電車でのアクセス

浅草から

東武浅草駅から東武電車の快速(2時間10分)または特急(1時間50分)がご利用になれます。
運賃は1390円+特急料金1470円と、路線がJRしかないエリアに比べて安いので利用者は多いです (2019年12月現在) 。
観光する場合は電車とバスがセットになったフリー乗車券をご利用になると安上がりかもわかりません。

金券ショップに行くと東武鉄道の株主優待乗車証を扱っています。
駅の券売機よりもかなりお得に購入できますのでお勧めします。
日光へ行くことが決まったら近くの金券ショップに立ち寄ってみることをお勧めします。

新宿から

本数が限定されますがJR新宿駅から東武乗り入れで日光まで来ることができます。浅草発の東武電車よりも高額(4080円)ですが便がいいのでよく利用されます。

宇都宮から

2輌編成のJR日光線で45分、ローカル電車の旅が味わえます。運賃は800円ほど。

送迎について

電車でお越しのお客様には時間や季節に制約がありますが、できるだけご希望にお応えするようにしています。
チェックイン時は15:00~16:45の間に東武またはJR日光駅のどちらか。チェックアウト時は7:30~9:30の間に、日光駅の他に霧降滝と東照宮まで可能です。

なお、行楽シーズンの3連休、G/W、紅葉時期はペンションから駅に向かう道路が渋滞するため送迎が困難になることをご了承いただき、大変恐縮ですがタクシーをご利用ください。
日光駅からペンションへは6~7分、1500円前後です。

時刻表検索に便利なWEBサイト

ジョルダン・乗り換え案内をお勧めします。

マイカーでのアクセス

非ナビ車を想定して説明しています。カーナビは電話番号(0288-53-2122)で到着します。

東北道宇都宮ICから

  1. 東北道宇都宮ICから日光宇都宮有料道路(または国道119号線)に入り、日光IC下車、料金所を出ると突き当たるので左折。右手に「ドラッグてらしま」があるのでその先の信号を右折。突き当たりの東和町という信号を左折(国道119号線)し中禅寺湖方面に300メートル走る。
  2. 右手に東武日光駅が見えたら、その100メートル先の信号(松原町)を県道169号線・霧降高原方向へ右折し、直進する。
  3. 県道169号線に入って間もなくの霧降大橋を渡りきった信号を1キロ直進(上り坂)すると信号があるので、一度左折しすぐ右折する。上り坂をさらに2.3キロ行った道路の右手がペンションです。玄関脇に「はじめのいっぽ」の大きな看板が目印です。

関越道沼田ICから

  • 国道120号線を日光方面に走る。金精道路、いろは坂を越え日光市街に入ったら、「神橋」という信号が見つかるまで走る。「神橋」という信号を右折し、「松原町」という信号まで来たら左折。あとは東北道方面からのルート(上記※印)にしたがう。
  • 関越道・沼田インターから日光へ行く国道120号線は12月末~4月末まで積雪のため通行止めになります。関越道でお越しになるには高崎JCTで北関東道に入り伊勢崎インターまたは太田藪塚インターで下車、国道122号を北上してください。

駐車場

  • 乗用車 5台分(マイクロバス可)、バイクは屋根下に収納可。
  • ペンションに到着しましたらフロントに声をおかけください。

冬期の道路状況について

  • 日光は2千メートル級の山の影響をうけるため、12月中旬から3月いっぱいまでいつ雪が降ってもおかしくありません。
    お越しになるにはスタッドレスタイヤの装着またはタイヤチェーンを携行するようにお願いします。