日光とその周辺における山岳事故一覧

日光とその周辺における山岳事故の一覧です。
出典は地元紙の下野新聞オンラインニュースですが、無料で読める範囲はとても狭く、本紙の見出し程度の情報量です。
当ブログの読者におかれましてはもっと詳しく知りたいところだと思いますが悪しからずご了承ください。
それでもどういった原因が事故につながっているかが分かるのではないかと思います。
なお、ニュースにならない山岳事故(道迷い・滑落・転倒)はこの数倍、発生しているであろうことは容易に想像できます(管理人)。

発生日場所原因性別(住まいと年齢)状況
2022年
06月25日男体山転倒女性(千葉市・51)25日午後4時45分ごろ、下山中に転倒してけがをし、同伴者が119番した。女性は右手首を骨折した。
06月04日男体山転倒男性(福島県・61)4日午後0時45分ごろ、下山中に足を滑らせて右足を負傷、下山できなくなったと同伴者が消防に通報した。

防災ヘリが救助したが右足首骨折の疑い。
05月29日男体山転倒男性(川越市・71)29日午後1時ごろ、下山中にバランスを崩して転倒し右手首を骨折。別の登山者が119番し、日光消防署と日光署が救助、搬送された。
05月25日高薙山道迷い男性(宇都宮市・58)25日午後9時15分ごろ高薙山に向かった男性が帰宅しないと妻が110番。男性は道に迷い夜明けを待って26日午前6時55分ごろ自力で下山した。
けがはなかった。
05月24日金精山滑落男性(真岡市
70)
24日午前11時ごろ、湯元の金精山で男性が10メートル滑落し肋骨を折るなどのケガをした。

