3台目のスマホにも地図アプリ「Geographica」を入れた。

2017年3月26日

安全登山に役立つはずなので、GPSについて書くことにしたい。

山で道間違いを起こさなければあるいは、もしも道を間違ったとしても、そこから脱出して正しい道に乗ることができれば、道迷いを原因とする遭難事故はかなり減るはずである。
また、地図に描かれている正しい道を歩いていても、その日が雨だったり霧に包まれているとつい不安になることがある。その不安は焦りを引き起こして事故につながるから、不安はぜひとも解消したいものだ。

GPS(正しくはGPS受信機だが、単にGPSとする)の液晶画面に映る地図を見て、そこに現在自分がいる位置と進むべきルートが示されていれば道間違いは起こさないと思う。
たとえ地図に道が描かれていない場所に踏み行ってしまってもそこが地図上のどこなのかがわかれば、元の正しい場所に戻るのは簡単だし、目的地に向かって進むのも簡単である。

山で使うGPSといえばGARMIN(ガーミン)社の製品があまりにも有名であり、普及もしている。
しかし、わずか2インチという小さい液晶画面に映る地図は、度の進んだ管理人の目にはとても見にくい。とはいえ、現在地とその周辺が地図で把握できるのはとても心強い。
しまった、どうやら道を間違えたらしい、と気づいても気持ちに余裕がある。その余裕を生かしてそこから脱出する策を考えればいい。
上に書いたようなそのまんまの使い方もあれば、ちょっと工夫して、歩くルートをあらかじめGPSにセットしておき、地図に示されるルートにしたがって歩くという使い方もできる。カーナビと同じですね。

GARMIN社の製品に代表される山で使うGPSは高価だが、これで命が救われるのだと思えば、事故ったときにしか役に立たない傷害保険なんかに比べてありがたみは大きい(比較の対象が違うってか?笑)。

ところで、スマホ時代にあってその機能を意識するしないにかかわらずだれもがGPS(スマホに内蔵の)を身につけているわけだから、これを山歩きに利用しない手はないと思う。
新しもの好きの管理人はスマホに入れて使えるGPSアプリ、正確にはスマホの機能の一部であるGPSを利用した地図アプリとでもいうべきだろうか、それら数種を試している。

その中からひとつを選んで紹介したいと思う。
選んだ基準は、
・・・進む方向に地図が向くこと
このたったひとつである。しかし、これが重要である。

紙の地図は周知のとおり、地図を開いたときに山名や標高値、各種の記号が上を向いている方が地図の北である。
進行方向が北であれば地図の北を上(自分の腹側)にしたまま歩けばいいのだが、途中で進行方向が南、東、西あるいはその中間に変わると正面に見える実際の地形が地図と合わなくなってしまう。
そこで進行方向が変化しても目の前の地形が地図に合うように、地図の向きを変えてあげる必要がでてくる。要するにだれもが自然にやっていることだが、地図を回して進む方向を上にするわけだ。

スマホの地図アプリにもそれを求めたい。
スマホを手にしたときに、進む方向がスマホの上に来てほしいのだ。
これができない地図アプリはとても使いにくい。
進む方向に合わせてスマホを回転させながら歩かなくてはならない。紙の地図を回転させるのとは違って、手から離れて落ちる恐れがある。回転させた向きを維持しながら歩かなくてはならないから、これはとてもストレスになる。
それに紙の地図だから手で回転させるのを必然とするが、デジタル機器なんだからソフト面で簡単にできるんじゃなかろうか、そんなこと。

地図が常に進む方向に向く、これが管理人のこだわりであり、この一点で選ぶとすれば管理人のニーズに合う地図アプリはいまのところ、ひとつ。
それが記事タイトルに書いた「Geographica(ジオグラフィカ)」である。

他にもふたつの地図アプリを試してみたが、ひとつは自分で地図を用意して入れなくてはならなかった。とても面倒だし、その地図の範囲から外れると表示されない。
また、携帯圏外だと地図が表示されないアプリもある。
さらには地図が進む方向に向かない。この1点だけでも却下だ。

Geographicaは携帯圏内であらかじめ地図をダウンロードしておけば、圏外でも地図が使える。地図は常に進む方向に向くのでとても使いやすい。

Geographicaの詳細は作者(たぶん)のサイトで→こちら


この視認性の違いを見よ!!(笑)
2インチのGARMINにたいして5インチのスマホ画面は迫力が段違いだ。いや、迫力の問題ではないな。
現在位置は両者わかるとして、その周辺の見やすさがずいぶん違うことがわかる。
なお、スマホはASUSのZenfone Lazer2でOSはAndroid6.0.1。キャリヤに縛られないSIMフリー機である。

実は今年になって2台目のスマホ、GALAXY Noteが電源落ちトラブルに見舞われて、急遽Zenfone を購入した。GeographicaはGALAXY にも入れていたので迷わず3台目に継承した。
Zenfone はGPS感度に難があるとのネットの情報があったが、次に説明する通り、なんら問題はない。
ちなみにGeographicaは有料(当初たしか300円前後ではなかったかな)のアプリだが、地図は地理院が無償で公開しているものをアプリが自動でダウンロードするから、全国すべて無料で見ることができる。


Geographicaがスマホに表示した地図をスクリーンショットしたもの。
5インチの画面に映る地図は大きくて見やすい。まるで紙の地図を見ているようだ。
ちなみに、地図の縮尺は紙地図と同じで1/25000。

地図は携帯圏内だと現在地とその周辺のが自動的にダウンロードされる。他の場所の地図をダウンロードする場合は地図をスクロールすればいい。

赤い矢印はそこが現在地であることを示している。
いま、GPS衛星の電波が届きにくい室内で操作しているが、赤い矢印は現在地にぴったり一致している。
ただし、これはGeographicaの性能というよりは、スマホに内蔵されているGPSレシーバーの感度というか精度に関係する。

地名が上下逆さまに表示されているのは、管理人が南を向いていることを示している。つまり、地図が進行方向に自動的に回転してくれるわけだ。


地図をスクロールして霧降高原の丸山を表示させ、見やすいように北を上にしてスクリーンショットした。

等高線の間隔は10メートル単位なので地形の細かな変化がとらえられる。
地図右下に36°48’・・・・とあるのは現在地の緯度経度を度分秒で表したもの。
管理人が必要とする情報はこれだけでいい。
理由は最後に記載したリンクをクリックしてご覧ください。

地図の自動回転を中止して、地図の北をスマホの上部に固定することもできる。

注意点として、これはGeographicaの問題点ではないが、地理院地図は更新サイクルが長いため、すでに使われていない道が長年そのままになっていることが多い。
地図に道が記載されていてもそこは笹藪、なんてことがよくあるから注意が必要。とはいっても利用者にはどうすることもできないが。



昭文社「山と高原地図」のスマホ版。各エリアごとに500円。

所要時間や注意箇所、目印、花などの情報が充実しているので、全体を俯瞰するにはいいかもしれない。

ただし、地理院地図が1/25000の縮尺なのにたいして、「山と高原地図」は1/5万なので等高線は20メートル間隔。したがって山で使うには地形が読みにくい。文字情報が多いのもじゃまになる。

また、現在地は表示されるが地図の北が画面の上に固定されているので、地図を見ながら歩く場合はスマホを回転させなくてはならない。

メリットは定期的に更新されるのでルートが常に新しいことかな?
ただし、その都度、地図を購入する必要がある。

この地図で山行計画を組み、現地では地理院地図を使うというのが賢い使い方ではないかと思う。

あっ、それから、収録範囲がメジャーな山域だけなので古賀志山のような栃木県内でもマイナーな山は販売されていない。


同じ丸山をAndroid標準のグーグルマップで見たもの。

地理院地図と同じ範囲を表示させると等高線が見えない。
等高線が見えるように拡大するとごく狭い範囲しか表示しない。
これだと山では使えない。



せっかくGeographicaの記事を書いたので、後付けになるが、実際にGeographicaでログをとり、地図アプリとしての有効性を確かめてみた。
ブログをアップして3日後の3月29日に、古賀志山の馬蹄形ルートを歩いて比較したので参考にしていただきたい。

機器はGARMIN社のe-Trex30JとHOLUX社のm-241gpsロガーそしてGeographicaを入れたスマホを使った。
この組合せで比較をするのは管理人も初めてである。貴重なデータだぞ!!(笑)

各GPSが記録したログをgpx形式で出力し、そのファイルをPCにインストールしてある地図アプリ「カシミール3D」で読み込み、ふたつの項目の比較をおこなった。
(1)管理人が歩いた軌跡を地図上で
(2)歩行距離、所要時間、累積標高ほかの数値を表で

結果だが、軌跡に関しては3つのGPSともほぼ同じであった。
軌跡はスタートしてから現在地に至るまで、地図上に線で描画される。したがって地図に描かれているルートをちゃんと歩いているかどうかを知る上でとても重要である。また、道間違いをしていることがわかった場合、軌跡を後戻りして正しい道に出ることができる。GPSの機能でもっとも利用価値があるのがこの軌跡の描画であろう。

上図をよく見ると赤線、青線、黄線がほぼ重なっているのがわかると思う。
赤い線はGARMIN、青い線はHOLUXそして、黄い線がGeographicaである。GPS電波を受信する感度は三者ほぼ同等と見ていい。
ただし、陽も差さないような深い樹林帯を歩くと軌跡がバラけることがよくある。電波強度が落ちると実力の底が見えてしまうのだ。
管理人が信頼を置くのはGARMINだが、29日に歩いた限りではGeographicaの軌跡(黄線)はGARMIN(赤線)とほぼ一致していた(結果を見てのことだが)。

悩ましいのは歩行距離と累積標高だ。
地図上部に表を並べておいたが、数値に大きな違いがあることがわかる。
GARMINとHOLUXとの違いは誤差と考えていいのかもわからないが、Geographicaは歩行距離で20パーセント、累積標高で27パーセントも小さい数値として表れた(対GARMIN)。
GPS衛星の電波を受信して機器内の演算装置あるいはアプリで処理しているので、処理方法(設計者の思想)による違いなのかもわからない。
ただし、これが正しいという基準がないのでどれを信頼していいのかはわからない。
どれが正しいのかではなく、使用者がこれっ、と思ったものを正しいと考えるのがいいのかもね。


本音をいうとね、、、
読者にGeographicaを勧めながら心苦しいのだが、これだけ優れた地図アプリにもかかわらず管理人はこれを補助的に使うだけだ。むしろまったく使わないことの方が多い。
メインはGARMIN社のGPSを使っている。

理由は単純で、山を歩くときの管理人の考え方だ。
管理人は紙の地図とコンパスを使って歩くことを信条としていて、GPS(GARMINの)が示す緯度経度を見て紙地図で現在地を確認したり、紙地図と周りの地形とを見比べながら歩くようにしている。GPSの画面に表示される地図を見ながら歩くことはしない。

せっかくGPSが画面に地図とルートを表示してくれるのだから、素直にしたがって歩くほうが楽だとは思うが、しかし、GPSに全面的に頼る、あるいは慣れてしまうと地図読みは上達しないと考えている。
万一、GPSが壊れたり紛失した場合を考えると、紙の地図だけで現在地を特定して正しいルートを進むことが求められる。これは実に高度な知識と技術、経験が必要である。そのためにも紙地図の使い方を完璧にとはいえないまでもマスターすべきなのだ。と、頑なに思っている管理人なのである。

こんな歩き方をしているものだから後続の人にどんどん追い越されるがまったく気にしない。立ち止まって地図を見て、目の前の地形が地図と一致したときや遠くのピークが地図で特定できたときなど、そんときの気分といったらそれはもうサイコーだわ(笑)
とまあ、独りよがりも甚だしいが、敷かれたレール(道)の上をなんの疑いももたず山頂へ急ぐよりも、自分の頭で山を歩いてるんだと実感するひとときだ。

そのためにも管理人は紙地図とコンパスを必須としている。
なんども歩いたことのある山でもGPSと紙地図、コンパスは使う。
この作業をかなり頻繁におこなうためザックの肩ベルトにGPSのケースをくくりつけ、GPSを取り出しやすいようにしている。スマホはそれができない。GARMINのように小型だからこそ可能なのだ。
それにスマホは電池の持ちが悪いことも利用を躊躇う理由だ。電池の消耗を少なくするためGeographicaを使い終えたらスリープ、使うときに復帰という操作を繰り返さなくてはならずストレスがともなう。
GARMINなど画面に地図を表示したまま25時間も使える。予備の電池をもっていれば万全だ。
スマホは晴天時に画面が見づらいというのも嫌な要素だ。

