見頃を迎えた奥日光の花

首都圏から近くまた、バス便が充実している奥日光のハイキングコースは、ただいま高原特有の花が見頃を迎えています。バス停の赤沼から、小田代ガ原と戦場ヶ原の2つのコースを歩くことができ、その両方にいろいろな花が咲き乱れます。
お勧めは、赤沼から専用バスで小田代ガ原展望台まで行き、遊歩道を時計回りに歩きます。北ゲートで小田代ガ原と分かれて泉門池まで歩き、今度は赤沼まで戦場ヶ原の遊歩道を歩いて戻る、約7キロのコース。
このコース沿いには100種類以上の花が時期をずらして咲くため、6月から9月まで常に違った花を見ることができます。とりわけ7月は咲く花の種類がピークを迎え、白やピンク、黄色や紫、青など見た目も華やかで楽しめること間違いなしです。
https://ippo.jp/blog/2006/06/060629ayame-thumb.jpghttps://ippo.jp/blog/2006/06/060629hakusan-thumb.jpghttps://ippo.jp/blog/2006/06/060629renge-thumb.jpghttps://ippo.jp/blog/2006/06/060629senjyou-thumb.jpg
左からアヤメ、ハクサンフウロ、レンゲツツジ、戦場ヶ原遊歩道

コメントを残す