030299
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
春夏秋冬、日光を歩こう!

1日光ハマりました (1) / 2少し気になりました (1) / 3疲労回復にとても良い情報をいただきました。 (1) / 421日は残念でした! (1) / 5はじめまして。 (1) / 6ブログ拝見させていただいています (1) / 7ご無沙汰しております (1) / 8雲竜瀑で滑落して重傷  / 9白根山で行方不明。その後、自力で下山  / 10雲竜瀑で冬の山岳救助訓練  / 11古賀志山で落石(けが人はいません)  / 12登山中、道に迷った大学院生無事下山  / 13庚申山で遭難男性を無事発見 日光署  / 14素晴らしい写真ですね。 (1) / 15御嶽山山頂付近ではしごから転落、男性が頭などけが  / 16磐梯山、素晴らしい! (1) / 17 登山中に転倒し負傷 日光  / 18遭難女性を保護 日光・男体山  / 19 日光白根山で山岳事故   / 20日光の渓谷で転倒、男性重傷  /



◆ 日光ハマりました 投稿者:みっちゃん  引用する 
はじめまして。
日光が好きで毎年日光の山を訪ねております。
今年は日光ハマりまくり、夏から6回ほど通っております。
白根山は二回計画したものの悪天候のため中止。
社山の美しい景色に取り憑かれ先月2週間続けて紅葉楽しむために中禅寺温泉バス停から半月山、社山と綺麗な稜線を散策しました。
とても綺麗なコースで、来年は明智平から歩きたいと欲が膨らみます。
ブログを参考に来年は憧れの女峰山にチャレンジしたいとも思ってます。
ペンションをキスゲ平付近で経営されてるとのことでここから出発できれば幸いです。
冬のトレッキング、とても興味ありますがツアーを主催されてるとのことで詳細がわかればありがたいです。
ちなみに明日も鳴虫山へハイキングですが、ブログ拝見して銭沢不動尊へ足を伸ばしてみようと思いました。

2020/11/21(Sat) 12:02:57 [ No.94 ]
◇ Re: 日光ハマりました 投稿者:  引用する 
みっちゃん様
いつも当方のブログをお読みくださいまして、ありがとうございます。
日光は首都圏から近いのにいい山に恵まれていて、足繁く通われる方が多いようです。
みっちゃん様もいろいろな山を経験されているようですね。
女峰山は稜線の長さといい、アップダウンの多さといい、日光の山でも一押しです。ぜひチャレンジしていただければと思います。
明日は鳴虫山ですか?
銭沢不動尊へのルートは尾根の分岐があってわかりづらいと思いますので、どうか気をつけてお出かけください。

2020/11/21(Sat) 16:09:46 [ No.95 ]

◆ 少し気になりました 投稿者:通り掛かりのすみれ好き  引用する 
たまたま、検索サイトから訪問しました。
3月頃の散策記録で多くの植物を紹介されておられますが、特にすみれ関係について、少し気になり、投稿させていただきました。

スミレという名のスミレと紹介されている写真を多く拝見しました。
しかしながら、それぞれ、マキノスミレ、ノジスミレ、コスミレ、アカネスミレのようで、スミレは見当たらないように思います。
白いエイザンスミレは、ちょっと角度的に分かりずらいのですが、ヒゴスミレかも知れません。
ツボスミレは、この時期にはまだ展開していませんので、フモトスミレ(フイリフモトスミレ)でしょう。

個人の備忘録ということですから、特段、正確性が問われる訳ではないと思います。
ただ、期待して訪問する者もいる訳ですので、一応、もう少しお調べいただけたら、嬉しく思います。

失礼しました。

2020/06/24(Wed) 22:15:43 [ No.92 ]
◇ Re: 少し気になりました 投稿者:管理人  引用する 
通り掛かりのすみれ好き様

このたびはコメントをどうもありがとうございます。
スミレの特定は私(ブログ管理人)のような素人には本当に難しいと感じています。

現場で特定するのは時間の都合で困難なため、どうしても帰宅して写真を見ながらの作業になりますが、数冊の植物図鑑を前に悪戦苦闘するのが常のことです。

おそらく過去に掲載したスミレの写真の中にも名前が違っているものが多々あろうかと思いますし、これからも同じ間違いを犯すことはあろうかと思います。
といってせっかく見つけたスミレをブログに載せなければ名前を調べることもなくそれで終わってしまいます。
名前を間違ったとしてもそれはそのとき時の私の知識レベルの露呈であるし、あとで振り返ってみると知識レベルが上がったことに気づくことがありますので、方法として間違ってはいないと自己評価しています。

当ブログ読者の方には、植物の名前を調べる基本として、信頼できる出版社の植物図鑑を参考にするという最善の方法が選択できるわけですし、植物を取りあげているブログを複数、見比べて、正しいと思われる情報を選択する方法もあると考えております。

ちなみに、年にひとつあるいはふたつ、確実に覚えるようにしていけば今後10年で10〜20種類のスミレを覚えることができる、そのような長い時をかけて習得するのが私のやり方として定着しています。

以上、これからも当ブログをご笑覧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2020/07/04(Sat) 14:39:57 [ No.93 ]

◆ 疲労回復にとても良い情報をいただきました。 投稿者:  引用する 
半年前から登山を再開した60歳の男性です。
再開時はどんどん体力と筋力が付いてきた感覚があったのですが、最近は体重が激減し、太ももやふくらはぎが小さくなってきて、毎日疲労感があることで、何とかしようと思い、このブログにたどり着きました。
目からうろこ的な情報に感動しました。
明日からこのブログで得た情報を実践し、より強靭な身体づくりを目指したいと思います。
ありがとうございました。

2020/05/29(Fri) 15:43:58 [ No.90 ]
◇ Re: 疲労回復にとても良い情報をいただきました。 投稿者:管理人  引用する 
おざっきゃん様
このたびは当方のブログをお読みくださいまして誠にありがとうございます。
また、貴兄のお役に立てましたことを大変嬉しく思っております。
疲れない登山をするための身体づくりはいまもって試行錯誤を繰り返していますが、新しいことがわかればブログにするつもりですので、どうか末永くお付き合いいただければ幸いです。

2020/05/29(Fri) 21:14:15 [ No.91 ]

◆ 21日は残念でした! 投稿者:い〜さん  引用する 
管理人さんのブログを定期的に拝見させていただいている山登りの初心者です。21日は、増水のため徒渉できず三斗小屋宿跡に行けなかったそうで残念でしたね。実は、当日私も管理人さんのブログを参考に、沼原駐車場を午前5時20分発で、姥ヶ平、峰の茶屋跡避難小屋、茶臼岳、南月山、白笹山を経由して午後3時過ぎに駐車場に戻ったのです。管理人さんのお陰でゆっくりと那須岳の紅葉を楽しむことが出来ました。私の車は、管理人さんのブログ写真1枚目の更に左に止めましたので写っていません。もし、管理人さんが、予定通りのスケジュールであったなら、駐車場でお会い出来たかもしれないので残念でした。私の山行はヤマップにアップしてありますので暇がありましたら見てやって下さい。これからも管理人さんのブログを楽しみに、そして参考にさせていただきますので宜しくお願いします。

2019/10/24(Thu) 16:22:23 [ No.88 ]
◇ Re: 21日は残念でした! 投稿者:  引用する 
こんばんは。
ブログの管理人です。

いつも当方のブログをご覧くださっているとのこと、ありがとうございます。
那須の紅葉は盛りが過ぎたと思っていましたがそれでも十分見応えがあったご様子、良かったですね。

YAMAP拝見しました。
同行の皆さま、とても楽しそうで思い出に残る登山になったようですね。那須は登りやすくて本当にいい山だと思います。

それではこれからも当方のブログをご覧くださるよう、よろしくお願いいたします。

2019/10/24(Thu) 21:28:45 [ No.89 ]

◆ はじめまして。 投稿者:まる  引用する 
庚申山検索の際にこちらにたどり着きました。
ウチョウラン羨ましいです。
私も見てみたい。

帝釈山の不明種ですがセリバオウレンだと思います。
ミツバオウレンとセリバオウレンが見られて良かったですね^^
私は数年見ていません^^;
今後もブログの更新を楽しみにしています。

2019/06/16(Sun) 22:09:39 [ No.86 ]
◇ Re: はじめまして。 投稿者:  引用する 
まる様
こんにちは。
このたびは当方のブログにご訪問くださいまして、大変ありがとうございます。
また、セリバオウレンのこと、詳しくお教えくださいまして重ねてお礼を申し上げます。
いまだに名前が特定できずにモヤモヤしていましたが、これでスッキリしました。
ネットで調べると葉が「セリ」に似ているのですね。

私が現地で見たときは葉っぱがまったく見えず、まるでコケに花が咲いたのではないかと思ったくらいです(実際にはありえないことですが)。
花茎を追うと苔の間に根生葉を見つけることができましたが、葉っぱは見つけられませんでした。
苔の下に潜り込んでいたのかもわかりません。
もう少し時間をかけて観察すればよかったかなと今更ながら思っている次第です。

いずれにしても貴重なご指摘に感謝申し上げます。

それから庚申山のウチョウランは本当に偶然見つけたもので、次も見つけることができるかどうか自信はありません。
今でも元気に育ってくれていればいいなと思います。

2019/06/17(Mon) 07:29:42 [ No.87 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -