蓼ノ湖開眼

無雪期は笹が生い茂って行けないことから幻の湖と呼ばれている「蓼ノ湖=たでのうみ」は、積雪期だけのお楽しみ。
雪が笹を覆い隠す冬だけ行くことができます。
とはいえ、冬は結氷するため訪れても大きな雪原が見えるだけで、湖なのか広場なのかがわかりません。
ところが暖冬の今年は早くも氷が溶け、水面が見えるようになりました。

蓼ノ湖
早々と姿を現した蓼ノ湖
小峠から刈込湖の間は新雪が15センチ
刈込湖はまだ全面結氷中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA