行くつもりはありませんのでご安心ください)。

スノーシューのガイドとしての終末を、常連客だけを対象に、いっしょに管理人も楽しめるツアーができればベストである。ときにはお弁当を担いでピクニック気分で(チーズフォンデュパーティーのように)、ときには重装備で冬山へ挑むというように、相手に応じてスタイルを変え、難易度を変える。ガイドと客という垣根を取り払い、体調が悪いときは健脚の常連さんに管理人がガイドされるというのもありだ。それが管理人の終末にふさわしいスタイルではないかと思っている。

ピクニックにするか冬山登山にするかは常連さんの脚力と精神力次第ということになるが、後者の最右翼として、2012年から毎年ツアーに参加しているTさんを挙げる。脚力が群を抜いている。たぐいまれな脚力の持ち主といって過言ではない。
なにしろ同時に歩き始めて10分もすれば、管理人と100メートルもの差がついてしまうくらいだ。管理人、足が遅いのは自認しているが、それにしても恐ろしいほどの速さだ。
その上で特筆できるのは、強靱な精神力をもっていることだ。
危険と隣り合わせで挑むスキューバダイビングの長い経験が山でも生きているのであろう。
終末の管理人をガイドしてくれる常連さんとしてTさんほど適役の人はいない。
そんなTさんからの今回のリクエストは2日間、ガッツリ歩きたい、というものであった。

管理人に100メートルもの差をつけてしまうTさんの“ガッツリ“とはどんなレベルなのか、これまでの付き合いでおおよそのことは想像できる。
つまり、距離が長くなおかつ高低差が大きいこと。端的に言えばスノーシューによるハイキングなどではなく、雪山登山だ。
Tさん、冬の丸山にも赤薙山にも登っているし、満足してもらえる山は他にどこがある?

そういえば2年前の3月、山王帽子山に挑戦したときはあまりの雪の多さにラッセルの連続そして、ふだんなら頭上にあるはずの木の枝が目の前に立ちはだかり、時間ばかりくって途中で断念したことがあった。再挑戦してはどうだろうかという考えが浮かんだ。
しかしだな、今回は2日間のツアーだ。初日に山王帽子山に登ったとした場合、では2日目の候補はどこにすればいいかという問題が浮上する。Tさんのことだからもっと難易度の高い山へなどと言い出しかねない。
いや、待てよ。初日は丸山か赤薙山でお茶を濁して2日目に山王帽子山という方法もあるな。しかし、そんな子どもだましが通用するTさんではない。う~ん、答が見つからない。
いや、それどころではない。2日続けての冬山登山など管理人の身体が耐えられそうにない。管理人の考えは右へ左へと揺れ動く。

まっ、山王帽子山とてそれほど易しい山ではないから、初日でTさんを疲れさせれば、「あぁ、身体中が痛くてダメよ、アタシ。明日はもっと簡単な山にして」、と弱音を吐くかもわからない。そうすれば管理人のもくろみ通りだ。よしっ、この手で行こう!


2017年3月6日(月)
光徳駐車場~太郎山登山口~山王帽子山~太郎山登山口~山王峠~旧山王峠~光徳駐車場

11:14
光徳駐車場をスタートして山王林道の太郎山登山口に到着。
ここまでスノーシューで歩いてきた。
9:35の出発だったから1時間40分というゆったりペースだ。
一般客のツアーとは違うルートを歩いたのも時間がかかった理由。
ちなみに道標は「太郎山」となっているが太郎山へ行くには山王帽子山が経由地になる。
今日はその山王帽子山を目的地としている。


山王帽子山山頂へはコメツガの深い樹林帯を歩く。
コメツガは常緑樹なので林内は陽が差さず、雪は固く締まっている。
このような状況ではスノーシューよりもチェーンスパイクの方が効率がいい。


ここからはスノーシューをザックにくくりつけて歩くが、今日は管理人が所有するスノーシューの中でもっとも軽いタイプを選んだ。むかし、イワタニが輸入販売した「TUBBS」社製で小型ながら靴のサイズを選ばない優れものだ。ただし現在は入手困難なレアものである。


山頂近くに展望が開けた場所があり、西からやや南寄りに白根山が望める。空が青ければ見栄えがするんですが。


12:39
登山口から1時間25分で無事に山頂に到達。標高は2077メートルだから赤薙山より67メートル高いが、冬でも安全に登れる山の筆頭だ。ただし、今年のように雪が少なければ。
さて、ここでランチといきたいところだが風が強く、冷たい。
早々に退散して樹林帯に潜り込んでランチとした。


山頂からの男体山の眺め。
山頂の向こう側が二荒山神社の登山口で右の裾野に戦場ヶ原が広がっている。


14:05
無雪期ならば山王帽子山だけで終わりとせず、太郎山とセットで登るべきだが、冬は厳しい。
足早に下山して山王峠を横切って、、、


むかし、登山道に利用されていた旧山王峠へ。
現在とは別のルートで涸沼とを結んでいたらしいことが朽ちた道標に刻まれた文字からわかる。
こういう風情、郷愁をそそられて好きだなぁ。
いつ頃まで使われていたルートなのか知りたいのだが、資料らしきものはない。
ちなみに夏は背丈ほどの笹に阻まれてこれを探すのは大変な仕事だ。
場所は秘密にしておく。山王峠とそれほど離れていないからどうかご自分で。


帰りは地図にある登山道で光徳駐車場へ向かう。
今夜のペンションの宿泊者はTさんひとりだけ。帰りの時間を気にすることはないのでアストリアホテルの温泉で疲れを癒して帰路についた。



2017年3月7日(火)
キスゲ平(8:23)~小丸山(9:09)~焼石金剛(9:46/9:50)~赤薙山(10:26/10:40)~奥社(11:34/12:14)~赤薙山(13:00)~焼石金剛(13:09)~丸山鞍部(13:40)~小丸山(13:48)~キスゲ平(14:14)

※登山計画書に記載したタイムスケジュール
キスゲ平(8:30)~小丸山(9:15)~焼石金剛(9:50)~赤薙山(10:35)~奥社(11:55/12:15)~赤薙山(13:35)~焼石金剛(14:15)~小丸山(14:50)~キスゲ平(16:00)

昨日、山王帽子山を降りたTさん、根を上げたかと淡い期待はしたのだが、それほど甘くはなかった。
管理人:「かなりの傾斜でしたね、疲れたでしょ?」
Tさん:「2年前の豪雪に比べたら楽に歩けてとっても楽しめました」
管理人:「ははは、そうですか。緊張してたからそう感じるんですよ。疲れはあとから出てくるもんです」
Tさん:「ううん、ようやくエンジンがかかったところなの。もっと歩けそう」
管理人:「いやぁ、あんまり無理をするもんじゃありません。寝てるときに足が痙ったりしますよ。あれは痛いですよ~」
2日目は軽くすまそうと、“疲れ“という暗示をTさんに植え付けようと必死になっている管理人なのであるw

さあ困ったぞ。
初日で疲れさせて2日目は軽いコースをという管理人のもくろみはすっかり外れてTさん、元気そのものである。まるで疲れを知らない子どものように元気なのだ。
こうなったら山王帽子山を凌ぐ厳しい山へ案内するしかTさんを満足させる方法はないとみた。

8:23
2日目はここをスタート地点にした。
おなじみのキスゲ平である。
目指すは赤薙山のひとつ先のピーク、赤薙神社・奥社跡だ。地理院地図に奥社跡という明記はなく、ピーク2203となっている場所だ。
奥社跡は女峰山への中間点に当たるが、仮に女峰山を目指そうとした場合は奥社跡までが厳しい。キスゲ平からの標高差は850メートルもあり、これは全体の70パーセントにもなる。達成感はあるし自信がつくことは確実だ。今日はそこを目指すことにする。


キスゲ平は元スキー場を園地としたもの。
ここはスキー場の上級者コース部分だ。傾斜は30度ほどある。
今日は全行程をチェーンスパイクで歩こうと考えている。もちろんスノーシューはザックにくくりつけてある。


9:09
標高1601メートルの小丸山へは46分で着いた。
正面に見えるピークが赤薙山(2010M)で奥社跡はそのふたつ右のピーク。


小丸山から先はだだっ広い尾根が続く。道は複数つけられているがこの時期、当然ながら雪に隠れて見えない。赤薙山を正面に見ながら上へ上へと向かっていけば道迷いの心配はないし安全上の問題もない。
管理人と先を行くTさんとの差は広がるばかりだ。画像はズームしたものなので実際はもっと離れている。
お~い、待ってくれ~。ガイドを置いてかないでくれ~(笑)


進行右を見るといつも登っている丸山と、その向こうに高原山(鶏頂山、釈迦ヶ岳、中岳、西平岳の総称)が見える。ここは標高1700メートル台だが雄大な景色が広がる。


9:46
標高1810メートルの焼石金剛。
小丸山と赤薙山を結ぶ稜線からの眺めはいいが標高が上がるにつれて視野はさらに広がる。
奥日光に魅力的な山は多いが2千メートル未満でこれだけの眺めが得られる山はない。


眺めのいい稜線も終わりに近づき、次に谷底まで300メートルというやせ尾根を通過する。
左が中ノ沢への斜面。ここは右に見える樹林帯に沿って歩くのが正解。


やせ尾根から中ノ沢をのぞき込む。
怖いっすねぇ。
雪庇を踏み抜いたら滑り落ち、冷たい水が流れる沢にぽっちゃん、などという生やさしいものではないはずだ。なにしろ沢まで300メートルを一気に滑り落ちるのだ。雪の上とはいっても凹凸があるからそのたびにバウンドして雪面にたたきつけられ、そのうちに意識をなくす。身体はなんども回転し、腕や足はねじ曲がり、無残な姿で収容されるというのが滑落遭難らしい(幸いなことにここでの事故はありません)。


10:12
女峰山と赤薙山を分ける分岐路。
女峰山へ行く場合も赤薙山方面に行った方がいい。
斜面が崩落している場所があるし、あまり歩かれていないため笹藪化している場所がある。雪のあるこの時期なら危険性はもっと高いはずだ。


10:26
赤薙山に到着。スタートして2時間03分だった。
積雪期でこのタイムはまずまずだろう。これもTさんに引っ張られたのが理由。


赤薙山山頂からのビューポイントは鳥居の奥の一箇所のみ。
女峰山がよく見える。来月になれば雪が少なくなるからあの頂へでも。
それでは、これからが今日の核心部分なので先を急ぐとしよう。Tさんにとって未知の領域へと。


赤薙山山頂を過ぎるといきなりこのような場所と出くわす。
尾根は切り立っている。尾根のトップは岩なのですぐ下についている道を行く。


11:34
唐突と思われるかもわからないが、着いた。
ここが奥社跡だ。
Tさんのペースが速すぎてこの間、写真を撮る余裕がなかった(^^;)
スタートして3時間11分は早い。
昨年4月、雪がもっと少ない時期に管理人がソロで歩いたときは3時間25分かかったから、やはりTさんのペースだ。
ちなみに地図を見ればわかると思うが、女峰山への道のりで厳しい場所はここまでで、ここから先は緩やかな稜線歩きとなる。行程の半分がここで終わるのであとは女峰山を眺めながらゆっくり歩けばいい。
それにしても相変わらず風が強い。のんびりとランチなどとはいかない。樹林帯に潜って食べたのは昨日と同じ。


目的は達したのでTさんは満足そうだ。
でもここは岩尾根、気を抜かずに帰ろう。


振り向くと女峰山が吹雪いているように見える。


Tさん曰く、ここが一番怖かったという岩場。


12:54
二度目の赤薙山通過。


山頂直下は傾斜が急なのでスリル満点なのである。
尾根さえ間違えなければ危険はないから積極的に行こう。


13:12
やせ尾根を通過するTさん。


13:19
続いて焼石金剛を通過。
さて、ここから小丸山へ向かって下るかそれとも、冒険するか?
Tさんの答はもちろん後者だ。


冒険コースにはこんな魅力的な斜面が待っている。ここを降りない手はないだろう。
ただし、商売上の観点からルートは秘密(笑)


適度に締まった雪は快適なのだ。
スノーシューにすべきかとも思ったが履き替えるのも面倒に思え、チェーンスパイクのまま下る。


降りた先は丸山の鞍部。
ここからは地図にあるルートで小丸山へ。


13:50
鞍部から登り返して小丸山に着いた。
ここでもう一度、冒険を!
だが先ほどと同じくルートは秘密だ(ケチ・笑)。
20分かけてスタート地点に戻った。


赤薙山までは山頂直下のやせ尾根に気をつければ安全ですが、赤薙山から奥社跡までは切り立った尾根や片側急斜面があります。
また、3月初旬なのに奥社跡まで行けたのは雪が少ないことが理由。例年並みの積雪だと残雪を楽しめるのは4月後半以後です。くれぐれもご注意ください。

スノーシューツアー開幕早々から赤薙山登山で疲労困憊す。

2017年1月22日(日)

14日から丸4日間、降り続いた雪はさらさらの粉雪でスノーシューを楽しむには絶好のコンディションとなった。
とはいえ、ツアーの予約は少なく、予定表は空白が目立つ。
なにしろ年が明けてもフィールドに雪はなく、これでは昨年と同じくスノーシューツアーのスタートが大幅に遅れるとみて、情報発信もおこなわないできた。
そこへもってきていきなりの降雪に急遽、下見をおこない、その結果をブログやFacebookで知らせてはみたものの、情報が浸透するにはそれなりの日数がかかるというもので、予約は今のところ少なく、しかも2月の予約ばかりだ。

その数少ない予約のうち、昨日は「おとぎの森」をフィールドにしてご婦人ばかり5名のツアーをおこなった。まだ誰も歩いていないまっさらな雪という“ご馳走”を前に、皆さんに楽しんでいただけたのは言うまでもない。
続く今日、大量の雪が積もったとの情報を見て、急遽申し込んでくれたスノーシューの常連Oさんとのツアーをおこなった。

管理人にとって2日続けてのツアーとなるわけだが、シーズン始めのスノーシューはまだ身体が慣れていないため疲れる。
無雪期のハイキングや登山に比べて雪の上を歩くのは、その運動量が倍にも3倍にも達するとてつもなくハードな運動なのである。
冬のツアー開幕、2日目にして、管理人の身体がまだ雪になれていないというのに、Oさんからのリクエストはハイキングを超えて赤薙山登山という過酷なものであった。

この無謀なリクエストを回避すべく説得を試みたのだがOさん、頑として受け入れてくれない(悲)
管理人:「あのね、雪は降ったばかりのふかふかで、スノーシューを履いても膝まで潜りますよ。小田代のほうが無難な気が、、、」
Oさん:「だったらなおさら、やってみた~い。膝まで潜ってみた~い」
管理人:「その~、赤薙山の手前にさしかかると雪庇が張り出したやせ尾根があってとても危険なのだよ。300メートル下の谷に滑落するかも」
Oさん:「あ~、その場所知ってる。去年歩いてちゃんと頭に入ってる」
管理人:「え~と、私、加齢と運動不足で体力面で不安があるのでもっと楽なコースを」
Oさん:「いっぽさんにもしものことがあったらアタシが助けてあげるから安心して」
万事がこんな調子なのである。どちらがガイドなんだか、まったくw

単独登山女子として自立を目指すOさんの今回の目的は、一歩でもいいから女峰山に近づきたいというものであった。昨年、二度の無雪期単独女峰山登山を果たしたOさん、すっかり女峰山の虜となってしまい今年もまた挑戦への意欲を燃やしている。そのためにも今から訓練を重ねておきたいらしい。赤薙山は女峰山に向かう稜線上に位置しているので、女峰山を目指すための訓練には最適なのだ。
ただし、さすがにこの時期は不安なのだろう、こんな老ガイドを頼みの綱とするOさんに敬意を表し、ガイドを務めることにした。

※管理人が主催するツアーは赤薙山登山も含んでいますが、それなりの登山経験がないと厳しいと思います。事前の相談をおこなった上で応じたいと考えます。


9:21
気持ちのいい青空だ。実に素晴らしい!!


ここはまだ標高1400メートルくらいなのに関東平野が一望という素晴らしい展望が得られる。
画像中央は高原山(鶏頂山、釈迦ヶ岳、中岳、西平岳の総称)。


キスゲ平園地はスキー場の跡地を利用している。
こんなに狭いスキー場ながら傾斜は初級、中級、上級とあってその変化が楽しめる。ここは中級コース。これからが厳しくなる。


上級コースの斜面を真横から撮ったところ。
傾斜の程度がおわかりだろうか。


女峰山登頂へ向けての訓練登山。きっと楽しいんだろうなぁ、笑顔のOさん。
今日の出で立ちはスノーシューを履いて手にピッケルという変則的なもの。ザックにはあとで使うことを考えてトレッキングポールをくくりつけてある。
ピッケルはこの程度の積雪量、新雪、傾斜では役に立たない。つまり、いまは両足だけの力で急な斜面を登っているわけだ。脚に大きな負担がかかってスクワットと同じ効果がある。厳しいのひと言に尽きるがこれも訓練。


10:12
歩き始めて50分。長い斜面を登りきり小丸山(1601M)に達した。
正面に今日の目的地、赤薙山とそこまでの稜線が見通せる。振り返ると関東平野の大展望が待っている。
写真を撮ろうとしたらOさん、なにを思ったか、雪の上でジャンプをした。30センチほど浮き上がった。
陸でのジャンプは完成したので、今年は雪上ジャンプを完成させるのだという。


小丸山の右に目を転じるとツアーメニューにある丸山がそびえている。
丸山にも雪はたっぷり積もっているようだ。


さあ、小丸山をあとに赤薙山へ向かいましょう。
正面の大きな尾根は仮称・赤薙山南尾根といってツツジが生い茂る藪尾根。昨年挑戦した→こちらに詳しく


11:05
赤薙山直下の焼石金剛。
ここまで来れば赤薙山はすぐだ。
息を整え、小腹を満たすためにやや長い休憩を取る。


赤薙山は稜線上のどこからでもよく見えるが、焼石金剛まで来ると時間が読めるようになる。あと30分くらいかな。


11:31
ここが例のやせ尾根。
無雪期であればなんてことのない尾根だが、北からの風で雪が堆積し片側が雪庇になる。
正しい道は雪庇に近い側にあるが、踏む位置を間違えると雪庇ごと深い谷に落ちてしまう。
ここは樹林帯の際を歩くのが正しい。
余談だがここで柴のワン子を連れたご夫婦とすれ違った。
挨拶すると即座に、管理人の名前(本名)を言い当てられた。ご夫婦は当ブログの読者で市内在住のHさんであると名乗られた。
管理人、このブログに自撮りした顔を晒しているので記憶してくれていたらしいが、挨拶しただけでブログ主であることを言い当てられたことに驚く。それほどこのブログと管理人の顔が知られていることにありがたみを感じると同時に、責任ある情報提供を心がけないといけないなと思う次第だ。


やせ尾根を抜けると山頂はすぐ目の前。
大きな岩が見えたらあと一息だ。


12:03
登頂~~!
無雪期であれば頭上にある鳥居が今はご覧の通り。
冬山を制したという気分になれるというもんです。


赤薙山山頂は樹林帯に阻まれ展望は良くないが、一箇所だけ、木の間から女峰山と男体山が望める。
画像中央、一番奥に見えるのが女峰山。ここからだと近いように見えるが、ピークをいくつも越えなければ到達できない、難関の山である。
Oさん、昨年だけで3回登頂しそのうち2回は単独。管理人はルートを替えて5回登った。生涯あと何回登れるかわからないが、Oさんと同様、女峰山は管理人にとっても挑戦意欲をかき立ててくれる名山なのである。


Oさんのいる場所が赤薙山唯一のビューポイント。
女峰山にじっと魅入っていたOさんがにこやかな顔で戻ってくる。女峰山を前になにを思ったのであろうか。


2千メートル級の山としてはもっとも低い赤薙山だが、長居していると身体が冷える。
昼ご飯を食べたら早々に下山するに限る。
段差が大きいコースは雪が積もると斜面になってスノーシューでも滑る。そこでピッケルの出番である。雪面深く突き刺すとしっかり固定されるから、片手でヘッドを握って身体を支え、ゆっくり歩を進ませる。
管理人のうしろから「キャー、怖い」、「滑る~」、「たすけて~」とOさんの叫び声が聞こえる。が、もちろんそれは楽しんでいるからである。


昨年に続いてピッケル二度目の経験のOさんだが、急な下りもだいぶ慣れてきた。


ここで尾根は二手に分かれる。
広く、緩やかで歩きやすそうな尾根が右に見えるが、それは正しい尾根ではない。尾根の末端が急激に落ち込んでいて谷に続いているので絶対に進んではならない。
往きに登ってきた踏跡に沿って忠実に、同じ道を戻る。


やせ尾根を上方から眺める。なんと素晴らしい景色なんだ。
雪庇の危険性を認識し、安全ゾーンを歩く限り危険がないことがこの画像からわかると思う。


焼石金剛近くの笹原だが、どういうわけかここだけ雪が薄い。
おそらく地熱が高く雪が融けやすいのではないかと想像している。それが焼石金剛の由来ではないのだろうか。そのように考えた方がロマンがあって登山が楽しくなるというものだ。


13:20
小丸山へ向かって稜線を下るOさん。
この展望はなんど見ても素晴らしい。霧降の誇りでもある。


小丸山から先はスキー場を使わず、登山道で下るのが面白い。
無雪期は藪と化しているが冬は雪が積もって歩き甲斐がある。ここではスノーシューはそのままに、ピッケルをトレッキングポールに持ち替えて歩くことにする。
50センチほどの細い踏跡はシカが歩いた跡。


これは野ウサギ。
このように雪が積もると冬でも野生動物が活発に動き回っていることがわかり、自然に対する親しみがより深くなる。

スノーシューの下見で赤薙山にチェーンスパイクで登る(雪はまだ中途半端)。

2017年1月10日(火) 晴れ、気温0~4度

一昨日8日の夕方から降り始めた雪は21時前には止んでしまったが、標高820メートルの我が家で5センチほど積もった。ただし、水分をたっぷり含んだ重たい雪だったことに加えて、気温は夜になっても下がらず、屋根の雪は早くも融け始めてボタボタと庇を叩く音が聞こえる始末だった。

本来なら今頃すでに管理人がガイドを務めるスノーシューツアーが賑わいを見せる時期だが、今年も昨年に続く暖冬少雪で、開催が大幅に遅れる見込みだ。
天気予報によれば11日に日本海側に寒気がやって来て、日本海側と北日本は寒気が通過するまでの間、かなりの降雪になるらしい。日光の山沿いは冬は日本海側の気象の影響を強く受けるため、日本海の上空に寒気が押し寄せるとそのおこぼれに預かり、雪が降る。
8日に降った雪が融ける前に11日から連続して雪が積もれば根雪になりスノーシューができるようになる、そんな期待をしている。

8日に降った雪は我が家の周辺ではすでに融けてなくなってしまったが、山ではどんな具合だろう。
取り急ぎ、近場の山、赤薙山に登って状況を確認することにした。
なお、タイトルに書いたように積雪量が中途半端な雪の降り始めはスノーシューだと木の根や段差に引っかかって危険だし、靴のままだと滑る。そんなときはチェーンスパイクが威力を発揮する。装着が簡単だから場面場面で着けたり外したりできるし、アイゼンほどではないがそこそこのグリップ力があるのでアイスバーンを除けば滑ることはない。なによりも軽いし薄いし柔らかいので、着けていることを意識せず違和感なく歩けるのがいい。
管理人はこれをオールシーズン活用している。→無雪期の使用例


霧降高原道路をキスゲ平に向けて走っていると赤薙山が次第に大きく迫ってくる。
ここは反対車線に待避所があって写真を撮るのに最適な場所。この先へ行くと今度は赤薙山が頭上にかぶさるほど巨大になる。女峰山への通過点に過ぎないマイナーな山だが、目の前にすると山の雄大さがわかる。


赤薙山や丸山そして女峰山登山の起点となるのが霧降高原キスゲ平。
今日、目指す赤薙山は標高2010メートルだが、この1445段の階段がもっとも厳しいかも(^^)


階段を登り始めるとすぐ、ニッコウキスゲなどの高山植物を楽しむための散策路と交わる。標高は1370メートル。
そこにピッケルを突き刺し、シャフトに付着した雪を見ると約20センチと予想外に深いことがわかった。


次は階段700段目の散策路。標高は1470メートル。
先ほどより深く、30センチくらい。


階段の700段目の避難小屋から振り返り関東平野を眺める。
遠方は霞んでいるが筑波山まで見渡せる。この標高でこれだけの展望が得られる場所は奥日光にはないからキスゲ平の環境がいかに優れているかが知れる。


階段の最上部に到達した。
ここの標高は1582メートルだから、麓と赤薙山との標高差670メートルのうち、240メートルを階段で稼いだことになる。残り430メートルは緩やかな稜線歩きと短いが急傾斜。赤薙山は冬でも比較的安全に登れるから冬山入門の山としていいのではないだろうか。


いいっすね~、この大パノラマ。
キスゲ平は麓からも関東平野がよく見えるが標高が上がるにつれて展望はさらに広がりを見せ、大パノラマとなる。
画像は北西に位置する高原山(鶏頂山、釈迦ヶ岳、中岳、西平岳の総称)。高原山の左に那須連峰が見える。
奥日光だと2千メートル超えの山頂以外、展望を得るのは難しいが小丸山から赤薙山の稜線は2千メートルに満たないが最高なんである(^^)


お~、今日は富士山が見える。
同じ位置から南南西に180キロ。


標高1601メートルの小丸山に出た。
ここから女峰山(実際には帝釈山)まで実に長い稜線が続く。
ところで、いつもと雰囲気が違うなと思ったら山名板が新しくなっている。以前は「キスゲ平」となっていたが「小丸山」に変わった。だが、地理院地図にキスゲ平も小丸山も表記はないから、国には認知されていない名称だと思う。
強いて言えば昭文社・山と高原地図に記載されている小丸山を通称名とするのが妥当なところか。
整理すると、天空回廊のあるキスゲ平園地全体(元のスキー場)をキスゲ平、キスゲ平を抜けてこの山名板のある場所を小丸山、小丸山から赤薙山を経て女峰山へ続く稜線を赤薙-女峰稜線と呼んで区分けするとわかりやすいと思う。
蛇足ながら、山名板の下の「標高一六〇一米」という表記は非常にわかりづらい。そもそも漢数字を横に並べて書くか?、書くなら縦じゃないのか?


今日の管理人の出で立ちはチェーンスパイクにピッケルという、ハイキングにしては大袈裟だし、冬山登山にしては中途半端なもの(^^)
とはいえ管理人、チェーンスパイクはオールシーズン使っているし、ピッケルは冒頭の画像でわかるとおり積雪量を計るのに持参した。


このように雪面に突き刺し、潜った長さで積雪量を知ることができる。
ちなみにこのピッケルの全長は標準の65センチなのでこの場所だとおおよそ50センチの深さ。


焼石金剛。
山名板と雪に埋もれた小さな社がある。
実は焼石金剛という名前だが、ここにはおそらく噴火で飛んできたのであろう大小の石がごろごろしている。
昔の人は大きな石(岩)が夕陽で真っ赤に染まるのを見て、それを神として崇めたのではないかと思う。それともうひとつ、実はふと思ったのだが、雪がまだ浅い今日、この周囲だけ雪がまったくついていない部分がある。地熱が高くすぐに融けてしまうのだろうか。それもやはり神の力と信じられたのかもわからない。


焼石金剛を過ぎると右側に樹林帯、左側に深い谷に挟まれた細い尾根となる。
雪の量が増えると谷側に雪庇ができ非常に危険な尾根に変わる。雪庇を踏み抜くと樹木のない斜面を為す術もないまま300メートル滑り落ちる。
樹林帯のきわが安全ゾーンだ。


赤薙山に導く道標。
道標にしたがって進むと木の根が露出した樹林帯を緩やかに登っていく。わずかでもいいから距離を短縮したい場合は画像正面に向かって進む。雪は深くなるが危険があるというわけではない。


山頂直下はしばし急傾斜が続くがこの林を抜けると、、、


赤薙山に到着。
小丸山から休み休み歩いて1時間42分、焼石金剛から56分。
休み休みというのは、雪の吹き溜まりに入り込んでもがいたり、振り返って景色を眺めたりしたことを指す。無雪期に女峰山へ行くときなどはこんなに時間をかけると登頂前に陽が暮れてしまう。


赤薙山山頂からの眺めは鳥居をくぐったところの崖っぷちからのみ。
そこからだと女峰山と男体山がよく見える。


こちらは男体山。


山頂の空気が冷たくなってきたので早々に退散することにしたが、今日はよく晴れ渡り、いい空の色をしている。


下りでやせ尾根を上から見たところだが進行左側は樹林帯で右は中ノ沢へ落ちる斜面。なかなか怖い。


雪庇にピッケルを突き刺すとヘッドまで埋まる。深さは80センチはあるだろうか。
ピッケルの数十センチ沢側に地面はなく、雪が載っているだけ。


小丸山まで戻りあとは階段で駐車場まで下ってお終いとなる。


最上段から700段目を見おろしたところ。
気温が下がるとこの雪は凍りつき、間違いなく滑る。
これからの季節、階段を利用する方は十分ご注意のほどを。

今年5回目の母なる山、女峰山は久しぶりに絶景で迎えてくれた。

2016年11月7日(月) 晴れ

天空回廊(6:00)~日の出の写真多数撮る~階段最上部(6:35)~小丸山(6:38)~焼石金剛(7:12/7:20)~赤薙山(7:48/8:00昼食)~奥社(8:54/9:00)~P2209(9:15)~P2295/一里ヶ曽根(9:53/10:00)~P2318(10:26/10:30)~女峰山(11:14/11:30写真と立ち話)~帝釈山(12:01/12:35昼食)~女峰山(13:10/13:15)~P2318(13:56/14:05昼食)~水場(14:19)~P2295/一里ヶ曽根(14:38)~P2209(15:10)~奥社(15:27)~赤薙山巻道(16:10)~焼石金剛(16:30)~小丸山(16:53)~階段最上部(16:58/17:08)~天空回廊(17:30)
※距離:17キロメートル
※累積標高:1830メートル
※所要:11時間30分

7・8年ほど前から、長い登りが終わった後の下りで右膝の外側が痛くなる、腸脛靭帯炎に悩まされている。
腸脛靭帯炎は若きアスリート、中でもランナーによく起こるというから、一般の膝痛とは原因が異なるものと考えて対応した方がいいらしい。グルコサミンやコンドロイチンといったサプリをいくら飲んでも効果はない。なぜなら関節ではなく、靱帯そのものの痛みだから。

でまぁ、3日に古賀志山の馬蹄形ルートを歩いたときに腸脛靭帯炎を発症し痛みを我慢しながら下山したのだが、よせばいいのに翌日4日、100パーセント晴れ保証との天気予報につられて女峰山に行くつもりで歩き出したのだ。
天空回廊を登り始めてちょうど10分、700段目にさしかかったときに右膝に違和感があり、試しに700段目から数段下ってみると前日と同じ痛みを感じたことから、腸脛靭帯炎に間違いないと判断し、わずか10分歩いただけで大事をとってリタイヤを決めた。前日発症した腸脛靭帯炎が治っていなかったのだ。

→2016年11月3日 古賀志山・馬蹄形ルート

腸脛靭帯炎は膝の外側を通る腸脛靭帯が膝関節とこすれることで炎症を起こし、それが痛みとなって現れる症状だが、腸脛靭帯が膝関節とこすれるのは理由がある。
腸脛靭帯は膝の外側を通って脛骨とつながっているので、こすれる下地がもともとある。
だからといって山歩きする人全員がなるわけではないし、管理人も右足だけが痛くなる。人はすべて同じ脚の構造をしているにもかかわらず、腸脛靭帯炎になる人ならない人、片足だけなる人などさまざまいるわけであり、そこには固有の原因があるはずだ。
管理人の場合、なぜ、右足なのかというと2009年に起こした踝の骨折が原因している。
手術は成功(医師の弁)し骨はくっついたが以来、右足だけがO脚となり左右のバランスがよろしくない。

腸脛靭帯炎は腸脛靭帯と繋がっている大臀筋と大腿筋膜張筋の緊張が原因している。大臀筋と大腿筋膜張筋がなんらかの理由で緊張(硬縮といったほうがいいかもしれない)すると、繋がっている腸脛靭帯が引っ張られて、膝関節とのすき間がなくなり膝関節と接触するようになる。すると膝の曲げ伸ばしによって接触が繰り返しおこなわれるようになり、次第に炎症へと発展する。
管理人の場合、左右の脚のバランスが悪いために右側の大臀筋と大腿筋膜張筋が絶えず緊張を強いられていて、腸脛靭帯炎になりやすい。

過去になんども腸脛靭帯炎を経験しているから治し方は知っている。
大臀筋と大腿筋膜張筋をほぐすためのストレッチが効果抜群だ。やりかたは動画で見たり画像入りの説明を見る方が理解しやすいので、管理人と同じ症状で悩んでいる人はどうかネットで探してほしい。

3日に発症、下山後、簡単なストレッチだけで4日に女峰山に挑戦してリタイアしたのは自業自得と言える。一度くらいのストレッチで治るほど、腸脛靭帯炎は軟弱ではないのだ。晴れとの予報に目がくらんで欲を出したのがいけなかった。

4日の夜から一日2回、延べ5回、大臀筋と大腿筋膜張筋、太もものストレッチをおこなって今日に臨んだ。
結論を言うと、霧降から女峰山を経て帝釈山を往復しても懸念した腸脛靭帯炎は発症しなかった。いつ発症するかいつ発症するかと心配しながら歩いていたのだが、幸いなことに何ごともなく下山することができた。
お尻周りのストレッチは腸脛靭帯炎の予防に効果大ということだろう。
距離約17キロ、時間にして11時間だった。

ではぼちぼち山行記録に取りかかるとしましょう。
参考:今年の女峰山の記録
07月20日(水) 野門から帝釈山経由で10回目の女峰山・・・
07月04日(月) 女峰山を寂光神社から・・・
06月10日(金) キスゲ平から女峰山、帝釈山ピストン・・・
04月06日(水) 残雪の女峰山へチェーンスパイクで・・・


6:00
まだ夜が明けぬ時刻。辺りは薄暗い。
気温、プラス1度。寒い。
予報によると今日は一日中、晴れるそうだ。
今年5回目となる母なる山、女峰山へ向かって歩き始めることにする。


6:09
おっお出ましになった(笑)
ちょうど鹿島灘の方角。
どうか予報通り、いいお天気でありますように。
そして、腸脛靭帯炎が発症しませんように。
さらには、誰とも会わず、女峰山を独り占めできますように(笑)


6:15
天空回廊の700段目。
4日はここまで来て腸脛靭帯炎の痛みに耐えかねてリタイアした。


陽がだいぶ昇った(天空回廊700段と800段の間から)。
う~ん、いいですなぁ。


6:35
天空回廊のトップ。
陽が昇る方向をなんども振り返りながら階段を上ったため35分も要したが、ゆっくりだった分、疲れは感じない。


6:38
小丸山。
すぐ目の前に赤薙山が望めるが今日、目標とする女峰山と帝釈山はまだずっと先。
朝日が回転ゲートの影を作り出している。影がずいぶん長い。


赤薙山へ向かう稜線から北東に目を向けると高原山が見える。
陽はまだ昇りきっていないので幻想的な光景だ。


7:12
焼石金剛に到着。
8分の休憩。


冬の訪れを物語るかのように一面、霜、霜、霜。


赤薙山直下のやせ尾根を通過中。赤薙山はもう目の前。
笹原を抜けて樹林帯に入ったら15分くらいだ。


7:27
樹林帯に入る前に道が分岐するがどちらの道を行っても途中で合流して赤薙山に行ける。
こちらは直登コース。道標の示すコースよりもややきついといった感じだが登りやすい。


7:48
途中、写真を撮るのと休憩を含んで1時間48分という、まったりペース。


赤薙山は神社の鳥居のうしろだけが開けていて、女峰山と男体山が垣間見える。
写真中央のピークの右が女峰山。ルートは写真右端から大きく左へ曲がりながら達する。


こちらは男体山。


このルートでもっとも疲れるのが赤薙山から赤薙奥社へ向かう区間だ。
距離は1キロだが標高で200メートルも上がる。
景色は見えないし道は荒れているし、ただもう黙々と歩くしかない。


岩が多いのも特徴。


8:54
ふ~、ようやく奥社に到着。ここまでがひと苦労だった。6分の休憩。
標高は2203メートル。スタートが1345メートルなのでここまでで858メートルも登ったことになる。女峰山まであと280メートル登ればいい。だがそう簡単にはいかない。標高差は小さいがアップダウンの激しい道を4キロ弱歩く。それに今日は帝釈山を往復する計画だ。とてつもなく長い。


奥社を過ぎると下ってそれから登り返してピーク2209に達する。
2203メートルから2209メートルへ6メートルの登り、、、とこれも数字通りにはいかない。
一旦、2152メートルの鞍部に下ってそれから登り返すからだ。
実際にはピークを左へ巻くようになっているため、積雪で道が見えないときにピークを目指すと藪に入ってしまう。冬はリボンに忠実に従って進むことを勧めたい。


9:14
ピーク2209の稜線に乗ったところ。
ここはハクサンシャクナゲが群落している。


9:21
「ヤハズ」。矢筈って書くんだろうか?


