カテゴリー別アーカイブ: 道具類

3台目のスマホにも地図アプリ「Geographica」を入れた。

2017年3月26日

安全登山に役立つはずなので、GPSについて書くことにしたい。

山で道間違いを起こさなければあるいは、もしも道を間違ったとしても、そこから脱出して正しい道に乗ることができれば、道迷いを原因とする遭難事故はかなり減るはずである。
また、地図に描かれている正しい道を歩いていても、その日が雨だったり霧に包まれているとつい不安になることがある。その不安は焦りを引き起こして事故につながるから、不安はぜひとも解消したいものだ。

GPS(正しくはGPS受信機だが、単にGPSとする)の液晶画面に映る地図を見て、そこに現在自分がいる位置と進むべきルートが示されていれば道間違いは起こさないと思う。
たとえ地図に道が描かれていない場所に踏み行ってしまってもそこが地図上のどこなのかがわかれば、元の正しい場所に戻るのは簡単だし、目的地に向かって進むのも簡単である。

山で使うGPSといえばGARMIN(ガーミン)社の製品があまりにも有名であり、普及もしている。
しかし、わずか2インチという小さい液晶画面に映る地図は、度の進んだ管理人の目にはとても見にくい。とはいえ、現在地とその周辺が地図で把握できるのはとても心強い。
しまった、どうやら道を間違えたらしい、と気づいても気持ちに余裕がある。その余裕を生かしてそこから脱出する策を考えればいい。
上に書いたようなそのまんまの使い方もあれば、ちょっと工夫して、歩くルートをあらかじめGPSにセットしておき、地図に示されるルートにしたがって歩くという使い方もできる。カーナビと同じですね。

GARMIN社の製品に代表される山で使うGPSは高価だが、これで命が救われるのだと思えば、事故ったときにしか役に立たない傷害保険なんかに比べてありがたみは大きい(比較の対象が違うってか?笑)。

ところで、スマホ時代にあってその機能を意識するしないにかかわらずだれもがGPS(スマホに内蔵の)を身につけているわけだから、これを山歩きに利用しない手はないと思う。
新しもの好きの管理人はスマホに入れて使えるGPSアプリ、正確にはスマホの機能の一部であるGPSを利用した地図アプリとでもいうべきだろうか、それら数種を試している。

その中からひとつを選んで紹介したいと思う。
選んだ基準は、
・・・進む方向に地図が向くこと
このたったひとつである。しかし、これが重要である。

紙の地図は周知のとおり、地図を開いたときに山名や標高値、各種の記号が上を向いている方が地図の北である。
進行方向が北であれば地図の北を上(自分の腹側)にしたまま歩けばいいのだが、途中で進行方向が南、東、西あるいはその中間に変わると正面に見える実際の地形が地図と合わなくなってしまう。
そこで進行方向が変化しても目の前の地形が地図に合うように、地図の向きを変えてあげる必要がでてくる。要するにだれもが自然にやっていることだが、地図を回して進む方向を上にするわけだ。

スマホの地図アプリにもそれを求めたい。
スマホを手にしたときに、進む方向がスマホの上に来てほしいのだ。
これができない地図アプリはとても使いにくい。
進む方向に合わせてスマホを回転させながら歩かなくてはならない。紙の地図を回転させるのとは違って、手から離れて落ちる恐れがある。回転させた向きを維持しながら歩かなくてはならないから、これはとてもストレスになる。
それに紙の地図だから手で回転させるのを必然とするが、デジタル機器なんだからソフト面で簡単にできるんじゃなかろうか、そんなこと。

地図が常に進む方向に向く、これが管理人のこだわりであり、この一点で選ぶとすれば管理人のニーズに合う地図アプリはいまのところ、ひとつ。
それが記事タイトルに書いた「Geographica(ジオグラフィカ)」である。

他にもふたつの地図アプリを試してみたが、ひとつは自分で地図を用意して入れなくてはならなかった。とても面倒だし、その地図の範囲から外れると表示されない。
また、携帯圏外だと地図が表示されないアプリもある。
さらには地図が進む方向に向かない。この1点だけでも却下だ。

Geographicaは携帯圏内であらかじめ地図をダウンロードしておけば、圏外でも地図が使える。地図は常に進む方向に向くのでとても使いやすい。

Geographicaの詳細は作者(たぶん)のサイトで→こちら


この視認性の違いを見よ!!(笑)
2インチのGARMINにたいして5インチのスマホ画面は迫力が段違いだ。いや、迫力の問題ではないな。
現在位置は両者わかるとして、その周辺の見やすさがずいぶん違うことがわかる。
なお、スマホはASUSのZenfone Lazer2でOSはAndroid6.0.1。キャリヤに縛られないSIMフリー機である。

実は今年になって2台目のスマホ、GALAXY Noteが電源落ちトラブルに見舞われて、急遽Zenfone を購入した。GeographicaはGALAXY にも入れていたので迷わず3台目に継承した。
Zenfone はGPS感度に難があるとのネットの情報があったが、次に説明する通り、なんら問題はない。
ちなみにGeographicaは有料(当初たしか300円前後ではなかったかな)のアプリだが、地図は地理院が無償で公開しているものをアプリが自動でダウンロードするから、全国すべて無料で見ることができる。


Geographicaがスマホに表示した地図をスクリーンショットしたもの。
5インチの画面に映る地図は大きくて見やすい。まるで紙の地図を見ているようだ。
ちなみに、地図の縮尺は紙地図と同じで1/25000。

地図は携帯圏内だと現在地とその周辺のが自動的にダウンロードされる。他の場所の地図をダウンロードする場合は地図をスクロールすればいい。

赤い矢印はそこが現在地であることを示している。
いま、GPS衛星の電波が届きにくい室内で操作しているが、赤い矢印は現在地にぴったり一致している。
ただし、これはGeographicaの性能というよりは、スマホに内蔵されているGPSレシーバーの感度というか精度に関係する。

地名が上下逆さまに表示されているのは、管理人が南を向いていることを示している。つまり、地図が進行方向に自動的に回転してくれるわけだ。


地図をスクロールして霧降高原の丸山を表示させ、見やすいように北を上にしてスクリーンショットした。

等高線の間隔は10メートル単位なので地形の細かな変化がとらえられる。
地図右下に36°48’・・・・とあるのは現在地の緯度経度を度分秒で表したもの。
管理人が必要とする情報はこれだけでいい。
理由は最後に記載したリンクをクリックしてご覧ください。

地図の自動回転を中止して、地図の北をスマホの上部に固定することもできる。

注意点として、これはGeographicaの問題点ではないが、地理院地図は更新サイクルが長いため、すでに使われていない道が長年そのままになっていることが多い。
地図に道が記載されていてもそこは笹藪、なんてことがよくあるから注意が必要。とはいっても利用者にはどうすることもできないが。



昭文社「山と高原地図」のスマホ版。各エリアごとに500円。

所要時間や注意箇所、目印、花などの情報が充実しているので、全体を俯瞰するにはいいかもしれない。

ただし、地理院地図が1/25000の縮尺なのにたいして、「山と高原地図」は1/5万なので等高線は20メートル間隔。したがって山で使うには地形が読みにくい。文字情報が多いのもじゃまになる。

また、現在地は表示されるが地図の北が画面の上に固定されているので、地図を見ながら歩く場合はスマホを回転させなくてはならない。

メリットは定期的に更新されるのでルートが常に新しいことかな?
ただし、その都度、地図を購入する必要がある。

この地図で山行計画を組み、現地では地理院地図を使うというのが賢い使い方ではないかと思う。

あっ、それから、収録範囲がメジャーな山域だけなので古賀志山のような栃木県内でもマイナーな山は販売されていない。


同じ丸山をAndroid標準のグーグルマップで見たもの。

地理院地図と同じ範囲を表示させると等高線が見えない。
等高線が見えるように拡大するとごく狭い範囲しか表示しない。
これだと山では使えない。



せっかくGeographicaの記事を書いたので、後付けになるが、実際にGeographicaでログをとり、地図アプリとしての有効性を確かめてみた。
ブログをアップして3日後の3月29日に、古賀志山の馬蹄形ルートを歩いて比較したので参考にしていただきたい。

機器はGARMIN社のe-Trex30JとHOLUX社のm-241gpsロガーそしてGeographicaを入れたスマホを使った。
この組合せで比較をするのは管理人も初めてである。貴重なデータだぞ!!(笑)

各GPSが記録したログをgpx形式で出力し、そのファイルをPCにインストールしてある地図アプリ「カシミール3D」で読み込み、ふたつの項目の比較をおこなった。
(1)管理人が歩いた軌跡を地図上で
(2)歩行距離、所要時間、累積標高ほかの数値を表で

結果だが、軌跡に関しては3つのGPSともほぼ同じであった。
軌跡はスタートしてから現在地に至るまで、地図上に線で描画される。したがって地図に描かれているルートをちゃんと歩いているかどうかを知る上でとても重要である。また、道間違いをしていることがわかった場合、軌跡を後戻りして正しい道に出ることができる。GPSの機能でもっとも利用価値があるのがこの軌跡の描画であろう。

上図をよく見ると赤線、青線、黄線がほぼ重なっているのがわかると思う。
赤い線はGARMIN、青い線はHOLUXそして、黄い線がGeographicaである。GPS電波を受信する感度は三者ほぼ同等と見ていい。
ただし、陽も差さないような深い樹林帯を歩くと軌跡がバラけることがよくある。電波強度が落ちると実力の底が見えてしまうのだ。
管理人が信頼を置くのはGARMINだが、29日に歩いた限りではGeographicaの軌跡(黄線)はGARMIN(赤線)とほぼ一致していた(結果を見てのことだが)。

悩ましいのは歩行距離と累積標高だ。
地図上部に表を並べておいたが、数値に大きな違いがあることがわかる。
GARMINとHOLUXとの違いは誤差と考えていいのかもわからないが、Geographicaは歩行距離で20パーセント、累積標高で27パーセントも小さい数値として表れた(対GARMIN)。
GPS衛星の電波を受信して機器内の演算装置あるいはアプリで処理しているので、処理方法(設計者の思想)による違いなのかもわからない。
ただし、これが正しいという基準がないのでどれを信頼していいのかはわからない。
どれが正しいのかではなく、使用者がこれっ、と思ったものを正しいと考えるのがいいのかもね。


本音をいうとね、、、
読者にGeographicaを勧めながら心苦しいのだが、これだけ優れた地図アプリにもかかわらず管理人はこれを補助的に使うだけだ。むしろまったく使わないことの方が多い。
メインはGARMIN社のGPSを使っている。

理由は単純で、山を歩くときの管理人の考え方だ。
管理人は紙の地図とコンパスを使って歩くことを信条としていて、GPS(GARMINの)が示す緯度経度を見て紙地図で現在地を確認したり、紙地図と周りの地形とを見比べながら歩くようにしている。GPSの画面に表示される地図を見ながら歩くことはしない。

せっかくGPSが画面に地図とルートを表示してくれるのだから、素直にしたがって歩くほうが楽だとは思うが、しかし、GPSに全面的に頼る、あるいは慣れてしまうと地図読みは上達しないと考えている。
万一、GPSが壊れたり紛失した場合を考えると、紙の地図だけで現在地を特定して正しいルートを進むことが求められる。これは実に高度な知識と技術、経験が必要である。そのためにも紙地図の使い方を完璧にとはいえないまでもマスターすべきなのだ。と、頑なに思っている管理人なのである。

こんな歩き方をしているものだから後続の人にどんどん追い越されるがまったく気にしない。立ち止まって地図を見て、目の前の地形が地図と一致したときや遠くのピークが地図で特定できたときなど、そんときの気分といったらそれはもうサイコーだわ(笑)
とまあ、独りよがりも甚だしいが、敷かれたレール(道)の上をなんの疑いももたず山頂へ急ぐよりも、自分の頭で山を歩いてるんだと実感するひとときだ。

そのためにも管理人は紙地図とコンパスを必須としている。
なんども歩いたことのある山でもGPSと紙地図、コンパスは使う。
この作業をかなり頻繁におこなうためザックの肩ベルトにGPSのケースをくくりつけ、GPSを取り出しやすいようにしている。スマホはそれができない。GARMINのように小型だからこそ可能なのだ。
それにスマホは電池の持ちが悪いことも利用を躊躇う理由だ。電池の消耗を少なくするためGeographicaを使い終えたらスリープ、使うときに復帰という操作を繰り返さなくてはならずストレスがともなう。
GARMINなど画面に地図を表示したまま25時間も使える。予備の電池をもっていれば万全だ。
スマホは晴天時に画面が見づらいというのも嫌な要素だ。

雨が降っていて紙地図がぐしょぐしょになってしまったり、強風で紙地図が吹き飛んでしまうような場合を除いて、管理人はGPSと紙地図とコンパスを併用する。
GPSから得る情報は緯度経度のみ。
いずれGPSも使わず、地形図とコンパスだけで道間違いをせずに歩けるようになりたいと切望している。なのだが、変なところを好んで歩く管理人はやはりGPSを必要とするだよ。

紙の地図といえば昭文社の「山と高原地図」しか入手できない環境の人が、国土地理院の地形図を使って山を歩いてみたい、地図が読めるようになりたいと前向きに考えているならば、管理人は紙の地図と同じような感じで使えるGeographicaを強くお勧めしたい。それが紙の地図を読めるようになる第一歩ではないだろうか。

最後に懸念事項をひとつ。
管理人のスマホ歴は2011年の大震災以後に始まっている。
週1・2回、長時間にわたる計画停電により宿泊業の大動脈ともいえる電気が途絶え、予約メールをPCで受け取ることができなくなったことに端を発している。
そこで、ドコモをキャリヤとするスマホを手に入れ、PCの代用としたのだが、その後に開発されたGeographicaはすでにスマホ1号機のOSでは動作せず、やむなくGALAXYに変更したという経緯がある。
つまり、アプリは常にOSの進化に合わせてバージョンアップを繰り返すので、OSが古くなるとアプリは使えなくなる。するとまたスマホを買い換えなくてならない、というイタチごっこになるわけだ。
古いバージョンのアプリを残しておいてくれるとありがたいのだが、そうならないのがスマホアプリの宿命らしい。
Zenfone Lazer2のOSでGeographicaがいつまで使えるのか、これは作者にも知る術はないであろう。Geographicaは使いたし(補助的であろうと)、出費は抑えたし、悩ましいところだ。

※管理人がおこなっているGPSと紙地図、コンパスの連携→こちらで詳しく説明

道具類 時計バンド。服をまくらず時間を知る。

厚着をしなくてはならない冬は手首にはめた腕時計を見るのにまず、手袋を脱いで次にウエアを上から順にまくってようやく目的の時計に達する、そんな手順を踏まなくてはならずけっこう面倒です。

IMG_7296そんな煩わしさからなんとか開放されたい一心で探したのが写真の時計バンドです。

取り付けは純正の時計バンドを取り外し、スプリングが内蔵された金属ピンを元の位置に戻してそのピンの上からバンドを差し込み、腕時計の裏蓋に回してもうひとつのピンに通す、という方法です。

IMG_2756長さが35センチもあるのでこれをウエアの上からくるっと巻いてベルクロで止めるだけ。分厚い防寒着でも巻けます。

モンベルでは「ウォッチキャットバンド」という商品名で売っていますがほとんどの場合、売り切れているので販売数は少ないようです。モンベルの他にKAVUという外国製品もありますが、手先が器用な人ならホームセンターにあるベルクロテープで代用できそうですね。

注意すべきはこの10年くらいのPRO TREKなどは時計本体とバンドを接続する形状が特殊なため、このバンドを取り付けることができません。
本体とバンドをスプリングが内蔵された金属ピンで接続する、写真のような腕時計向き、という条件がつきます。

