エブリイ車中泊仕様改造日誌(これが最後の収納庫製作?)

2021年3月11日

車中泊に必要な大物、小物を車内に無造作に置くのではなく種類ごとに分類し、必要なものをすぐに取り出せるように整理整頓するのが収納庫の目的であり、狭い車内を狭く見せない工夫である。

そのため管理人は荷室はおろか、助手席まで使って大小の収納庫を製作してきた。
しかし、収納庫を設けるスペースも限界に近づきつつある。
この日はおそらくこれが最後の収納スペースになるであろう小さな棚を、天井下に作った。

これが最後になるであろう収納庫(棚)。
左側スライドドアの上に取り付けた。
材は物置に眠っていた古い杉板を使った。
でもこれだけだと何が何だかわからんだろうね、きっと(笑)。


横長の板(フタ)を手前に引くと幅73センチ、奥行き13センチの棚が出現する。
円を描いた天井のすぐ下なので大きなものは入らないが、それでも整理整頓のためには役に立つ。
支点は天井近くにある2つのユーティリティナットを使い、角材を固定。そこにホームセンターで買ったパイン集成材をカットして組み立てた。
ただし、パイン材を使い切ってしまったため手前に開くフタは杉板。
フタは棚の下側に蝶番3ケで取り付け、両脇にはキャッチをつけて本体にしっかり止まるようにした。

前にも書いたことがあるが、エブリイのユーティリティナットは車体の構造上、やや下向きに埋め込まれている。
そのため、そこになにかモノを取り付けると、下向きになってしまう(角材の向きを見てわかりますね?)。
その角材にそのまま棚の底板を取り付ければ、底板も斜めになってしまう。
それだとおかしな形の棚になってしまうので管理人は角材と底板との間に角材を三角形(傾斜がゼロミリから10ミリの斜辺)にカットしたスペーサーを噛ませて底板を水平にした。
とはいえ、三角形のスペーサーを作るには一般の家庭にはない道具が必要になる。
管理人はテーブルソー(電気丸鋸と金属テーブルが組み合わさった大型の道具)を持っているので割と簡単にできたが、一般的ではないように思える。

テーブルソーがない場合はどうしたらいいのだろうねぇ?
2ミリ厚のベニヤ板を5枚重ねて10ミリ、次に4枚重ねて8ミリ、次に3枚といったようにすれば可能かも知れない。
エブリイの改造を得意としている人は斜めに埋め込まれているユーティリティナットをどのような方法で活用しているのだろうか?


このようなバスケット(でなくてももちろん良い)を載せて、、、


フタを閉めると車の振動くらいでは落ちなくなる。
左の2つは中にロールペーパーを入れて調理後の器の汚れを取ったり、もちろんティシューペーパーの代わりとしても使える。
グレーのはポータブル電源からスマホやデジカメなどに充電するときに使うUSBケーブルが数種類入っている。もうひとつのグレーには一酸化炭素チェッカーと小さい照明器具(マグネットで天井に取り付ける)、茶色のにはレジ袋が入っている。

物理的にはこれと同じものを右スライドドアの上にも取り付けることが出来るが、後日紹介するが、そこには乗り降りの際に身体を支える手摺りを取り付けてあるため、取り外してしまうと乗り降りが不自由になる。
また、乗り降りの時に頭をぶつける恐れがある。
よって、荷室内はこれが最後の収納庫になりそうな気がする、たぶん。