ヤハズに来てようやく女峰山への道のりが一望できるようになる。
まだまだ遠い。


シャクナゲが早くも来年の花芽をつけている。
開花は7月なので半年以上かけて栄養を蓄えるのだろう。


ヤハズから先、ピーク2295(一里ヶ曽根)まで、ほとんど平らな道。
1100メートル歩いて60メートル上がるだけという快適さだ。だが、ここでペースを上げてしまうと山頂でバテてしまうから意識してゆっくり歩くのがいい。


9:53
ピーク2295の一里ヶ曽根に到着。7分休憩。
女峰山が眼前に迫ってきた。
あと乗り越えるのはピーク2318だけだ。


一里ヶ曽根からガレた急斜面を恐る恐る下りるとピーク2318との鞍部に出る。
鞍部の距離は短いが広々していて気持ちがいい。
ただし、目の前にピーク2318が立ちはだかっていて気後れする。


10:04
水場を通過。
歩き始めて4時間経ったので、夏だったらここで補給しておいた方が安心かもしれない。


10:26
ピーク2318に到着。立ち枯れした木があるのが特徴。4分休憩。
道はここから南へと転じる。


いよいよ始まった(^^)
これからしばらくの間、ガレ場があったり幅30センチほどの道を歩いたり、ロープで岩を登ったりというスリルを味わうことになる。


おぉ、女峰山をとらえたぞ!!
山名板が見える。人の姿も見える。


ロープがかかっているがあえて使う必要もないであろう。
ただし、下りは使った方が安全かもしれない。


ハイマツが茂る間を縫って、、、


見えるのは女峰山だけになった。


ハイマツ帯を抜け出すとそこに女峰神社がひっそりと建っている。


山頂目前。
管理人を追い越していった三人のうちのふたり。
このふたりよりも前にいた若者の姿が見えないが、帝釈山へでも行ったのだろうか。


11:45
晴れている(^^)
今年になって5回目の女峰山だが山頂で陽の光を見るのは今回で2回。他3回は一面の霧でなにも見えなかった。それだけにとても嬉しい。
先着の人と立ち話をして15分費やす。


西にこれから向かう帝釈山がよく見える。
その向こうに太郎山、左に小真名子山。


小真名子山(右)と大真名子山(左)


そして男体山。
それにしてもいい天気に恵まれた。
今日の女峰山は絶景をプレゼントしてくれた。ありがとう、厳しくも優しい母なる山よ!!
おっと、感動ばかりしているわけにはいかない。これから帝釈山まで行かなくてはならない。


専女山。
女峰山から帝釈山へはガレた急斜面を下り、ガレ場を歩き、この岩を乗り越え、急斜面を上がる。


12:01
女峰山を出て30分で帝釈山に到着。
燧ヶ岳を始めとして越後の山々を見渡せる帝釈山山頂。眺めは女峰山よりもいいんじゃなかろうか。
女峰山を目指してここまで来ないのは実にもったいないと思う。


誰もいない山頂を独り占めして満足顔の管理人。
このあと、管理人としては珍しく、たっぷり時間をかけて昼食とした。
管理人の山での主食はコンビニの菓子パンだが、360度の雄大な景色のおかげで最高のご馳走となった。


山名板の右が小真名子山、その左は大真名子山、さらに左が男体山。


中央右が太郎山で左が小真名子山。その間に挟まれて遠くに白根山が見える。


その白根山をズームで。


大真名子山とそのうしろに男体山。
う~ん、なんという絶景!!


さあ、あまりのんびりしているわけにはいかない。そろそろ引き上げなくては。
女峰山を仰ぎ見る。
まるで三角形の薄い板を立てたかのよう。こんな姿の女峰山を拝めるのも帝釈山だからこそ。


山頂直下のガレ場。
荒々しさでは白根山と同等だ。


13:10
女峰山山頂。


女峰山から帰りの道を俯瞰する。
いや~、とてつもなく長いね。ここからあの稜線の右端まで歩かなくてはならないとは。陽が暮れるな。


ピーク2318へ行くまでにこんな場所もあるが気をつけてゆっくり歩けば大丈夫でしょう。


13:56
ピーク2318。
右斜面は崩落していて深く切れ落ちている。
ここで降りてきた道を振り返り、大福をほおばる。


14:18
一里ヶ曽根との鞍部の水場を示す道標。正面に見えるのがピーク2295の一里ヶ曽根。
水場に立ち寄ってみることに。


14:19
小さい沢に差し込まれた塩ビ管からちょろちょろと水が流れ落ちている。
7月に来たときは2本の塩ビ管のうち、1本は涸れていた。


ピーク2209の手前まで来ると北東に大笹牧場が見えた(目一杯のズームだが)。


北西には栗山の集落が、、、


15:27
奥社を通過。


奥社から赤薙山への道は帰りの疲れた身体に堪える。


こんな場所もあるしな。


16:07
振り返ると、男体山に間もなく沈もうとしている陽が見えた。日の出と同じくらいにいい眺めだ。


16:08
ここで赤薙山を巻く道と分岐する。
崩落箇所があるので登山者はほとんど通ることがない。
今日は日没を覚悟で出発したので時間は気にしない。久しぶりに行ってみることにした。


歩く人がいないためか案の定、藪化している。
崩落箇所は見あたらなかったがここは通らない方が無難だ。積雪期は特に危なそう。


小丸山へ続く稜線の向こうには雲海が出ている。


16:30
焼石金剛を通過。
雲海の上に高原山が飛び出している。いい眺めだ。


16:58
小丸山を通り抜け天空回廊のトップまで来たときはすでに陽が落ちてヘッデン(ヘッドランプを指す業界用語・笑)に頼ることになった。毎度のことですが。


おかげで日光市街の夜景が楽しめるというオマケがついた。
天空回廊を下りきったのはちょうど17時半であった。


ルート断面図。
アップダウンが激しく標高差1136メートルに対して累積標高1830メートルにもなる。


地図はこちらを参照ください→16年6月10日

山はすっかり秋模様。霧降高原丸山そして赤薙山で秋の花を堪能。

2016年8月10日(水) 晴れのち曇り

霧降滝駐車場(6:25)~徒歩~キスゲ平(8:10/8:20)~八平ヶ原(8:49/8:55)~丸山(9:10/9:20)~丸山分岐(9:37)~焼石金剛(9:58/10:05)~赤薙山(9:19/9:30)~小丸山(11:05)~階段700段目(11:15)~キスゲ平(11:33/11:50)~徒歩~霧降滝駐車場(13:14)

※所要時間:6時間49分
※歩行距離:24キロ(うち、車道歩きが16キロ)

かつてに比べて売り上げが落ちたとはいえ、8月はやはり忙しい。
レジャー業界に身を置いているとお客さんなくしては経営が成り立たないわけだが、8月の忙しさが他の季節に分散してくれればいつもの月のように山歩きが楽しめるのに仕事の性格上、こればかりは管理人にはどうすることもできない。
お客さんからの電話も多いから常に携帯の圏内にいて、家人から電話で呼び出されたらその場で山歩きを中断して帰らなくてはならない。
だから8月は、ほんの少しのすき間時間を利用して、計画したとおりに事が運ぶような山歩きとなる。当然だが藪に阻まれてにっちもさっちもいかなくなってしまうような山は避けるし、滑落して身動きが取れなくなったら数日から数週間、発見されないというような山も避ける。努めて健全な山歩きを行うようにしている。

明日からまた数日間、本業で家を空けられないから、今週は今日しか機会がない。
危険のない安全な山でなおかつ、遭難しても発見されやすい山へ行って、明日からの仕事でバテない身体を作ろう。でも5キロや10キロでは物足りない。最低でも15キロいや、できればもっと長い距離を歩いて体力をつけたいと思う。

携帯圏内で、家人から呼び出しがあったらすぐに帰れて、安全で、遭難しても発見者がいてくれて、その上15キロ以上歩ける山、、、、う~ん、ちょっと思いあたらない。それは自分で言うのもなんだが、これまでの管理人の山歩きのスタイルを覆すような条件だ(^^)
寝床で地図を広げて考えたのはいつものように登山口から歩き始めて15キロ以上の山となるとやはり奥日光になってしまうから、上に書いた条件には合致しない。
そこで閃いたのが、登山口に達するまでの道のりで距離を稼いでしまおうという、我ながら目から鱗のアイデアだ(^^)
いつもなら登山口まで車で行くところを、ずっと手前に車を置いて歩き出せばいい。よしっ、これで15キロは確実だ。

場所は霧降高原の丸山にしよう。
登山口から北斜面へ回り込んで山頂に達し、小丸山を経て天空回廊をキスゲ平に降りることにしよう。キスゲ平は今頃、秋の植物で賑やかだろうから写真を撮りながら散策気分で歩こう。
さて、車をどこへ置こうかということになるわけだが自宅から丸山の登山口まで歩くことももちろん可ではあるが、より距離を延ばすためには駐車地を登山口からより離して霧降滝の駐車場を利用した。
霧降滝とキスゲ平間は路線バスが走っているから家人から呼び出しがあってもバスで駐車地まで戻れる。

1608010-1281608010-108

オヤマリンドウ(左)、ウメバチソウ(右)


6:32
霧降高原道路の霧降滝付近。
いつもなら車で通過するところを今日は歩く距離を稼ぐため、この道路を歩いてキスゲ平へ向かう。初めての体験なのでドキドキ(^^)


いい天気だ。
日光連山のうち、もっとも北西にある赤薙山(雲のかかった中央の山)と小丸山からのなだらかな稜線そして、丸山(右)が見える。
今日はあの丸山を裏側から登って手前の稜線へ降り、小丸山を経て登山口のキスゲ平に降りる予定だ。


霧降高原道路の両側は深い沢になっていて斜面にいろんな植物が生育している、ということが歩いて初めてわかる。
これはタマアジサイ。
手前に見える球形が蕾でこのひとつの玉の中に花の集合体が収まっている。なんだかとても神秘的。


シモツケ
シモツケという名のつくのは他にシモツケソウ、ホザキシモツケ、オニシモツケなどがあるが、「シモツケ」とは下野=栃木県のこと。すなわち、栃木県特有の花であるとか栃木県で最初に見つかった花であるという意味であり、同じ種類の植物というわけではない。


赤薙山がグンと近づいた(中央の雲がかかった山)。
日光ではもっとも低い2千メートル峰で楽に登れる。また、積雪期でも登りやすいので雪山入門の山としてうってつけだ。
冬の赤薙山へ登る。


8:10
歩き始めて1時間40分で丸山(1669M)、小丸山(1601M)、赤薙山(2010M)、女峰山(2483M)の登山口となるキスゲ平に到着。ここまで1時間40分かかったが当初の予定では2時間だった。
正面に見える小高い丘のようなのが小丸山でその右が丸山。小丸山はここからだと標高差が260メートルしかないが、1445段もの階段を昇る必要があるので管理人がもっとも苦手とするところ。
むしろ登山道を使って丸山に登ってから小丸山に降りる方が楽(^^)


まず丸山に登るのでここを右へ入る。
ハイキングコースとなっているが、厳しさから言って立派な登山コースです(^^)


笹がきれいに刈られていて路幅は広く、歩き易い。
笹は年に一度刈られるだけなのでグッドタイミング。


ニガナ、ハナニガナかな?微妙なところ。


ここで登山道は分岐する。直進すると天空回廊と並行して小丸山に達するが道は笹が伸び放題で荒れている。
丸山へはここを右に折れる。
なお、道標は丸山と赤薙山が同じ向きを指しているが上に書いたように荒れて廃道寸前。


丸山の北登山口となる八平ヶ原への道も笹が刈られて歩きやすい。


8:49
一面、笹におおわれて気持ちのいい八平ヶ原。
樹木のほとんどはダケカンバで新緑の頃はとてもきれいだ。
空気が澄んだ冬は遠く筑波山、高原山がよく見える。
これから写真に写っている丸山へと向かう。


オトギリソウ
昔、仲の良い兄弟がこの植物を使って秘伝薬を作っていた。製法は門外不出としていたが、金に目のくらんだ弟がノウハウを持ち出そうとした。それに怒った兄が弟を切り倒してしまったことから名がついたそうだ。と、本からの受け売りw


赤い実をつけたオオカメノキ


丸山の北斜面は傾斜が厳しい。
そのため、このような階段が2箇所、他に丸太を組んだ階段もある。


山頂近くから北東を眺める。
天気がよければ高原山が一望できるがご覧の通り、上空は灰色の雲が垂れこめている。


丸山山頂に到着。
濃霧。誰もいない。


9:15
今日の管理人の出で立ちは短パンに半袖、トレラン用の小型ザックに靴はランニングニューズという軽装。昼食は持たずお腹が空いたら行動食を食べながら歩くといった、長距離向きのスタイルにした。
やはり荷物の軽量化は身軽に動けるし機動力がまったく違ってくる。
女峰山などもこの身軽さで登れば時間は大幅に短縮できるのにねぇ。


丸山山頂ではすでに葉を赤く染めたヤシオツツジが見られた。
これはシロヤシオでしょう。この夏は短いのかも?


