栃木県の緊急事態宣言解除

11都府県に出されていた緊急事態宣言ですが栃木県のみ7日で解除することが決まりました。
栃木県は1月に入って急拡大を見せ、ピーク時には新規感染者数が一日あたり170人に達しどうなることかと心配しましたが、1月後半には50人以下を推移するようになったため解除に至りました。
とはいえ、首都圏では依然として高水準となっていることから予断を許さない状況に変わりはありません。
感染防止策はこれまで通り行っていく必要があります。

なお、GoToトラベルの一時停止は続行中です。

前の記事

緊急事態宣言を受けて