男性は自力で金精峠付近まで下山したところで通りかかった別の登山者が119番し防災ヘリが救助した。
05月19日岩山(鹿沼)転倒男性(さいたま市・47)19日午後3時50分ごろ、登山中の男性が転倒し防災ヘリで病院へ搬送された。
右腕に痛みがあるとのこと。
05月15日温泉ヶ岳滑落(死亡事故)男性(野田市・62)15日午前9時50分ごろ、山頂付近で2人パーティーが雪で滑って同時に滑落。13時半ごろ、防災ヘリが登山道から外れた山中で発見、1人は頭を打っていて死亡。
04月25日古賀志山転倒(死亡事故)男性(宇都宮市・67)9時35分ごろ、登山道で転倒して頭などを打ち防災ヘリで病院に搬送されたが死亡が確認された。
詳しくはこちら
03月21日古賀志山転倒男児(宇都宮市・8)21日10時50分頃、家族と登山中に岩場で滑って顎を打撲。
01月30日古賀志山滑落女性(小山市・72)30日午前9時45分ごろ、岩場を登っていて滑落し下半身骨折。
防災ヘリに救助された。
ロープの手が滑ったとのこと。
01月09日赤岩山(古賀志山山域)滑落男性(宇都宮市・71)9日午前9時ごろ、赤岩山から下山中に滑落し、左肘と右手首骨折の疑い。
01月06日白根山疲労男性(日光市・60代)6日11時50分ごろ、五色沼避難小屋(白根山の麓)で男性が動けなくなっているのを別の登山者が発見し110番。
7日に救助予定。→8日午後、日光署と消防に発見されたが足に凍傷。
2021年
11月26日古賀志山転倒男性(吉見町・46)26日午後1時25分ごろ、山頂付近の下り坂で転倒しまぶたを切る怪我。
県防災ヘリで救助された。
11月21日金龍山(足尾)道迷い夫婦(八王子市)21日午後3時ごろ、道に迷ったと110番。
日光署と消防署が1時間後に発見し救助した。怪我はない。
11月06日男体山疲労男性(蓮田市・68)6日午後5時25分ごろ、下山中に疲労で動けないと本人が110番。日光署と日光消防が救助。怪我はない。
11月04日茶臼岳(那須連峰)転倒女性(千葉市・42)4日午後0時10分ごろ、茶臼岳山頂付近で転倒したと同行の家族が119番。県防災ヘリで救助されたが左腕骨折。
10月29日男体山疲労女性(豊島区・30)午後4時40分ごろ、「足に力が入らなくなった」と110番。
午後5時45分ごろ、日光署と消防署が救助した。
怪我はない。
10月20日備前楯山(足尾)転倒男性(みどり市・72)午後1時20分頃、下山中に同行者から消防に連絡があり30分後に救助されたが右足首にケガ。
10月17日男体山疲労男性(行方市・47)午後3時半頃、下山中の男性が疲労で動けないと同行者から110番。
17時55分頃、日光署と消防署が8合目の避難小屋で救助した。怪我はない。
10月03日白根山転倒女性(朝霞市・69)午後2時55分頃、日光に向かって下山中に転倒し負傷したと同行の夫から110番。
避難小屋にいるのを警察に発見された。
10月03日鳴虫山体調不良男性(柏市・74)午後2時頃、先に下山した妻からパトロール中の日光署員に通報。午後4時15分頃、警察と消防が救助した。怪我はない。
09月21日男体山疲労男性(幸手市・70)16時半頃、1~2合目の間まで下山したが疲労で動けず、同行者が通報。
警察と消防が救助した。怪我はない。
09月20日古賀志山道迷い中学生2名(宇都宮市)14時すぎに入山。17時35分頃、道が分からないとの110番で消防が山頂付近で救助した。怪我はない。
09月20日白根山(日光側)暗くて動けない家族6人(船橋市)14時頃登頂したが下山中に日没。18時40分頃、日が暮れて動けないと警察に通報があり、救助した。怪我はない。
09月14日石裂山(鹿沼市)滑落(死亡事故)男性(宇都宮市・46)13日午後11時ごろ、鹿沼市の石裂山へ登山に出掛けた男性の家族から帰宅しないと警察に連絡。
14日午後3時頃、山頂下の崖下に男性が倒れているのを発見。防災ヘリで運ばれたが死亡が確認された。
08月28日男体山山頂付近体調不良男性(宇都宮市・65
正午ころ、体調不良を訴え同行者が119番。
午後2時半ころ、県の防災ヘリで救助されたがケガはない。
08月25日初音滝付近道迷い男性(柏市・21)登山中に道に迷って警察に救助された。
ケガはしていない。
07月03日茶臼岳(那須連峰)転倒女性(足立区・34)3日午前11時40分頃、茶臼岳から下山中に足を滑らせて転倒。右肘を骨折した。
06月23日鳴虫山道迷い男性(草加市・66)22日午後4時20分頃、下山中に道に迷ったと110番。
23日早朝から捜索予定。→無事に発見されたとの続報。
03月26日古賀志山転倒女性(真岡市・74)26日午後1時30分頃、仲間数名と下山中に足を滑らせて転倒し、右足首骨折で消防に救助された。
02月09日赤薙山転倒男性(水戸市・58)9日午後1時25分頃、男性が赤薙山から下山中に転倒し、右足首骨折の重傷を負った。
同行者の119番通報で日光消防と警察が救助した。
2020年
11月08日石裂山(鹿沼市)滑落男性(宇都宮市・53)8日10時半頃、家族と登山中に滑落し、別の登山者の通報で消防に救助されたが頭などに重傷。
10月25日古賀志山滑落男性(下妻市・59)25日昼頃、中尾根コースから3メートル滑落したと110番。
腰に怪我をし防災ヘリで病院に搬送された。
コースが崩れたのが原因とのこと。
10月24日女峰山道迷い男女(千葉県の兄妹)24日午後7時20分頃、山頂から下山中に道に迷ったと男性から119番。
25日、日光署員が唐沢避難小屋で2人を発見し、県警ヘリで救助した。
怪我はない。
10月24日男体山転倒男性(豊中市・57)24日昼頃、下山中に石に足を取られて転倒し頭に怪我。防災ヘリで救助された。
10月16日茶臼岳(那須連峰)転倒女性(品川区・52)16日午後2時頃、茶臼岳から下山中に転倒して左足首を骨折、県防災ヘリで救助された。
10月14日白笹山(那須連峰)
道迷い男性(古河市・64)14日午後2時40分頃、白笹山から下山中に道に迷って救助を要請した。県警ヘリが沼原の南600メートルで男性を発見した。怪我はないもよう。
10月12日茶臼岳(那須連峰)転倒女性(さくら市・70)姥ヶ平~牛ヶ首で転倒。
別の登山者が119番して消防署員に救助されたが太もも骨折の重傷。
09月27日古賀志山
転倒女性(さくら市・51)27日午後3時15分頃、西尾根を下山中、中岩付近で右足首の骨を折るケがをして消防に救助された。
------------
中岩は西尾根とは別の場所にあり、位置関係が不明。
09月21日朝日岳(那須連峰)転倒男性(調布市・71)21日午後1時35分頃、朝日岳から下山中の男性が岩場で足を取られて10メートル滑落、県防災ヘリで救助された。男性は頭などに切り傷を負ったが命に別状なし。
09月17日皇海山男性(坂戸市・67)皇海山へ登山に出掛けた坂戸市の男性が遭難したが自力で下山、けがはなかった。
09月13日黒檜岳滑落男性(鹿沼市・75)13日午後2時半頃、黒檜岳で鹿沼市の男性が登山道から滑落し頭や腕などに全治不詳のけがをした。
08月28日庚申山(皇海山)滑落男性(福島市・66)28日8時半頃、登山道から外れた崖から約50メートル滑落し、自分で通報。
11:50頃、県警ヘリで救助されたが左足開放骨折の重傷。
男性は皇海山に向かう途中だった。
08月25日半月山疲労男性(さいたま市・66)25日13:15頃、登山中に両足がしびれて動けないと警察に通報。
防災ヘリで救助された。
08月13日鋸山(皇海山)滑落男性(津市・46)山頂付近から3m滑落したのを別の登山者が消防に通報。
ヘリで救出されたが軽傷。
男性は一人で皇海山に向かう途中だった。
08月09日皇海山道迷い男性(岡崎市・49)8日午前4時半ごろ、1人で入山し、午後9時ごろから六林班峠近くで道に迷い旅館に到着しないことから警察に通報し警察が捜査。その後、自力で下山。怪我はない。
08月04日古賀志山・猪落滑落(死亡事故)男性(宇都宮市・79)午後2時25分頃、古賀志山南斜面の猪落から5メートル落下し、首を強く打って搬送先の病院で死亡。
06月09日黒岩山(日光市川俣)男性(宇都宮市・68)6月11日18時現在、9日から登山中の男性が下山していない。
06月09日男体山疲労男性(川口市・58)五合目あたりを下山中に疲労で動けず、本人が消防に救助要請。
防災ヘリで救助されたが怪我はなかった。
05月02日男体山滑落男性(川崎市・25)コロナ禍で閉門中の登拝門をすり抜けて入山。
下山中に道に迷ったあげく、滑落して靴が脱げて紛失。そのまま1時間歩いて両足に凍傷を負って歩けず救助要請。防災ヘリが助けた。→詳細
02月24日古賀志山滑落女性(鹿沼市・74)24日午後0時10分ごろ、橋から足を踏み外して約1.5メートル滑落し頭をけがしたが、命に別状なし。
登山者の男性が女性を見つけ119番し防災ヘリが救助。
01月31日霧降高原・丸山北斜面滑落(死亡事故)男性(日光市・57)31日午後12時20分頃、下山中の男性が20m滑落し、防災ヘリで運ばれたが頭を打っていて7時間半後に病院で死亡。
2019年
11月05日湯元・中ッ曽根道迷い男性(板橋区・64)11月5日19:35頃、道に迷ったと本人が110番。
翌日8:15頃、国境平南東の沢で男性を発見。
白根山→五色山からの下山で中ッ曽根の笹薮で道に迷ったらしい。
10月21日湯元・中ッ曽根道迷い男性(高根沢町・26)10月21日15:25頃、道に迷ったと本人が119番。
18:35頃、国境平東方の山中で発見。けがはなかった。
白根山→五色山からの下山で中ッ曽根の笹薮で道に迷ったらしい。
10月10日古賀志山滑落女性(大田原市・32)10月10日21時
一緒に登山していた男性から女性が滑落したと119番があり、県防災ヘリが救助した。
登山道から約6メートル滑落した。
宇都宮中央署によると、顔や左膝に打撲を負ったが、命に別条はないらしい。
10月01日古賀志山・滝コース(死亡事故)男性(川越市・78)けがをしてコース上に倒れている男性を別の登山者が発見し消防に通報。1時間15分後に救助された。

同日20:55、頭部外傷で死亡が確認された。
09月25日湯元・中ツ曽根男性(桐生市・60)09月25日18時38分
通報1時間半後に県警ヘリで救助。
怪我はない。
09月25日小真名子山道迷い男性(矢板市・70)09月26日 11時37分
25日夕方、知人に迷ったとメール。
知人が警察へ通報。
-------
29日14:45、山頂の南東約3キロの山林内で民間捜索隊に発見され、30日午前11時45分ごろ、防災ヘリで病院に搬送されたとのこと。
4日間歩き続けて女峰山の登山道付近まで行ってしまったらしい。
06月20日黒岩山道迷い男性(流山市・72)6月21日 9時17分
日光沢温泉の経営者から、20日に宿泊予定の登山者が到着していないとの連絡があり、今市警察署山岳警備隊が捜索中。

6月22日 15時39分
男性は22日、鬼怒沼山の北にある黒岩山付近の登山道で遭難しているところを今市警察署が発見し、福島県の防災ヘリで救出された。男性は軽傷。
06月14日皇海山道迷い男性(金沢市・59)6月20日 18時11分
群馬側の登山口から入山して道迷い。
弁当とパン、沢の水でしのぎ、別の遭難事故で出動していた民間の救助隊が6日ぶりに発見。右足首と肋骨骨折の重症。
・登山カードの提出あり。
06月14日皇海山(死亡事故)男性(松戸市・59)6月15日 18時38分
14日午前6時ごろから皇海山に登ると妻に伝えたが、予定の午後6時までに下山せず、連絡も取れなくなっている。
16日から捜索を再開。
11月7日、庚申山内で遺体で発見された。
06月09日皇海山滑落(死亡事故)男性(三郷市・68)6月9日、仲間3人と庚申山荘を出発し先頭を歩いていたところ行方不明に。
13日10時40分ごろ登山道下160mで警察が遺体を発見。
04月21日古賀志山滑落(死亡事故)男性(鹿沼市・67)4月21日16時21分
21日午前11時10分ごろ、ピーク559で約100メートル滑落。
同日午後1時25分ごろ防災ヘリが救助したが搬送先の病院で死亡が確認された。
こちらに詳しく
01月28日雲竜瀑滑落男性(深谷市・24)1月28日 16時52分
28日午前10時半ごろ、雲竜瀑で友人とアイスクライミング中に氷が割れ、斜面を約20メートル滑落し両足首を骨折。
01月22日白根山道迷い男性(茨城県境町・52)1月24日 14時23分
登山中に行方不明になっていたが24日午前11時15分ごろ外山山頂付近で日光警察が発見。ケガはなく自力で下山した。