オヤマリンドウ


小丸山と赤薙山を結ぶ稜線に出てこれから天空回廊で降りることに、、、、


と思って時計を見ると、まだこんな時間か。
ここで帰ってしまうのもなんだなぁ、悔いが残りそう(^^)


魅力的な稜線が手招きしている(笑)


シロバナニガナ


このガレ場、管理人がどこへ向かっているのか赤薙山や女峰山に登ったことがある方にはこの光景を見て思い当たると思う(^^)


9:58
とうとう焼石金剛まで来てしまった。
ここまで来れば往復20キロは稼げるはずだが、赤薙山がすぐ目の前に迫っている。30分で行ける距離だ。
赤薙山が管理人を呼んでいる(笑)


おぉ、信じられないことにこんな場所にウメバチソウが。本来、戦場ヶ原のような湿地帯に生育する植物なのだがウメバチソウに間違いないと思う。


やせ尾根には濃いガスがかかり前方が見えない。


山頂直下の岩場を這い上がって、、、


10:19
とうとうここまで来てしまった。
では次は女峰山へ?
いや、そこまで欲張ってはだめだ。事故の元だ、と冷静さを失わない管理人なのである。いつもそうだと良いのだが(^^)


アキノキリンソウ


それにしてもオヤマリンドウが多い。
至る処で目につく。


シラネニンジンでしょう、きっと。


11:05
小丸山に降り、これからあの回転扉の向こうへ。さあ、今度はなにが待っているのか?


ヤマハハコ


ノハラアザミ


天空回廊の近くまで来てようやく前方の景色が見えるようになった。中央に見えるのは大山。


11:08
天空回廊の最上段。
ここから急降下して700段目から園地の散策路を歩く予定だ。


天空回廊は700段目まで一直線に続いている。
下からぞろぞろとハイカーや観光客が上ってくる。すれ違うにはまだ時間があるからランニングシューズの身軽さで駆け下りよう。


シロヨメナ


11:15
700段目に立てられている避難小屋が見えてきた。
この手前から園地内の散策路に入れるので、これから先は花を眺めながらゆっくり歩くことにする。


ヨツバヒヨドリだがほぼ咲き終わっている。


ドクゼリかな?


オカトラノオだと思う。


ツリガネニンジンも至る処で見られた。可愛いねぇ。


コバギボウシ


11:51
天空回廊を降り振り返ると、朝とは違って小丸山と丸山に黒い雲が。間もなく降り出すかも?
さてと、ここまで無事に来れたので駐車地までバスに乗ることもない。
道は下りなので走ったり歩いたりしながら戻ることにしよう。


1リットル持参したスポーツドリンクは200ミリほど残った。8月にしては異例のことだと思う。
曇天で気温が上がらなかったのと適度な風でダラダラと流れ落ちるほどの大汗をかくことがなかったからだが、これが長距離を歩くのに幸いしたようだ。なんとか24キロを歩ききることができた。

自宅に戻ったら風呂に入ってその後、ビールをグビッとやろうと考えていたのだが、いざ入浴を済ませるとビールではなく冷たい水が無性に飲みたくなった。
生暖かいスポーツドリンクは残したけれど身体はきっと、もっと多くの水分を欲していたのだろうと思う。
汗はかいたものの気温が上がらなかったので喉の渇きを感じることがなく、それで少量のスポーツドリンクで済んだのだが、実際には現場でもっと多くのスポーツドリンクを飲んでおくべきケースだったのかもしれない。
まあでも、熱中症になったわけではなく、帰りの車道は走って駐車地まで行けたので問題なしとしよう。

高山植物が足下で見られる絶好の場所、小田代ケ原や戦場ヶ原へは今年はまだ一度も行っていない。
この季節でも高原を吹き抜ける風は涼しいし開放的な景色が好きでよく通ったものだが、行くとかならず小学生の団体と遭遇して、すれ違いや追い越しに苦労する。
小田代ケ原と戦場ヶ原は5月から始まる体験学習や夏の林間学校の定番になっているからこの季節は賑やかだ。その点、霧降高原は静かな環境でゆっくりと花を見るのに適している。
我が家から近くに位置し、散策やハイキング、赤薙山や女峰山への登山にも便利だ。冬はパウダースノーの中、スノーシューを楽しめるという、万能性がある。ここに小学生の団体は似合わない。

日光にこんな華麗な滝があるなんて得した気分、野門の布引滝。

2016年7月29日(金) 曇り

野門沢林道ゲート(7:10)~階段(7:28)~鳥居(7:39)~展望台(7:55/8:02)~林道終点広場(8:18/8:20)~布引滝分岐(8:37)~野門沢ロープ(9:29)~布引滝(10:12/10:25)~野門沢ロープ(10:57/11:15)~布引滝分岐(12:09/12:25)~林道終点広場(12:57/13:08)~展望台(13:21/13:35)~林道ゲート(14:10)
※所要時間 7時間
※距離 13キロ


梅雨が明けた。
平年より3日早く梅雨入りし、平年より7日遅い梅雨明けとなった。
しかし、梅雨明け特有のあのジリジリした日差しがない。そればかりか管理人が住む日光霧降は梅雨明け間近に必ずあるはずの雷がなかったし、7月だというのに気温が上がらず、暖房を使うほど寒い日があった。
それでも梅雨は明けた。が、時期が時期だけに無理やり明けさせたといった感じでメリハリがない。
こんな年の夏は短い、そんな予感がする。

さて、本業よりも山歩きに重きを置くようになっている管理人にとっては雨さえ降らなければ山歩きには差し支えないので、はっきりしないもののこの梅雨明けをありがたく受けとめたい。
で、明日から5日続けて本業が忙しいので、梅雨明け初日の今日を有効に使いたいと思う。
いくつかある候補地でプライオリティ1は野門の布引滝と決めてあった。

布引滝の存在を知ったのは、今月20日に常連さんと帝釈山の北尾根で女峰山に登ることになり、その計画を組んでいるときであった。
帝釈山北尾根を女峰山へのルートに設定したのだが、地図を見るとその東側に女峰山から派生する野門沢がある。源頭部は標高1980メートル付近にありそこから鬼怒川まで長い流れが続いている。
帝釈山北尾根から沢のもっとも深いところまで落差400メートルという、とてつもなく深い沢だ。
布引滝は沢の途中、標高1610メートル付近から流れ落ちる落差120メートルもある大きな滝であることを事前の調べで知った。

落差120メートルといえば日光最大の滝、雲竜瀑に次ぐ大きさで、観光スポットとして人気のある華厳滝など問題としない。これはぜひ見ておかなくてはいけないと思った。

常連さんとのツアーを控え、前日19日に帝釈山の北尾根を探すため下見に行った際に、布引滝へも行くことにした。
布引滝はそのルートの途中、分岐を沢に向かって下ったところにあるので北尾根探しとの二兎を追ったわけだ。

布引滝は野門沢に降りた沢の行き止まりにあった。
あったと言うのは正確ではなく、そこで見たものはいくつかの段差にぶつかりながら、角度を微妙に変えて流れ落ちる布引滝の、末端10メートルほどの滝であり、布引滝全体を見るにはその滝の上部に出なくてはならないらしい。
ネットで調べたところ末端の滝の手前にロープがあるのでそれを伝っていけば布引滝本体の滝壺に出られるとあったが、19日は肝心のロープが見つからなかった。
だが、ここを登れば滝壺だと思われる斜面は見つかった。

その斜面は崩落によってガレ場となっていてとても危険そうだ。斜面の取り付き部分は1メートルほどの段差になっていて、管理人の場合は諸事情あって足が届かない。やはり既存のロープで登るのが正しいようだ。
まっ、「二兎を追う者は一兎をも得ず」のたとえもあることだし、19日の下見の本目的は帝釈山の北尾根を探すことにあったので、布引滝を見るためのロープ探しは日を改めることにした。
その方が楽しみを先延ばしにできるではないか、と簡単に引き下がる管理人であった。

登山口となる野門は今でこそ合併して日光市だがそれ以前は塩谷郡栗山村であった。
当時(合併前)、日光の山にしか目が向かなかった管理人にとって市外の山のことにはまったく無知であり、行こうともしなかった。管理人にとって自然を楽しむには日光の山だけで十分なのであった。
それが宇都宮市の古賀志山を知ってからというもの突然、地図にない道をコンパスを使って歩くいわゆるルートファインディングと藪歩きに開眼してしまい、昨年3月から今年にかけて48回も通うといったご執心ぶりであった。とにかくおもしろいですよ、古賀志山は。技術面においても精神面においても鍛えられます。
古賀志山との最初の出合い

その古賀志山に端を発し、日光市に属していても地図に道が描かれていない山をコンパスを使ってルートファインディングしながら歩く楽しさを覚え、道間違いや滑落寸前という危ない目に遭いながらも今日に至っている。
そんなわけなので藪には慣れたし地図に道がない場所を歩くのも平気になった。
だから今は、ピークハントも目的のひとつだがどうせ登るのなら遭難と隣り合わせになるが、そのプロセスを楽しみたい、そんな思いをいだきながら歩いている。

きちんと整備され眺めもいい道を歩くよりも、日差しも入り込まないほど鬱蒼とした樹林帯の中を地図とコンパスを手に、道迷いという恐怖と闘いながら歩く方が管理人の性に合っている、そんな気がする。やはり性格暗いか、俺って?
あ~、いや、そうではなく探求心旺盛ということにしておきたい(^^)
帝釈山北尾根で女峰山に登ったのもその延長であるし、もちろん今日の布引滝探訪も。

栗山村が日光市栗山となって早10年。もしも合併がおこなわれなかったすれば、管理人は今でも布引滝の存在を知らなかったかもわからない。帝釈山の北尾根を歩く計画の過程で偶然見つけた布引滝の存在を、ずっと大切にしたい。
でわでわ、そろそろ出発しましょうか。


7:10
県道23号線を川俣へ向かって走ると鬼怒川に架かる橋を渡る。
橋を渡ると左に折れる道があり、「家康の里」と彫られた黒塗りの大きな門が待ち構えている。
門をくぐってしばらく走ると小さな集落があって数件の民宿と栗山東照宮がある。この栗山東照宮が家康の里と密接に関係しているらしいが、管理人にそこまでの知識はない。
集落を抜けて先へ進むと道は写真のゲートで行き止まる。
この道と並行して流れる野門沢に堰堤を建設する工事がおこなわれ、そのために敷設された道路(林道)らしい。


7:12
ゲートから先、林道の終点までこのアスファルト道路(林道)が続くが、道は大きく蛇行を繰り返しながら斜面を上っていくため距離が長い。
そこで林道をショートカットすることで距離を短縮したい。ここが第1番目のショートカット開始点。
ガードレールの切れ目を入り、斜面をトラバースしながら標高を上げていく。


ただ闇雲に林道を近道しようとしても狙った地点に出なくてはショートカットの意味をなさない。
開始点と終了点をコンパスにセットして、コンパスの指示通り進んで行く。


蛇行を繰り返す林道をショートカットするので当然だが深くて急な林の中を歩く。
傾斜が急な上、落ち葉が堆積しているので滑落に注意しながら歩いたのはもちろんである。
本来、雪山の軽登山を目的とするチェーンスパイクは、滑り止め効果と駆動力アップに優れているので管理人は無雪期でもよく利用する。


ただいまショートカット中。
けっこう厳しいですよ。すでに大汗でシャツはぐっしょり。


狙い通りガードレールの切れ目に出た。
ここで林道を少し歩いて第2番目のショートカット開始点を探す。いえ、19日と20日にすでに歩いているから今日で3回目だ。
地図を見るとこの少し先に登山道が描かれている。その登山道を進むのがもっとも近道なのだが、、、


ここが地図に描かれている登山道。ということなど、わかるはずもない。しかし、尾根であることは一目瞭然だ。
つまり昔はこの尾根が、野門から富士見峠を経て日光まで交易の道に利用されていたのである。やがて交通の発達によって道は廃れさらには、林道ができたことで用無しになったのである。と勝手に推察し断定するが地図から何を読み取るか、それは読み手の想像力次第で無限に広がるというものだ。だから地図はおもしろい。


7:28
曲がりくねった林道を歩く時間を短縮するためにも、どこかショートカットできる場所を探さなくてはならない。
地図に描かれた登山道のすぐ先の擁壁に階段が設けられている。
地図の登山道の位置とは異なるがなんらかの意味があってのことだろう。
ショートカットするには都合がいい。ここを2回目のショートカットの開始点とした。


階段を上るとこんな感じ。
1番目のショートカットと同じく、セットしたコンパスにしたがって進んで行く。


7:39
2回目のショートカットが終わると林道脇に丸太で組んだ素朴な鳥居と石の祠のある場所に出る。
先ほどの階段はここに至る参道の名残だったことがこれではっきりした。
ちなみにこのような林道は一般車は入ることができないが、地権者や神仏を管理する人、工事関係者であればゲートの鍵を所有していて車の通行ができる。
例の階段から鳥居まで、昔は樹林帯の斜面を歩いたが参拝する人の高齢化によって車に頼らざるを得なくなり、車で行き来するようになったのであろうと思う。それが廃道になった原因、とこれも地図からの推察。


最後のショートカットは鳥居の前を真南よりほんのわずか西へ向かって進んで行く。
ここは地形が少し複雑なのでセットしたコンパスに忠実にしたがって歩かないとロスが生じる。
白樺が茂る自然林の中を登っていくのだが3つのショートカットの中でここがもっとも気持ちがよかった。帰りはこの斜面ではなく尾根を歩いてみた。


ショートカットがうまくいくと林道脇に設置された構造物の下に出る。


7:55
構造物の正体は林道脇の展望台だ。
南面にこれから向かう布引滝そして滝の源頭部がある帝釈山や女峰山が見渡せる、、、天気のいい日なら。


一瞬、霧が晴れて帝釈山から女峰山へ続く稜線の一部がのぞいた。


展望台から先はもう時短の方法はなく、林道の終わりまで緩やかなアスファルト道路を歩く。
林道脇に太いウリハダカエデを見つけた。紅葉の季節はいいだろうなぁ。


林道とは思えないほど整備された道だ。一般車に開放してほしいくらい。


8:17
林道終点の広場にはテーブルが1卓、ポツンと置かれている。
これから山道へ入るが、一段高くなっているのが尾根の部分で、帝釈山そして富士見峠へと続いている。


遊歩道という名に欺されるな!!
理由はこれから先の説明で(^^)


8:37
遊歩道入口から20分弱で分岐に着く。直進して丸太の階段を下っていくと布引滝。
右へ曲がると富士見峠と帝釈山の北尾根に至るがそのへんのことは前回のブログに書いておいた。
7月20日、帝釈山北尾根で女峰山へ


分岐を数歩、歩くと布引滝がよりはっきり見える場所がある。
ここがそう(^^)


丸太で組んだ階段は足を乗せる部分の土がえぐられ、足を大きく持ち上げないと先へ進めない。そればかりか丸太の多くは朽ち果て、もの悲しい雰囲気が漂う。
造ったらそれっきり、そんな遊歩道だ。ここまで荒れると遊歩道などと侮ってはいけない。怖いし危ないです(笑)


丸太の急階段を下っていくと斜面の上部から水が勢いよく流れている場所に出る。
水は苔むした石を避けるようにして流れている。
地図に水の流れは描かれていないが布引滝へ行くのに4つか5つの沢を横切るようになっているので、この流れはそのうちのひとつのようだ。


地面をスギゴケが覆い隠しその上にシャクナゲ、コメツガ、シダが茂っている。霊気漂う場所である。


流れのある沢を3本渡ると道は登りに転じる。丸太の階段はまだ続いているからここはまだ遊歩道として設計されている場所なのであろう。
とはいえかなりの荒廃ぶりにこの先はどうなってしまうんだろうという雰囲気だ。でもこういう異界に導かれるような雰囲気って管理人、大好きなのだ。


遊歩道はとうとう異界に突入した(^^)
どういう作用からなのか周りは岩だらけだ。岩は長い年月の経過で苔むして自然の美というものを感じる。
はっきりした道ではないし不用意に岩の上に足を乗せると滑るし、これを遊歩道と称していいものかどうかわからない。ここまで来て引き返してしまうハイカーもいるんじゃなかろうか。


9:26
岩を通過すると布引滝の流れ、野門沢の河原に下りる場所に来た。
斜面に河原に降りるためのトラロープがある。ロープを使わなくては河原に降りられないので、ここはもはや遊歩道とは呼ばないだろうなぁ。
ロープを下る場所から布引滝の全貌が見えるので遊歩道としての機能はここまででしょう。


河原に降りた。
砂利の歩き易い河原とは違って大きな岩がゴロゴロしている。
岩の上に乗っては下りの繰り返しで上流へと進んで行く。シロヨメナの藪の中を歩くこともある。


前方に布引滝が迫ってきた。
いい形をしている。
全長120メートル、180メートルの雲竜瀑に次ぐ長さだ。


幸いなことに岩の多くは乾燥していて乗っても滑ることはなかった。
だが、岩と岩の間に靴が挟まったり足首がカクンとなったり、なんどかは危ない目に遭った。


進行右手(左岸)にこんな斜面がある。
19日の下見のときはこのガレた斜面を登れば滝壺に出られるのではないかと見当をつけておいたのだが、その後、ネットで調べたところロープが垂れている斜面があるらしいことがわかった。ここにはロープはかかっていない。


9:47
19日と同じようにとうとう河原の行き止まりまで来てしまった。布引滝の末端部分だと思う。
ロープは見つからなかった。
ネットの情報が古く、ロープはなくなってしまったのかもしれないと思った。


末端の滝は落差10メートルはあろうか、これだけでも十分な見応えがある。
だが、布引滝の全貌を見るにはこの滝の上部に出なくてはならない。
今日は布引滝を間近に見るためのやってきたので、諦めることなく斜面を登るロープを探すことにした。


おっ、あった。
河原の行き止まりからロープを探しながら引き返すと、草むらに隠れているロープが見つかった。
ロープは古く、退色して岩と同じ色をしているので19日は見つからなかったのだ。今日は時間をかけて探して正解だった。
ロープの行く手は先ほどのガレた斜面と一致しているから、19日の管理人の勘はあながち間違いではなかったようだ。
ロープはクライミングに使われる10ミリ径で、引っ張ると伸びることから古いとはいってもその機能はまだ損なわれてはいないようだ。


河原に垂れていたロープは、岩に打ち込まれたピトン、それに結ばれたスリングが支点になっていた。
スリングとロープは長い間、野ざらしの状態が続いて養分を含んだのであろう苔が生え、ナイロン製とはとても思えない見栄えだ。
布引滝がいつの頃から探求されだしたのか、スリングとロープへの苔のつき方から察してその歴史は古いようだ。


上の画像のロープの支点を右へ追うと、さらに上へとロープが続いている。うっすらとだが踏跡もある。


古いロープと並行して新しいトラロープが取り付けられている。
この辺りはロープに頼らなくても歩けた。


ひょ~、センジュガンピだ。しかも群落になっている。


ノリウツギに、、、


ソバナに、、、


タマガワホトトギスも盛りだ。


布引滝の河原が間近に迫った。
ここまでロープは6本かかっていた。


河原を目の前にしてシロヨメナの群落に突入。

10:12
ついに布引滝の滝壺に降り立った。
いや~、とてもいい形をしている。きれいだ。雲竜瀑にも劣らない美しさ。
日光市に存在する48の滝を紹介している書籍があるが出版当時、布引滝は日光市ではなかったので紹介されていないが、第2版が出るとすれば間違いなく採りあげられるであろう。
水量が少ないということはないのだが不思議なことにとても静かだ。
この距離まで近づいても水しぶきがかからない優しさがいい。

独り占めする贅沢。得した気分になれる。
次回は椅子と文庫本を持参し、この水でいれた珈琲を飲みながら時間を過ごそう。あっ、でも帰りは日没になるな。


マルバダケブキ


滝をあとに帰路につくことにした。
遊歩道は往路とはまた違った趣がある。苔むした大きな石がゴロゴロしていて自然の美しさのような風情を感じる。


この丸太の階段の上りはずいぶん厳しい。
ステップ間の土がえぐれているので足を大きく持ち上げないと上のステップに届かない。
階段ではなく斜面である方が管理人には楽だ。


シロヨメナ
地味な夏の花だ。


12:09
急階段に疲れたがなんとか富士見峠への分岐まで辿り着くことができた。
ここから先は下りになるが、ひと休みして息を整えることにした。
振り返ると布引滝が見える場所なのだが滝は相変わらず霧の中。


この美しく開放的な林をスマホで撮ろうとザックをまさぐったところ、、、ない。スマホが。
そうか先ほど分岐で休憩したときにザックから取り出して写真を撮り、しまい忘れたのだ。
やれやれ、また登りかよ。


12:57
スマホは無事に回収でき、登山道を歩き終えて林道終点に着いた。
これから約900メートル、この林道を歩いて布引滝の展望台まで行くがここで今日、3回目の食事とする。


13:21
林道終点から布引滝展望台までは10数分と近い。
ここで帰りのショートカット、第1回目をおこなう。
左カーブの部分にガードレールの切れ目があるのでそこから笹原に踏み込む。


13:49
展望台から鳥居までのショートカットはルートを少し変化させてみた。
往路は鳥居の奥へ歩いて行ったのだが帰路は尾根を利用して画像の左隅に見える踏跡から林道に降り立った。


14:07
最後のショートカットが終わって林道が視野に入った。
駐車地まであと5分。今日はすべてがうまくいった。

登山口までのアクセスが非常に悪いので訪れる人は少ないと思うが一応、地図を掲載。
林道終点までの道のりが長いため管理人はショートカットで距離を短縮したが、地図とコンパスが必須になるのと急斜面を登るため、距離の短縮イコール時間の短縮になるかどうかはわからない。

林道終点から富士見峠との分岐点までは緩やかな上り斜面。地理院地図と実際の道にズレはあるが、これはGPSを携帯していなければわからないことなので気にすることはない。道は明瞭なので迷わない。

分岐点から布引滝へは丸太を組んだ急な階段を下っていくが丸太がじゃまして足を引っかけることがある。それと丸太の上に靴を載せると滑るから、ここが最大の難関だったりして(^^)

野門沢の河原に降りると大きな岩がゴロゴロしているのでつまずいたり、岩で滑ることがある。ここで転ぶと痛い目に遭う。

河原の行き止まり付近に布引滝の滝壺へ上がるロープがかかっているが、それはご自分で探してください。それも楽しみのひとつです。

禁断の激藪を突破して帝釈山に直登、そして10回目の女峰山へ。

2016年7月20日  晴れのち曇り

野門沢林道ゲート(6:20)~布引滝展望台(7:12/7:20)~林道終点(7:37/7:40)~布引滝分岐(8:04/8:04)~帝釈北尾根分岐(8:31/8:35)~標高点1637~標高点1823~標高点1972~標高点2147(10:26)~帝釈山(12:40/12:43)~女峰山(13:18/13:45)~帝釈山(14:14/14:20)~富士見峠(15:11/15:16)~標高点1935~標高点1862~帝釈北尾根分岐(17:02)~布引滝分岐(17:16/17:20)~林道終点(17:30/17:40)~布引滝展望台(17:53/17:55)~林道ゲート(18:32)
※所要時間:12時間12分(休憩を含む)
※距離:20.1キロ(GPSログをカシミール3Dで処理した値)

去る4日、女峰山へのルートとしてはかなりマイナーな、若子神社からの笹藪ルートで9回目の女峰山登頂を果たした。
地理院地図にも昭文社の「山と高原地図」にも道は描かれているが「山と高原地図」には、“笹多い”という注意書きがある。
距離が長い上に標高にして1700メートルも登らなくてはならないために利用者が少なく、それが原因でルート上に笹が繁茂して藪となったのだろうと思う。
まっ、でも、女峰山の山頂に向かっているすべてのルートを歩いてみたい管理人としては、笹藪ごときで怯んではいられないw
笹藪に大いに遊んでいただこうという寛大な気持ちになって今月4日にやってみたわけだ。
笹は深いところで胸の高さまであって大いに手こずったが、華やかなルートとして人気のある霧降ルートとは違った面白さを味わうことができ大いに満足した。結果はブログにしてあるのでご覧ください。
2016年7月4日のブログ

女峰山のルートはこれまで、裏男体の志津乗越に車を置いて歩き始めるというのがスタンダードだった。
しかし、数年前に駐車スペースが閉鎖されてしまい、現在は志津乗越5キロ手前の駐車場に置いて林道を歩いて登山口まで行かなくてはならなくなった。往復10キロ、2時間以上も余計にかかることになったため管理人は以来、女峰山のルートとして使わなくなった。登山口にたどりつくまで長い林道歩きを強いられるルートは楽しさが半減してしまう。
長い林道をてくてく歩いてやっと登山口、ということを考えれば女峰山へ登るのに志津乗越ルートはもっとも距離が長いといえる。スタンダードだったルートは一気に難易度高レベルへ昇格した(^^)

その影響もあるのか、交通の便のいい霧降ルートを利用する登山者が増えていることを実感する。天空回廊ができて荒れた登山道を歩かなくてよくなったこと、駐車場が整備されたこと、バス停が天空回廊のすぐ脇に移動したことなどが功を奏したのだと思う。もはやこのルートを利用しない手はない。
このブログにもなんどか書いているが他のルートに比べて眺めのいい稜線歩きが続き、快適なトレッキングが楽しめる。笹藪やこみ入った樹林帯の中を歩くことがない。まるで日本庭園の中を散策するようないい気分で歩ける。イワカガミやシャクナゲが咲く季節に特にお勧めしたいルートだ。
雪解けが遅く冬が早いので歩く期間は限定されてしまうが、女峰山登山のスタンダードになりつつある。どうか一度、ご賞味ください。
ただし、それほど簡単なルートではない。時間もかかる。
往路で5.5時間、復路が4.5時間、計10時間は覚悟する必要がある。とはいえ、亀のごとく歩みの遅い管理人の所要時間なので健脚の方であればそれぞれ1時間ずつ短縮可能であろうと思う。いちおう、参考値として紹介しておきたい。

他のルートでお勧めできるのは好みの問題もあると思うが、東照宮裏の行者堂を起点に標高差1700メートルをひたすら登り続けるロングルートというのがある。稚児ヶ墓から先、広大な笹原(藪ではない)はツツジの宝庫といわれるほどの大群落になっていて、5月はシロヤシオとヤマツツジに圧倒される。それに距離が18キロと長いので健康状態の確認にもなりそう(^^)
行者堂から登り始めて霧降に下りる(あるいはその反対)というのが最良の方法だが、マイカーだと車を取りに戻るという手間がかかる。
したがってこのルートを選択する場合、
1.マイカーを取りに戻る手間と交通費を惜しまないこと。
2.マイカーを2台用意して登山口と下山口にデポできること。当然だが複数人数での登山。
3.路線バスを利用する。ただし、時間的にとても厳しくなる。
といった条件がついてしまう。

例外的には、早朝、身内に登山口まで送ってもらい、歩き終えたら下山口まで迎えに来てもらう方法というのがあるが管理人は以前この方法で家人からひんしゅくを買ったことがあるから、夫婦仲のいいご夫婦に限るというのが条件w

以上で若子神社、志津乗越、霧降、行者堂を起点とする女峰山ルートをおおまかに紹介した。
もっとも無難なのは距離もほどほど、稜線からの眺めのいい霧降からピストンという手かな?
同じルートを往復することになるが変化に富んだコースなのでピストンなら2倍、楽しめる。

これらをやったらあとは栗山の野門(のかど)ルートが残る。
野門をスタートして富士見峠に出てそこから帝釈山を経て女峰山へ登るというかなり厄介なルートだ。野門から富士見峠まで見通しの効かない深い樹林帯の中をただひたすら9キロも歩き、その上で富士見峠から帝釈山を経て女峰山に達するのに、さらに2キロも歩くという苦行を伴うのでマニア向けといっていい。修行僧になったつもりで歩く覚悟が必要なほど大変なルートだ。

布引滝展望台から眺める女峰山と帝釈山

野門から歩き始めるルートをもうひとつ。
スタート地点は同じ野門だが富士見峠を経由せずに帝釈山に直登するという方法がある。
野門~富士見峠~帝釈山が直角三角形の2辺と考えれば帝釈山直登ルートは三角形の斜辺を歩くようなものなので、距離はずいぶん短縮できる。
しかし、、、だ。
このルートは藪が予想される。若子神社ルートで笹藪に泣いたのでできれば藪は避けたいところだが、愛しの女峰山へ登るためには致し方ない。
だが、事前の調べでは林道をショートカットしたりルートファインディングを必要としたりといった、山歩きの楽しさを味わえそうなのだ。
そのへんの経緯は7月17日のブログに詳しく書いておいたので参考に。
2016年7月17日のブログ

それにしても多彩なルートを持ち合わせてるな、女峰山は。
稜線歩きが好きな方から藪歩きが好きな方まで、さあ、あなたのお好きなルートで登ってらっしゃい。
でもそんなに簡単じゃないわよ、アタシを攻略するのは。そう言われているようだ。さすが母なる山、手厳しい(^^)

今日はその母なる山の懐に、ちょうど10回目の挑戦として野門から飛び込んでみよう。
心優しく迎えてくれるのかそれとも、厳しさにはじき返されてしまうのか、期待と不安は大きい。


上に書いたように今日予定しているルートは野門から富士見峠へ向かって南下して、途中で帝釈山の北尾根に乗り換えて山頂に達し、女峰山に行くというのが往路で、帰りは帝釈山から富士見峠に出て野門へ戻るというロングコースだ。
管理人が愛用しているフリーソフト「カシミール3D」で距離を試算したところ、約16キロと出た。
ただし、試算ではクネクネと曲がった道も直線としてとらえているので、実際には2割くらい多くなると考えている。所要時間はこれも試算だが休憩を含んで13時間。
いやはや、年甲斐もなくどうしてこんな厳しい山行を考えてしまったのだろう。後悔の念をいだきながらも気持ちを奮い立たせて歩き始めた。
実は昨日、近くの布引滝を見学がてら帝釈山北尾根を標高1800メートルまで登って感触を確かめておいた。

図の赤い線は事前に計画したものではなく、歩き終えた後のGPSの記録を地図に反映させたもの。
このルートに考えが至った経緯は2016年7月17日のブログを参照いただきたい。


川治温泉と川俣温泉を結んでいる県道23号線、野門橋を渡るとすぐ左に立派な門構えの道がある。
なぜここが家康と関係するのか、、、、それを管理人が書いたりするとボロが出るのでこちらを。


6:20
県道から外れて2キロほど走るとここから先、一般車は入れない。
工事車両のじゃまにならないように縁石左の草地に車を突っ込んで歩く支度を済ませた。
地図で見るとこの道は大きく蛇行を繰り返しながら南へ向かっているので、道路上を歩こうとすると大変な時間がかかることがわかる。
そこで事前に、3箇所ほどショートカットするルートを設定しておいた(上の地図)。


遮断機の脇を通り抜け、最初のショートカット地点に向かう。


ショートカットに失敗すると返って時間をくったりすることがあるため、到着地点を決めておき、そこへ間違いなく着けるように地図とコンパスを使って歩く。
1回目のショートカットは距離は短いながら傾斜は急だった。
ショートカットが終わると林道のガードレールの切れ目に出たので少し進む。地図にはすぐ先に林道を横切るようにして登山道がかかれているのだ。しかし、その場所には高さが2メートルほどの擁壁があり、上ることができない。
林道を設けるために斜面を削り、そこに擁壁を作ったことで登山道が寸断され、用をなさなくなってしまったようだ。

歩くつもりだった道がない、、、さあ困ったぞ。計画を修正しないと!!
当初予定していたルート


下図は現場で修正したルート
最初のショートカット(図のA)後、登山道が見つからないまま歩いていると林道の右手に階段が現れた(下の画像)。地図で現在地を確認するとここをショートカットできそうだ。
話が前後するが、図のBのようにショートカットすると鳥居と出合ったので、ここで再度、地図を見て図のCのショートカットをおこなった。
3つのショートカットの末に布引滝展望台に出ることができた。
これによって林道を歩く距離は大きく短縮されたはずだ。ただし、笹の急傾斜を登ったことで消費したエネルギー量は林道を歩くのと同じだったかもわからない(^^)


ショートカットする場所は濡れた落ち葉が堆積した急斜面なので、滑り止め効果と登攀力を増すためにチェーンスパイクが有効だ。


6:42
2回目のショートカットをした階段。
地図に描かれた登山道とは明らかに違う場所だが、人が歩くための階段であろうことに間違いない。
GPSで現在地を確かめ、コンパスをセットして斜面を登り始めた。
階段を昇った右のガレ場を登り、次に笹原をひたすら登っていく。


6:55
2回目のショートカットが終わると再び林道と合流。そこには丸太で組んだ鳥居と石の祠があった。
そうか先ほどの階段はここへ来るための昔の参道だったのだ。
しかしゆるやかに上っていく林道ができたことで急傾斜の参道は廃れ、誰も歩かなくなったようだ。
3回目のショートカットはこの鳥居の奥へと進んでいく。

上のチェーンスパイクの画像に写っている人物と鳥居のそばに写っている人物は今日、同行してくれることになった常連客のWさん。管理人が計画したところ、頼りない管理人のために助っ人として都内から駆けつけてくれた。


7:11
鳥居からのショートカット(図のC)を終えるとこんな構造物の真下に出た。
これが布引滝の展望台。擁壁がもっとも低くなった場所を探して道路の上に乗った。


お~、なかなかの展望ではないか。
はて、これから向かう帝釈山そして、女峰山はどれなんだろう?
どうやら写真中央の右、ピラミッドのように尖っているのが帝釈山らしい。女峰山はその左に見えるピークのうちのどれかなのだろう。
答えは冒頭の写真に。


3つのショートカットが終わると次は林道が尽きるところまで歩く。
管理人のこれまでの経験だと山の中の林道は斜面から落ちた岩が堆積していたり道が崩落していたりするが、ここはそれらはまったく見られない。そればかりでなく、一般車が通行するのになんら差し支えないほど整備されている。


7:36
林道を900メートルほど歩くと、休憩するのに十分な明るい広場に出た。
ここからいよいよ道標にしたがって山の中へと入っていく。

地図によると道は尾根上をまっすぐ南下するように描かれているが実際には急斜面を避け、ジグザグに登っている。


8:03
道はここで布引滝方面と富士見峠方面に分岐するので右へ直角に曲がる。
布引滝は19日に帝釈山の北尾根を見つけるために来た帰りに近くまで行ってみたが、最後に周りを直角の壁に阻まれてにっちもさっちもいかず、諦めて引き返した。


布引滝への分岐を富士見峠へと向かうとすぐ、木の祠と出合う。「山の神さま」という名板が立木に取り付けられている。


石は苔むして古道の雰囲気が漂ういい道だ。
道のすぐ左が一段高くなっているがこれが地図で見る尾根らしい。


左側の一段高くなったところに石の祠があり、中に石像が納められている。
よく見ると右手を直角に上げてなにかを持っているように見える。背中には炎のようなものを背負っているので不動明王なのかも?
ちなみに、地図によれば、ここが富士見峠と帝釈山の尾根を分ける分岐点になっていて、直進すると帝釈山の尾根に乗り、道の右にある沢を横切ると富士見峠に行くようだ。しかし、道は1本しかないためとりあえずこのまま尾根を直進して富士見峠と帝釈山の分岐を探すことにした。


8:31・・・画像A
石の祠から400メートルほど行くと太い木に赤いペンキのマークがある。
そして道の先はややガレていて沢のように見える。帝釈山へは尾根上を進むはずなので沢は通らない。ということはここが富士見峠と帝釈山との分岐に違いない。分岐は地図よりもずいぶん先にあった。
であれば帝釈山への尾根はここで向きを左へ変えているはずだ。左へ入る踏跡を探す。
ちなみに、赤いマーカーの立木はたくさんあるので当てにはできない。地図で探すのが基本。


8:35
ここが帝釈山北尾根の取り付き部分らしい。
シャクナゲの群落だが目を凝らすと判然とはしないが踏跡らしいのが見えた。
と、わざとらしい書き方をしているが実は皆さま、管理人は昨日、今日のための下見でこの藪を突き抜け標高1800メートルまで確認済みなんであるw


8:51
昨日は登山の定石通り尾根上を歩いたところ、びっしり埋まったシャクナゲに行く手を阻まれ、やむなく尾根から西へ少し下がってみたところ、そこはコメツガ林に変わり、歩き易いことがわかった。今日も同じ方法をとった。
歩き易いと書いたがシャクナゲの藪に比べてということであり、実際には倒木あり、落ちた木の枝あり、横に張り出したコメツガの枝ありでそれなりである。踏み跡は見えない。


9:02
標高1820メートル付近のコメツガ林の中に赤いテープがあった。
この尾根が帝釈山へのルートとして使われていることに間違いないことを確認した。
昨日はこのすぐ手前、標高1800メートルで引き返した。


9:09
コメツガ林はシラビソの林に変わった。
尾根は幅広くなり、ともすればどちらに向かっていいのかわからなくなる。
ほとんど見えない踏跡を探すのは諦めて、斜面の最も高い部分を見失わないように慎重に登っていった。


9:21
標高1880メートル付近。今度はコメツガとシラビソの混在林となった。密度が濃くなる。
幼樹は背丈が低いので、前進するのにじゃまをする。枝のすき間を縫ったり倒木を避けながら歩くので真っ直ぐ歩くことは困難だ。


9:36
はっきりした道があったので辿ったところ、こんなところに出てしまった。
シカ道だったのかそれとも、人の踏跡が崩落したのか、いずれにしてもこの先は行けそうもないので両手まで使って斜面を右へ上った。


9:58
標高2050メートル辺りに来ると尾根幅が広がったのでルートを外さないよう、標高点2147に向けてコンパスをセットする。
参考までに、管理人が手にしている地図は前述のカシミール3Dを使って緯度経度線、磁北線を含めて印刷したもので、より細かいところがわかるように縮尺は1/12500にしてある。


10:12
コメツガとシラビソの林は密となり、枝をかき分けながら木々の間を縫うようにして進む。


10:25
進路が南から東南東へ変わって前方に見えるのが帝釈山らしい。
この辺りが地図にある標高点2147だと思う。


10:41
標高2180メートル付近。
倒木がきれいに切断されているのを見つけた。
切断面は古く変色しているが昔はここにルートがあったことをうかがわせる。登山道だったのかあるいは、狩猟か炭焼きのための道だったのだろうか?


腐生植物のギンリョウソウ。
ここに来るまでギンリョウソウは数多く見たがこれほど密度の高いのは初めてだった。


コメツガの幼樹の新緑がとてもきれい。


11:13
コメツガとシラビソの林は途切れることがなく続いている。
すき間を見つけては枝の下をくぐって前に進んでいくがシャクナゲに比べれば苦痛ではない。


標高2250メートル付近。
ここまで来るとハクサンシャクナゲがまだ見られる。
藪には違いないがほっと一息つける瞬間。


11:40
シャクナゲは尾根上にしかないものと安心していたところ、尾根から一段下がったシラビソ林の中にびっしり。


おっ、ゴゼンタチバナだ。


11:58
標高2360メートル付近。ようやく帝釈山がはっきり見えた。
ただし、あそこへ達するためには目の前にびっしり茂っているコメツガとシラビソ、シャクナゲの群落を抜けなくてはならない。
踏跡はない。自分の足下さえよく見えないくらいの藪だ。人が通れるすき間もない。
枝で目を傷つけないように頭を下げ、両手を前に突きだして枝をかき分けながら進んで行くが身体が枝の上に乗ってしまうと足が地面に着かず浮いてしまう。時間ばかりくって先へ進まない。ここが一番の難所だった。
この藪を経験したらもう怖いものはない、そんな気持ちにさえなった(^^)


12:03
激藪は数分で終わった。だが、ずいぶん長い間、藪と格闘したように思えた。
藪を抜けると今度はザレ場となった。このザレ場は地理院地図に「砂れき地」記号として描かれている。
更新頻度の低い地理院地図に描かれているくらいだから、この数年の間にできたザレ場ではなく、十数年あるいは数十年前からこの状態にあるものと思う。
ここを横切って対岸の林の中に入るべきかそれとも、直登した方がいいのか迷ったが、斜度から判断して滑落の危険はないように思えたので上へと向かった。
慎重派のWさんは左に見える林の中へと消えていった。


ザレ場の正体は火山礫だ。
火山礫はその性質から軽く、不安定だ。
靴を載せると潜りまた、滑る。力が入らない。雪の斜面を登っていく要領で、靴のつま先を食い込ますようにして足場を作り、慎重に登っていく。


より安全な場所を選んで慎重に登っていくWさん。
自分で言うのもなんですが、その方が絶対、安全です。


12:30
ザレ場上部の藪を抜けると今度は高さ3メートルほどの岩が立ちはだかっている。
10メートル間隔の等高線だと予測が困難な岩場である。
17日のブログで紹介した「日光連山ひとり山歩き」作者の烏ヶ森の住人さんはここを右へ巻く道があると書いておられたが、ホールドとなる岩の突起がはっきりしているので越えられると判断した。
問題はこの岩の上部であった。
表面が白いのでてっきりそこも岩であろうと思ったのだが、とんでもない見誤りであった。白く見えたのは土の表面の地衣類であった。
さあ、どうしよう。ホールドとなるものがない。
視野を広げて見つめると、地衣類のすき間に太さ2センチほどの木の根が見える。3本ある。
最初の木の根を左手でつかんで身体を引き上げ、右足を50センチ上に移動すれば岩の突起に乗せることができる。次に左手を2本目の木の根に移して空いた木の根に左足を乗せる。そのようにイメージしながら登っていった。
すると間もなく草が生えた斜面だ。そこに枯れたハイマツの枝があった。根はしっかりしているのでつかんでも大丈夫そうだ。
そうやって登ったところが帝釈山のすぐ下だった。


Wさんも無事に岩をクリアした。


きっとこの上が山頂に違いない。


お~、やったぞ。
帝釈山の山名板を裏から見る。この位置から見るのは初めてだ。よく頑張った。


12:39
歩き始めて6時間13分。
ついに北尾根で帝釈山の山頂に達した。感動で言葉が出ない。Wさんも同じらしい。
Wさんに体調を聞くと悪いところはないようだ。では、次は予定通り女峰山だ。
休む時間もなく女峰山へと向かった。


帝釈山と女峰山を結んでいる稜線はわずかなアップダウンはあるが快適だ。
今日のルートのハイライト部分なのだが、深い霧で景色は見えない。


霧の中に専女山の山名板が見える。


コケモモ。
美しさに立ち止まって何枚も写真を撮った。


間もなく女峰山のはずだが霧に包まれて見えない。


コメツツジ


ミヤマダイコンソウ


最後の登りは岩場だ。
岩は脆いので足を乗せる場所に注意しながら登っていく。


13:18
数えて10回目の登頂を果たした。
母なる山、女峰山は今日も快く迎えてくれた。
2002年に初めてこの山頂に立ちそれから14年かかってようやく10回だが、この間、怪我による長いブランクがあったことを思えばよくぞ10回も登ったものだと我ながら感心する。
生涯であと何回登れるかわからないが、この素晴らしい女峰山とは末永くお付き合いしたい。


13:45
27分の休憩の後、帝釈山へと向かった。


タカネニガナ


14:14
再び帝釈山に戻ってきた。
ここからが帰りのルートになる。
富士見峠に向かって急降下していく。


富士見峠への樹林帯の下りはこれで4回目となる。
これまでの3回の記憶だとかなりの悪路という印象が残っていたが、4回目の今日はそれほど悪い道ではないという感じがして、我ながら驚いた。
当時はまだ未熟者で山道を歩き慣れていなかったためであろうと思う。それからいろんな道を経験したからだろうか、いまではごく普通の道のように思える。


15:04
大雨で水路が拡大し渡れなくなってしまったのか、溝に丸太が渡してある。


15:11
富士見峠は4差路になっていて南は志津乗越へ、西は小真名子山へ向かっている。
車を置いた野門へは道標を右、北へと進んでいく。
調べてみないとわからないが、昔は日光と福島県を結ぶ街道として利用されていたのではないか、そんな風情を感じさせてくれるいい峠だ。


管理人がこのルートを歩くのは初めてだが悪い道ではない。
地図では富士見峠からしばらくの間、道は九十九折となる。
厳しい山道でない限り、普通、登山道が九十九折にはならないはずなので、この道は工事用の林道として敷設されたものであろう。林道の用が済み、このように木が茂ったと考える。


15:26
標高2020メートル付近のガレ場を通過する。
前を行くのは相変わらずWさん。


Wさんからの提案で、最初のUターン部分から標高点1935までの間をショートカットすることになった。


ショートカットを終えて元の道に戻る。
木がうるさいが藪ではないので歩き易い。


標高1850メートル付近。
道は部分的に荒れていてわかりづらいところがある。
富士見峠への矢印が天を指しているがこれは取り付けてある木が倒れたから。


大雨が降ったときにはおそらく水路となるのであろう、道はガレていて滑りやすい。


17:18
朝、通過した布引滝と富士見峠との分岐点まで来ると霧が晴れて布引滝がはっきり見えるようになった。
落差120メートル。華厳滝よりも大きい。
実は昨日、下見のついでに布引滝に近づいてみたのだが、間近で見るためには崖をよじ登らなくてはならないらしい。次の課題として帰ってきた。


林道へ向かってゆるやかに下る。


17:29
林道を下に見る位置まで来た。これでもうなにも心配することはない。


17:45
林道終点部分から九十九折りへ向かう。
朝、時間を短縮するために林道を3回、ショートカットしたが、時間も遅くなり辺りは薄暗くなったのでショートカットは2回にとどめ、最後は林道を忠実に歩いて駐車地へ向かった。


18:32
距離は試算の16キロを少し上回って17.1キロ。所要時間は30分下回って12時間23分だった。
このGPSが示す距離はある速度を超えないと計測されない仕様らしいので、実際には20キロは歩いていると思う。


標高点2147から帝釈山の山頂まで、計画を大きく上回り2時間14分もかかってしまった。
激藪、ザレ場、岩場といった時間のかかる難所が続いたためだが、想定していたものの計画に甘さがあったようだ。
まあ、でも、結果だけを考えれば予定より20分遅れて出発した割に、ゴールは30分早かったので良しとしよう。ちょっと待て、その考えがいけないんだよ、山というものはw

17日のブログにも書いた通り、この山行を計画するにあたって次の2つのサイトを参考にさせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
※「日光稜線紀行」、starionさんによる「野門~帝釈山北尾根~女峰山周回」・・・2006/07/02
※「日光連山ひとり山歩き」、烏ヶ森の住人さんによる「野門から北尾根経由で帝釈山」・・・2006/07/14