古賀志山で見る花たち(2020/03/25)

2020年3月25日(水) 晴れ 風冷たい 今日見た花(順不同) カタクリ、ミヤマシキミ、キクザキイチゲ、エイザンスミレ(白花もあった)、ショウジョウバカマ、セントウソウ、ワチガイソウ 今日は管理人が把握している大小数箇所のカタクリ成育地のうち、規模の大きな5ヶ所を観て廻る計画を組んだ。 しかし、候補に挙げた5つの群生 … 続きを読む

古賀志山で見る花たち(2020/03/23)

2020年3月23日(月) 晴れ やや肌寒い 今日見た花(順不同) エイザンスミレ、シュンラン、ナガバノスミレサイシン、キクザキイチゲ、タチツボスミレ、ツボスミレ、ミヤマウグイスカグラ、クロモジ、ショウジョウバカマ 花が賑やかになってきた。 長い前書きを書いている間に開花がどんどん進んで花を見逃してしまう恐れがあるので … 続きを読む

古賀志山で見る花たち(2020/03/19)

2020年3月19日(木) 晴れ 今日見た花 ショウジョウバカマ、カタクリ、エイザンスミレ、ミヤマシキミ(蕾)、ニリンソウ 内倉林道のニリンソウにはまだ早すぎるし、鞍掛山北斜面のショウジョウバカマにも数日早い。 といってそれまで待っていたら明日にでも咲くという、他の場所の花を見逃してしまうから、この時期は過去の経験から … 続きを読む

古賀志山で見る花たち(2020/03/15)

2020年3月15日(日) 晴れたり曇ったり、空気冷たい 今日見た花 シュンラン、ショウジョウバカマ、タチツボスミレ 一昨年からシリーズものとして始めた「古賀志山で見る花たち」は3年目を迎えた。 管理人の備忘録のつもりで記録しているが、当然ながら読者も目にするわけで、そのためにも管理人が見た花をすべて書き留めておきたい … 続きを読む

3年ぶりの鞍掛山+馬蹄形は過去最短時間で。

2020年3月13日(金) 晴れ 手元のガイドブック(随想社・栃木の山150)に紹介されている古賀志山のコースは5本。地理院地図に道が描かれていない、いわゆるバリエーションルートも紹介されているが古賀志山を歩くにはそれがすべてではない。 管理人が初めて古賀志山を訪れたのは2014年10月のことだった。→こちら 以来、古 … 続きを読む

迷走、赤岩山北尾根。こんなはずでは!

2020年3月11日(水/東日本大震災の日) 晴れ、汗ばむ気候 去る6日、ニリンソウの群生地を求めて古賀志山主稜線を東から西へ歩き、御嶽山の少し先から西尾根を下って内倉林道に降りたわけだが、その内倉林道にセリバオウレンの群生地があることを事前に調べてあった。 ただし、6日のルートとセリバオウレンの群生地との距離は離れて … 続きを読む

古賀志山のニリンソウ探しは謎解きゲーム。

2020年3月6日(金) 快晴 古賀志山に関する管理人の主たる情報源はNPO法人「古賀志山を守ろう会(以下、守ろう会)」であることはこのブログで再三、紹介している。 設立は2014年6月で、管理人は同じ年の10月に初めて古賀志山を訪れているが、守ろう会の存在を知ったのは翌2015年だった。 初めて訪れたときに古賀志山の … 続きを読む

スノーシューツアー終了。今シーズンもありがとうございました。

暖冬雪なしで開けた2020年たが1月末になって南岸低気圧特有の湿った雪ながらフィールドは30センチほどの積雪となり、昨年より早く、2月1日にスノーシューツアーを開幕した。 今シーズンは管理人が主催しているツアーの定番コースである霧降高原丸山が1月31日に発生した滑落事故以来、入山禁止となり、場所を奥日光の刈込湖に移して … 続きを読む

鬼門、刈込湖へ4日連続のスノーシューツアー。

2020年2月8日(土)~11日(火) なんだかんだ言っているうちに暦は2月も半ば。 少し前なら1月半ばに始めて3月まで続くスノーシューツアーだが、暖冬少雪の今年は申し込みが2月に集中し、とうとう4日連続でツアーをおこなうという、管理人にとって過酷な2月となった。 でもまぁ、そこは21年間の経験というもので、ペース配分 … 続きを読む

霧降高原・丸山での滑落死亡事故とその対応について思うこと。

2020年2月1日(土) ☆☆ 当記事はまだ書きかけであり、新しい動きがあった都度、追加していきます。 管理人がソロで赤薙山と丸山に登った翌31日、丸山から下山中の登山者が滑落して亡くなるという悲しい事故があった(ソースは下野新聞電子版)。 31日の午後、ペンションでの仕事中に日光駅から霧降高原キスゲ平に向かって走る高 … 続きを読む