ザックの中味。「GPSそしてGPSロガー」

私が山歩きを始めたのは1998年ですから今年で16年になります。
始めて登った山は赤薙山。男体山から見て北東にある標高2010メートルの、今思えば誰にでも登れる易しい山です。
それまで山歩きとは無縁の私でさえ2千メートルの山に登れた喜びがきっかけとなり、それから日光の山を片っ端から登るようになりました。

翌99年にはスノーシューで歩くようになりましたが無雪期と違って、地形図にルートがあっても雪で隠れてしまって勝手が違いました。
なんとなく夏、歩いたような気はすれど木々の葉は落ちているので見える景色が違うし積雪分だけ目の高さが違うしで、不安をかかえながら歩く状態でした。
ちなみにこの当時、使っていた地図は昭文社・山と高原地図という、ハイカーならほとんどの人が使っているであろう5万分の1の地図です。

地図を見て面白そうな場所へ行ってみようと歩いては道に迷って長時間要したり、無事に帰れるかどうか不安になったりで、これからのことを考えるとこれはまずいと手に入れたのがGPSでした。

GPSといえば今やスマホアプリで優れたのがあり利用者も多いようですがスマホの電池寿命を考えると、山へ持っていくのは躊躇いがあります。地図を表示しっぱなしで10時間以上は稼働してほしい。
というわけで私の山のお伴は山専用のGPSと弱電波地帯に強いドコモのガラケーというスタイルです。

さて、そのGPSですが時を経て現在、2代(台)目となるGARMIN社のeTrex 30Jを使っていますが初代に比べると受信感度が格段に向上し私が好んで歩く(笑)、深い樹林帯でも電波をロストすることがありません。
このことは現在位置を正確に知らせてくれ、道迷いから脱出する際の強い味方となるし目的地へ向かう際の誘導性能に優れることを示します。

一方、GPSロガーはGPSの機能の一部のみを搭載した機器であり、製品によって機能は千差万別です。
中には歩いたコースの記録だけに特化した製品もありますが、私が使っているのは小さいながらも液晶画面があってなんらかの情報を表示してくれるタイプです。

その情報の中で私がもっとも重要視するのが現在地を数値で示す機能です。度分秒で表される緯度経度というやつですね。
緯度経度は自分がいる場所を数値で表しているわけですから、その数値を地図上に投影すれば、自分が今、地図上のどこにいるのかがわかるという理屈です。
道に迷った場合に限らず、自分がいる位置がわかるだけでも安心感が抱けるというものです。

簡単に書きましたけど、上に書いたことをやろうとすれば、あらかじめ地図上に緯度経度線というのを引いておく必要があります。
ここまで読んでなんだ面倒な、と思うなかれ。Windows用のアプリケーションを利用することでモニタ上の地図に緯度経度線が引かれ、その地図を任意の縮尺で印刷までできます。

そのアプリケーションこそ実に多くのハイカーに利用者されている「カシミール3D」というフリーソフトです。地図は国土地理院がオンラインで公開している1/25000地形図をカシミール3Dに取り込んで利用することが可能です。
カシミール3Dのすべての機能をマスターするには多くの時間を必要としますが、緯度経度線入りの地図を印刷するには数時間の操作で十分でしょう。

と長々と書きましたが最後に、GARMIN社のeTrex 30JとHOLUX社製のGPSロガー、カシミール3Dの画面の画像を挙げておきましょう。

gps初代GPS(左・GARMIN VISTA)とGPSロガーたち。

GPSロガーはGARMINのすぐ右、HOLUX社・m-241がベスト。

IMG_7272現在のお伴は2機種。

左:eTrex 30J
右:m-241

kashカシミール3Dのインターフェース。地図は地理院のをオンラインで呼び出している。

縦横の青線が緯度経度線で斜めの赤線は磁北線。
使い方は別途。

スノーシューが増えて22台に

140110snowshoe本格的なスノーシューツアーの季節を迎え、スノーシューを5台購入。これで保有台数は22台になりました。

当ペンションがツアーを始めた頃のスノーシューはまだ品質が安定せず、2シーズン使っただけで破損してしまうものがありましたが、最近はずいぶん良くなり、中には10年以上使っているものがあります。

