スノーシュー」カテゴリーアーカイブ

スノーシュー下見(金精沢はOKかも?)

2020年1月16日(木) 昨年は積雪の状況を確認するためフィールドの下見に訪れた日数は6日、それに対して実際にスノーシューツアーをおこなった日数はわずか5日という、20年もスノーシューツアーを開催しながらかつて経験したことのない酷い雪不足に悩まされた。 近年の世界規模の異常気象は日本も例外ではなく、もしかすると異常が … 続きを読む

スノーシューツアー開幕!!

2017年1月12日(木) 日本海側と北日本を覆っている寒気の影響で日光もようやく本格的な雪になりました。 市街地はまだ降っていませんがスノーシューのフィールドとなる奥日光と霧降高原はサラサラの雪が降っています。 今日は奥日光の光徳温泉と湯元、霧降高原を見て回りましたがこれなら間違いなく積もるという雪がしきりと降ってい … 続きを読む

スノーシュー下見・・・その4(おとぎの森コース)

2016年1月28日(木) 快晴 今月23日と24日は霧降高原・丸山コースのツアーをおこなった。 積雪は十分だったし雪質も良く、申し分ないコンディションであった。 にもかかわらず今日また下見をおこなったのだが、場所は霧降高原ではなく奥日光のフィールだ。日光に雪をもたらせた原因が太平洋低気圧の場合、心配なのは霧降高原より … 続きを読む

スノーシュー下見・・・その3(よしっ!)

2016年1月20日(水) なんだかにわかに忙しくなってきた。 一昨日降った雪に失望し、3回目の下見はまだ当分、先になるだろうと予想していたところ、今日は朝からサラサラした良質の雪が降っている。 太平洋の低気圧がもたらす水を含んだ重たい雪ではなく、日本海側の低気圧の影響による粉雪である。奥日光のフィールドはきっと30セ … 続きを読む

スノーシュー下見・・・その2(まだ足りない)

2016年1月18日(月) 前回の下見が12月19日だったから、ひと月たってもまだ下見のためにフィールドを訪れなければならないという情けない状態だ。昨年同時期はスノーシューツアーを10日間もおこなっている。こんな冬はスノーシューツアー始まって以来のことで、異常としか言いようがない。 パウダースノーで人気のある湯元温泉ス … 続きを読む

スノーシュー下見・・・その1(雪がない)

2015年12月19日(土) 今週は珍しく、平日に4日間も仕事があった。そして土日は休みという、週休2日制の企業並になった我がペンションである。宿泊業なので本来ならその逆にならなければいけないのだが、今年の天気と同じように変な具合だ(^^) その天気、例年なら年末にはスノーシューができるほどの積雪量になっていないとおか … 続きを読む

2015年のスノーシューツアーをグラフを駆使して(^^)、総括する。

雪がなくては始まらないスノーシューツアーなので毎年のことながら、年末になると気象の状況に一喜一憂する。12月を迎えると、山を眺めてはもっと白くなっておくれ、そんな日々を送るのが年末の習わしとなっている。 昨年末は例年になく早くまた、たっぷり降ってくれて当面の心配はなくなったので気も楽になり、納戸からスノーシューを取りだ … 続きを読む

生粋の山男。だが膝痛に苦しみ管理人主催のツアーに参加する。

2015年2月24日 金精沢 本日の参加者は遠く和歌山県から雪を求めてはるばる来た山男のNさんであった。 若い頃は山をかなり攻めたそうだが膝の故障で中断、膝に負担がかからない雪上歩きなら問題ないと判断し、スノーシューツアーに参加された。 ガイドを務める管理人のツアーはひとりでも参加できるしコースも選べる。そんなところが … 続きを読む

17年のスノーシュー歴で管理人も初めての出来事。正面から凝視した相手はなんとフクロウであった。

2015年2月22日 金精沢 昨日の登山サークルの男性3名に、はっちゃん&えりちゃんの主婦コンビそして、今冬これで4回目となる常連のOさんとのツアーである。 このようにレベルの異なるメンバーが混在するとコースの設定が難しい。男性3名にはあらかじめ今日のコースが緩斜面の金精沢であることとコースの特徴を伝えてあったのだが昨 … 続きを読む

5日間のサマリー。体重減と食欲減退さらには、アルコールもうけつけないほど管理人には過酷だったようだ。

7日の土曜日から5日間、続いたスノーシューツアーも昨日、無事に終わって断酒も解禁となり、じつに6日ぶりに口にするアルコールの旨さは、五臓六腑に しみわたるとはまさにこのことを意味するのであろうほどだ。 病院から退院して初めて飲む酒のようにおそるおそるワインを口に運び、口内で十分味わっ たあと、ゆっくり飲み込むと空腹だか … 続きを読む