雨が降っていて紙地図がぐしょぐしょになってしまったり、強風で紙地図が吹き飛んでしまうような場合を除いて、管理人はGPSと紙地図とコンパスを併用する。
GPSから得る情報は緯度経度のみ。
いずれGPSも使わず、地形図とコンパスだけで道間違いをせずに歩けるようになりたいと切望している。なのだが、変なところを好んで歩く管理人はやはりGPSを必要とするだよ。

紙の地図といえば昭文社の「山と高原地図」しか入手できない環境の人が、国土地理院の地形図を使って山を歩いてみたい、地図が読めるようになりたいと前向きに考えているならば、管理人は紙の地図と同じような感じで使えるGeographicaを強くお勧めしたい。それが紙の地図を読めるようになる第一歩ではないだろうか。

最後に懸念事項をひとつ。
管理人のスマホ歴は2011年の大震災以後に始まっている。
週1・2回、長時間にわたる計画停電により宿泊業の大動脈ともいえる電気が途絶え、予約メールをPCで受け取ることができなくなったことに端を発している。
そこで、ドコモをキャリヤとするスマホを手に入れ、PCの代用としたのだが、その後に開発されたGeographicaはすでにスマホ1号機のOSでは動作せず、やむなくGALAXYに変更したという経緯がある。
つまり、アプリは常にOSの進化に合わせてバージョンアップを繰り返すので、OSが古くなるとアプリは使えなくなる。するとまたスマホを買い換えなくてならない、というイタチごっこになるわけだ。
古いバージョンのアプリを残しておいてくれるとありがたいのだが、そうならないのがスマホアプリの宿命らしい。
Zenfone Lazer2のOSでGeographicaがいつまで使えるのか、これは作者にも知る術はないであろう。Geographicaは使いたし(補助的であろうと)、出費は抑えたし、悩ましいところだ。

※管理人がおこなっているGPSと紙地図、コンパスの連携→こちらで詳しく説明

3台目のスマホにも地図アプリ「Geographica」を入れた。」への2件のフィードバック

  1. まっちゃん

    Geographica、自分も使ってます。
    メインは古いGarminですが、地図が5万分の1なので、非登山道歩きでここぞという悩みどころの
    地点ではザックからスマホを出して見る事があります。
    やはり見慣れた2.5万分の1図だとわかりやすさが全然違いますよね。

    Geographicaの作者の松本圭司さんは、Niftyのディリーポータルに時折面白い記事を書かれています。
    自分はもともとディリーポータルで松本さんを知りましたが、後日Geographicaの存在を知り、現在に至ってます。
    使っているスマホがNexsus5なのですが、機種固有の問題でアプリに一部不具合があった点を連絡したら、
    親身に対応していただき、アプリの改修をしていただきました。
    無料アプリが多い自分ですが、さっそく有料レジストした一本でもあります。

    1. 亀歩き 投稿作成者

      こんにちは。
      すでにGeographicaをお使いでしたか。
      よくぞこのような素晴らしいアプリを世に出したものだと、作者に感服しています。
      屋外でのスマホの視認性と電池の持ち時間を考えるとGARMINが上回りますが、Geographicaはスマホの地図アプリとしては群を抜いていますね。
      私が使っているGARMINが壊れて使い物にならなくなったら、次はGeographicaに頼るつもりです。いや、その前にHOLUXのGPSロガーがあった(^^)

      ところで、まっちゃんはつい最近、小倉山と外山を歩かれたのですね。我が家のすぐ近くです。
      私は2014年の初冬に外山の北斜面を下って霧降高原歩道を歩いたことがあります。歩道という名とは裏腹に、腰高の笹の中、クマの存在に怯えながらもルートファインディングが楽しめました。

      それでは、またなにか貴重な情報があればコメントをお願いいたします。

コメントは停止中です。