今回購入したのはモンベルが輸入、販売しているATLAS社のもの。私は写真の上位モデルを8年使いました。1シーズン約40日の使用で8年ですから耐久性は抜群です。

今後、破損したスノーシューは破棄するとして、22台あればもう追加購入することもなく、当ペンションのスノーシューツアーの幕を閉じられるでしょう。

今冬で15年目。あと5年が目標です。
スノーシューは耐えられても問題はガイドの私が、、、5年後、私は70歳。ガイドとして限界でしょう。
そうなったら一見さんはお断りして、互いに歳をとるリピーターさん相手にのんびり歩くことにしようw

GPSロガーを試しに霧降三滝へ。

2011年11月14日

旧々世代の我がGPS・GARMIN Vistaはさすがに受信感度の悪さを隠せず、地形図上に軌跡を表示させるとコースから大きく外れるなど、いまどきのGPSロガーにも劣る始末です。

といって新機種を買うには10万近い出費を覚悟しなくてはならずそれまでの繋ぎとして、いまはもっぱらGPSロガーを使っています。
GPSロガーはGARMINに比べて機能は劣るものの私には緯度経度の表示だけでいいので十分に用が足ります。
そのGPSロガーも感度のいいのを求めて買い続けたら3つになり、どれをメインに使うか迷うほどになりました。
ここらで機能の比較をおこなって携行するのは1機種だけにしたい、そんな思いから近場で試してみました。


Exif_JPEG_PICTURE左からi-gotU、Tripmate、HOLUX m-241

Exif_JPEG_PICTUREひとつのカラビナにまとめてザックにくくりつけました。

Exif_JPEG_PICTURE歩いた場所は霧降川にそった日が差さない深い林。

Exif_JPEG_PICTURE杉林を抜けるとようやく視界が開けて霧降川に出る。

Exif_JPEG_PICTURE丸太を組んだ橋をふたつ渡って、霧降川支流の丁字滝へ。
小型ながら直落型のきれいな滝です。

丁字滝からは5分くらいの距離。

Exif_JPEG_PICTURE続いて霧降川にかかる玉簾滝。
コースを外れて河原に下りると滝を正面から見ることがにできる。

Exif_JPEG_PICTUREコース上にある観瀑台からの眺めもいい。

Exif_JPEG_PICTURE玉簾滝からは少し離れた場所にあるマックラ滝。
昔はうっそうと茂る木々で暗かったことから名がついたそうな。

Exif_JPEG_PICTURE水量は多く近づくと飛沫を浴びる。

Exif_JPEG_PICTURE紅葉にはまだ早かったようだ。

Exif_JPEG_PICTURE滝壺の近くには苔むした岩が日本庭園のように配置(もちろん、自然の力で)され情緒たっぷり。

gps_R各機種とも5秒に1回、緯度経度を記憶するので帰宅後、カシミール3Dで再現すると歩いた跡がわかる。

軌跡がコース上を忠実になぞっているほど受信性能が優れているといえる。
赤線→i-gotU
黄線→Tripmate
黒線→HOLUX m-241

TripmateとHOLUX m-241が地図上のハイキングコースを忠実になぞっているのにたいして、赤線のi-gotUは非常に不自然な軌跡を描いています。この違いはGPSロガーの受信感度の良否を表しています(黄線がところどころ見えなくなっているのは黒線の下に隠れているだけで、黒線の軌跡と完全一致していると見てください)。

GPSロガーは本来、サイクリングのように上空が完全に開けていて電波を受信しやすい場所で使うように設計されていますので、その意味では深い林の中だと赤線のような不自然な軌跡を描くのはやむを得ないのでしょう。他の2機種は感度が良く、登山やハイキングでも十分、使えそうです。
黄線のTripmateは緯度と経度の表示を押しボタンで切り替えなくてはならないという煩わしさがあるため、実用には今ひとつといった感じです。

注:2014年には5機種6台になりました。買わずに貯蓄しておけばGARMINが買えた(泣)。