エリア情報」カテゴリーアーカイブ

親カテゴリー

スノーシューツアーの下見で刈込湖へ。雪質まずまず。これにて開幕!

2019年2月4日(月) 小雪 情けない話だが2月に突入したにもかかわらず、管理人の冬場の主な収入源であるスノーシューツアーが開幕できていない。 観光という観点で見ると冬は日光全体がオフシーズンであり、あの東照宮でさえ人出が減る。 宿泊施設も自ずと客が減る。だから、そんな状況から抜け出そうと、1998年に始めたのがスノ … 続きを読む

スノーシューの定番ルート、霧降高原丸山を下見。雪深く疲れ果てる。

2019年1月30日(水) 晴れ この冬はスノーシューツアーができないまま終わって春になってしまうのか? いや、そんなことはない、いつかは降るいつかは降ると希望だけは捨てずに前回の下見(25日)から5日が経過した。 うれしいことに下見した翌日の26日、27日、28日と3日続けて夜半から早朝にかけて2センチから3センチ積 … 続きを読む

スノーシューフィールドの下見(2019/1/25)

2019年1月25日(金) 間もなく2月を迎えるというのにスノーシューのフィールドには雪が積もる気配がない。 今月のツアーを希望されているお客さまには、フィールドの状況を説明して開催不可とした。 この分だと2月最初の週末も危ぶまれるので、同様に連絡しておいた。 管理人がスノーシューのガイドを務めるようになって今シーズン … 続きを読む

この冬、二度目の雲竜瀑は滝壺まで行ってみた。林道のショートカットも。

2019年1月22日(火) 晴れ ちょうど1週間前、管理人は初めて冬の雲竜渓谷に踏み入り、凍った雲竜瀑をクビが痛くなるほどのけぞって見上げた。 実は管理人、いつの頃からか頸椎にヘルニアができていて、首を後に傾けると神経が圧迫されて左上半身に痛みが走るようになった。医者からはそういう動作は避けるようにと強く言われているの … 続きを読む

冬の雲竜渓谷散策で雲竜瀑へ。見事な氷柱群に圧倒される。

2019年1月15日(火) 曇り つっ、ついに、念願の冬の雲竜瀑なのである!! 落差180メートル。あの華厳滝をはるかに凌ぐ、日光最大の滝である。 その大きさゆえ、雲の間から流れ落ちる様は雲を突き抜けて天に向かって昇っていく龍に見え、そこから雲竜瀑という名がついたのだと想像させるほどだ。 ちなみに古い資料では「雲龍瀑」 … 続きを読む

霧降高原丸山で御来光。その後の赤薙山がきつかった。

2019.1.2(水) 晴れ、気温マイナス6度~プラス4度 冬は雪の上を歩けるという極上の楽しみがある他に、澄んだ空気のおかげで素晴らしい展望が得られるのがいい。 気温の上昇とともに大気に湿気が充満する季節だと景色が薄ぼんやりして、まるで手垢で汚れた眼鏡を通して新聞を読んでいるかのようにスッキリしない(あっ、これは加齢 … 続きを読む

白根山を目指すも吹雪。遭難の予感がして弥陀ヶ池で折りかえす。

2018年12月18日(火) 登山口は微風、零度。弥陀ヶ池は吹雪、マイナス8度 今年も冬の寒さにはだいぶ慣れたとはいえ、まだ山での寒さは経験していない。 自宅は霧降高原の麓、標高820メートルにあるからそれなりに寒く、この季節の朝晩の気温はマイナス4度くらい(でも数年前よりも高い)。 山だと標高に比例して気温も下がるし … 続きを読む

古賀志山の難ルート、中尾根で二枚岩からピーク559へ

2018年12月13日(木) 快晴 標高583メートル。 古賀志山は東京の高尾山よりも低い、紛れもない低山である。登山口から山頂までの標高差だって高尾山の方が大きい。独立峰なので周りに山はなく、3.5キロ四方の範囲に収まってしまう箱庭のような山域である。 多くのハイカーが利用する昭文社「山と高原地図」にも収録されていな … 続きを読む

青空と樹氷と強風の太郎山

2018年12月1日(土) 前回の山行は10月30日だったから丸1ヶ月空いての山行となる。 しかも管理人自らの予定ではなく、お客さんからの依頼に基づくガイド登山なのでこれがなかったとすれば空白期間はもっと長くなったかもしれない。 とにかく11月は忙しかった。 本業がある日は出かけることができないばかりか、その前日は仕入 … 続きを読む

10月は古賀志山記念日。東南稜を登って御嶽山でホットサンドを食す。

2018年10月30日(火) 快晴 いまから4年前(2014年)の10月27日。管理人が初めて古賀志山(583メートル)を訪れたときのことはいまでも鮮明に覚えている。 とても怖かった。 それが古賀志山にたいする第一印象だった。→こちら 古賀志山山頂から北東100メートルのところに、地元の人が「東稜見晴」と呼ぶ眺めのいい … 続きを読む